小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人の幸福と笑顔をイメージするから、幸福と笑顔を引き寄せる。自分が注いだ想いの分だけ、自分も想いを注がれる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

大切な人の幸福と笑顔をイメージするから、幸福と笑顔を引き寄せる。自分が注いだ想いの分だけ、自分も想いを注がれる。

■自分が満たされる言動より、相手が満たされる言動を

自分がそれをすることで、一体誰が喜ぶことになるのか。自分がそれを言うことで一体誰が幸福になるのか。

小川健次Blog

自分が他人にそうされることで喜ぶだろうか。自分がそれを言われることで幸福を感じるだろうか。


ほんの少し、ちょっと間を置いて考えてみればわかること。自分が相手の立場になったときどう思うか、どう感じるか。別に深く考察することもない、そんなに労力を使うようなことでもないでしょ。

そりゃお互い価値観も違うし、人生観も違うもの。こっちは良かれと思ってやったところで、相手にとっては迷惑だってこともある。嬉しくもなんともないと思うことだってあるでしょう。

でもね、そこに込められた想いは伝わる。その気遣いはわかってもらえる。

一方で、相手のことをこれっぽちも考えることなく、ただただ自分の心を満たしたいためだけの言動は、相手にされないだけじゃなく、ときに相手を傷つける。傷つくまではいかなくても、いい気分にはならないもの。

自分ならこういうとき、こういうふうに言われれば嬉しいな。そしてこの人にもこういうことを言えば喜んでくれるだろう。そんなことをちょっと考えればいいだけのこと。その気遣いがお互いの心の距離を近づける。

自分だったらこういうことされたら嫌だなあ。そんなことをわかっていながら、何も考えずにその人にそういう対応を悪びれずにやってみる。その無神経さがお互いの心の距離を遠ざけるんです。

他人に気を遣うから、他人に気を遣ってもらえる。他人への気遣いが欠けているから、他人から気を遣われない。自分が他人にそうするように、自分も他人からそう扱われる。自分が受ける人からの対応は、自分の心を現わしている。

人からぞんざいな扱いを受ける。どうも相手が自分の気持ちを汲んでくれない。もし、そう感じるときがあるならば、相手を責める前に、自分自信を振り返ってみればいいんです。自分はその人を大切にしているか。気持ちを汲み取ろうとしているか。

家庭でも仕事でも恋愛でも同じこと。自分が人にそうするように、人はあなたにそうするだけなんです。他人は自分の心の鏡。原因はいつも自分の中にある。

良いことも悪いことも、自分がその人に注いだ分だけ返ってくる。自分の想いが他人の想いを引き寄せるんです。

<参考過去記事>
大切な人への見返りを求めない想いが、愛をその手に引き寄せる。その人に出逢えたことに感謝すれば、満ち足りた気分で心穏やかになれる。

明確な理由もなく、なぜそうなっているかもよくわからないまま、お互いの関係がぎくしゃくしていると感じるならば、自分の心を見直してみることです。相手に想いを馳せているか。相手の喜びをイメージできているか。

別にそんなに難しいことでも大袈裟なことでもない。ほんの少し、一息ついて考えればいいだけのこと。

■イメージすべきはその人の幸福と笑顔

この場面で何を言ったり何をやったりすれば、相手がどう思うか。そんなことは考えればわかること。

言ってみれば、人間関係でトラブるってことはイメージすることをサボってる。ちょっとした気遣いさえする意欲が欠けている。だからホントの意味で目の前の人に対して真剣じゃない。大切だと思ってない。

自分が人に対してそういう心構えであれば、相手だって同じ心構えになるだけのことですよ。別におかしいことじゃない。ごく当たり前のことでしょう。

ほんの少しイメージしてみればいいだけですよ。そこに大した労力は必要ない。ただそれだけ。そう言われ方をした相手はどう思うか。そしてそういうふうにされたらどう思うかと。

とはいえ、上でも言ったように、それがホントに相手の喜びにつながるかどうかはわからない。いくら相手への気遣いだったとしても、結局はこちらのイメージでの中での話しに過ぎないことだもん。

だからいくら相手への想いだとしても、無理に押し付けようとはしないことです。

あんたのために言ってんだ。だから喜んで。喜ばないなんておかしいでしょ。喜んでくれないあんた最悪。せっかくの私の想いを受け取らないなんてヒドイ。しくしく・・・。って、よくわからないマイナスなエネルギーに転換されるから。

相手の笑顔と幸福はイメージする。その上で「私はそう思う」と伝えることが重要で、そっから先は相手の判断。仮に言葉そのものが相手の胸に刺さらなくても、気持ちが伝わればそれでいいんです。

相手だって押しつかれればウザくなる。気持ちは嬉しいけと、ちょっと違うなーと思うことをゴリゴリこられれば、面倒くさくなってくる。結局はこの人こちらののこと考えてくれてない。そう思われて最初にリピート。

だから期待はしない。相手の幸福を想う。相手の笑顔を見たいと考える。そしてそれらをイメージすること。その想いを言葉や態度に示すこと。見返りを求めてそうするのではなく、自分がそうしたいからそうするんです。

たた純粋に、相手への想いを込めて、それを届けることに注力する。だから結果的にそれは自分に返ってくる。

<参考過去記事>
自分から愛を注げば、理想のパートナーとの出逢いを引き寄せる。お互いが心から幸福になれる関係は、与え合うことで育まれる。

本当に大切な人なら、その人の幸福をいつでもイメージしておくことです。その人の笑顔をいつでもイメージするんです。自分の心を満たすこと以上に、その人の心が満ち溢れることをイメージする。

その上で、相手の幸福と笑顔を優先した言動をすればいい。それは決して相手に媚びるという意味ではなく、自分という人間を見失わず、ともに歩んで行ける理想のパートナーとして、それ応じた言動をすればいい。

些細なことなんですけどね。その小さなことの積み重ねが、お互いの関係を良好で、信頼し合える笑顔に満ち溢れた関係にするってことでしょうな(^。^)y-.。o○

■信頼し合い、ともに歩める理想のパートナーを引き寄せるには

東京 2016/03/12(土)-13(日)
大阪 2016/03/20(日)-21(月)
■愛とお金を手に入れる、引き寄せの法則<実践>講座
引き寄せ【実践】講座
担当講師/小川 健次

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。