小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その人への愛の伴うイメージが、あなたに愛を引き寄せる。その人が幸福になれるよう力を尽くすと、あなたも幸福になれる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

<お知らせ>
ブログ本編の更新情報を中心にしながら、ちょっと違った切り口と悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中のメールマガジン(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

その人への愛の伴うイメージが、あなたに愛を引き寄せる。その人が幸福になれるよう力を尽くすと、あなたも幸福になれる。

■その人の幸福を優先する

どんな状況や環境であろうとも、目の前の相手の立場になって考えてみるということは、コミュニケーションをスムーズに行う上では大切な要素の一つ。

小川健次Blog

まあ相手が何を考えているかは、相手の立場に自分の身を置き換えてイメージするから、はじめてわかるというものですわ。


自分がこの人だったら、どう言ってもらえば嬉しいと感じるか。どうしてもらえれば、この人を信用てみたいと思えるか。そんな想像を基にするからそんな考えを巡らせてみる。

もちろん、その想像が適切かつ、ホントに相手の思いと一致しているかどうかという問題はある。でも大事なのはそれが正解がどうかよりも、そうやって相手の気持ちに思いを馳せられるかどうかということでしょう。

つまり、この人を喜ばせるには何を言うか。この人を安心させるにはどうするか。そう考えられる相手への気遣いこそが、その人との信頼関係を醸成させることになる。

ただ一方的に、自分が言いたいだけのことを言う。ただ自分がそうしたいからそうする。という自分本位な考えから一歩踏み出して、相手主体。その人をまず優先的に考えようとする、心の動きこそが大事なんです。

別にそれは、主体性を放棄して、単に相手の考えに依存しようとすることじゃない。あくまでも自分から主体的に、その人の力になりたい。その人に喜んでもらいたいという感情に従うこと。すなわち愛。

ちなみに、単なる依存は愛じゃない。依存している自分が好きなだけ。その人のためと言いながら、実は依存している自分優先。だから結果的に報われない。

その場では相手の立場で考え、行動してみても、実は的外れの行動になってしまうこともあるかもしれない。でもそれでいい。その思いは必ず伝わるから。

逆に、自分のための利益誘導を目的に、相手の気持ちに沿うことやってみたところで、人はそんなにバカじゃない。その場は騙せても見透かされるんです。やがてボロが出てさようならですよ。

だからこそ自分のことよりまずは相手のこと。その人が幸福になること。その人が笑顔になれることを常にイメージするんです。その人の存在が大切だと思うならなおさらのこと。

<参考過去記事>
本当に大切な人への想いだからこそ、執着せずに手放すとうまくいく。引き寄せの法則は、心からの信頼と尊敬によって働きだす。

すると、それを実現しようとするために、自分の思考が変わる。行動が変わる。利害を無視してその人のために力を尽くしたいと思うようなる。だから言葉や態度でそれが伝わる。少しくらい的が外れてても想いだけは伝わるんです。

想いが伝われば、相手の態度や振る舞いだって変わりますよ。愛に対して愛が返ってくるんです。そこではじめてお互いの余裕がうまれる。そしてますますお互いの立場を尊重し合えるようになる。

■愛が愛を引き寄せる

見返りだけを求める。自分にとっての利害のみでの言動をする。そのためにただ自分ことばかり一方的に伝えたところで、それは結局独り善がり。相手にしてみりゃだから何?

こちらに愛がなければ相手のレスポンスにも愛がないのは当たり前。利害を優先した主張には、利害を優先した主張が返ってくる。だから落としどころが見つからない。

恋愛に限らずビジネスでの交渉ごとでも同じでしょ。そこに愛が無ければ、お互い自分の都合を優先するから、延々と議論は平行線。いずれ面倒になってきて、この話しは無かったことに。

自分が人に与えたものしか返ってこない。自分が注いだ分しか引き寄せるものはないんです。原因と結果。善因善果。

ならば、まずはその人の幸福を先にイメージする。そのために力を尽くす。それが今すぐの結果に結びつくことがないかもしれない。ときにヒンシュク買うことになるかもしれない。でもそれやがて必ず返ってくるもんですよ。

もちろん愛を注げば結ばれるかというとそれはまた別のこと。愛があっても縁がなければ結ばれないでしょうし、ときに離れることがお互いの幸福になる場合もある。別れもまた愛の結果といえるでしょう。

それにね、仮にその人から返ってこなくても、そこまで誰かのために力を尽くせる。誰かに愛を注げる人なら、誰も放っておくわけない。必ずどこかから返ってくるんです。

<参考過去記事>
本当に大切な人とは魂が縁でつながっている。落ち着いて心の声に従えば、その縁は必ず結ばれる。

そもそも、その相手が誰であれ、その人に対して愛の伴うイメージを持って接すれば、自分自身が否定的な感情が湧くことだってないもんです。その人の幸福と喜びを優先するなら、その人の言動に対する意味づけと解釈も肯定的なるんです。

だから嫉妬や憎悪、不安とは無縁になる。だから人間関係で余計なストレスを感じることもない。逆に言えば誰かに対してストレス感じることがあるなら、自分の心に問いかけてみればいい。自分はその人に愛のあるイメージを描けているかと。

まあ人間関係に限らずですがね。常に愛の伴うイメージを描ければ、結局どんなことに対しても肯定的な意味づけと解釈ができるようになる。そのイメージが潜在意識下での習慣になる。だから自分自身がいつでも明るく肯定的でいられるんです。

愛を伴うイメージをすれば相手を愛で返してくれる。つまり愛が引き寄せられる。自分のことだけをイメージしていると、相手も自分のことだけ考える。だから嫉妬や確執が引き寄せられる。

すべては自分の心の鏡。人間関係・恋愛関係を含め、今目の前にある出来事は、すべて自分が注いできたものが、引き寄せられ返ってきた結果というものでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。