小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

クズ男と付き合う理由は、〇〇だから。クズ男を避ける方法。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/11/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第107回

社長と副社長は夫婦。一方的に解雇されたキャリア女子が下した、不倫相手との決別。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

クズ男と付き合う理由は、〇〇だから。クズ男を避ける方法。

クズ男と付き合う理由は、〇〇だから。

あの人のために。あの人が喜んでくれるために。そう思ってせっかくあの人の求めに応じているのに、あの人はまるで喜んでくれやしない。そうして気づいたときにはクズ男の出来上がり。
小川健次Blog
別に何かを押し付けているわけじゃない。求められたから応じているだけなのに、喜ぶどころか要求はさらにエスカレートするばかり。クズ男ぷりに拍車がかかる。

それ繰り返していてば、そりゃあなたの心も折れるでしょう。なんで喜んでくれないの。なんで要求がエスカレートするの。私だって一生懸命尽くしているのに。あなたのためにやっているのに。これだけの犠牲を払ってるのに。

僕が毎日配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を毎回必ずチェックしているにも関わらず、彼のクズっぷりがまったく良くならない。

やがてあなたがブチ切れて決裂。もう疲れたし、付き合ってられない。何言ってんだ? お前何もしてないだろ。何もしてないとは何よ! 何よとは何だ! みたいなグダグタな展開。やがてお互いの距離も遠ざかり、彼が別の女と腕を組んで歩くのを見るハメになる。

確かに、あなたはあの人のために力を尽くしてる。それも求めに応じてる。なのに喜んでくれるどころか、求めるものがエスカレート。ってクズ男全開っぷりを発揮されたら、キレる気持ちもわからなくない。ちゃぶ台ひっくり返したくなる思いにも少しは共感しますよ。

でもね、そこでちゃぶ台ひっくり返して、結局あとで泣いて後悔する前に、ほんの数秒でいいから考えてみるんです。あの人がなぜ、求めに応じているのに、納得してくれないのか。満足するどころか、ますますエスカレートしているのか。

わざわざ言うまでもないほどカンタンなこと。表面上は彼の求めには応えていても、実際には彼の心を満たすことができていないから。




要するに、その人が意識的にか無意識的かは別にして、ホントに求めていることは、表面上で言っていることとは別にある。口ではあれこれ求めてても、ホントに求めてるのはそれじゃない。それは言ってるだけ。それに応えてもらっても心満たされることないんです。

書類に不備があると口やかましい上司。不備を修正したら、今度は態度が悪いといってくる。ならばと思って、態度を丁寧にしたら、今度は服装がどうの。さらには私生活がどうのと、あれこれ言ってきてキリがない。

最初は気をうんうん聞いてたこっちだって、それじゃさすがにキレるでしょ。でもね、そこでキレる前にちょっと考えてみればいいじゃないですか。その上司は、何でそこまであれこれ言ってくるのかと。

考えてみれば思い当たることはいろいろあるかもしれない。例えば、会議で他部署の部長に叱られて、イライラしてたのかもしれない。単にあなたが嫌いだったのかもしれないし、単にあなたが好きで、話すきっかけが欲しかっただけなのかもしれない。

人には、言葉で求めるための動機がある。何か理由がある。上辺だけの要求に答えても、本来の動機が満たされなければ、何も解決しない。

だからね、まずは、応えてるのに満足してくれないと嘆く前に、その人の想いがどこにあるのか。そこにあなたの想いを馳せてみる。ただ体の関係を求めるにしても、そこには何かしらの理由がある。それを少し考えてみても損することはない。

<参考関連記事>
男が体の関係になりたい女の、3つの特徴。男が抱きたい女には、理由がある。

もちろん、あなたがそこまでして、歩み寄る必要があるかどうか、そりゃまあ状況や相手次第ってこともある。

関わる人すべてに同じ対応をできるほど、あなたの器が大きいならそれでもいいが、そうじゃないなら、せめて身近で大切な人に対しては、ホントの求めが何なのかは考えてみればいい。心から愛する人に対してだけでも、心に寄り添ってみればいい。

クズ男を避ける方法。

相手のホントの想いを理解しようとせず、ただ表面上の求めにのみ、ただただ応じるだけなら、そりゃ単なる召使い。不要になったらリストラされるだけ。

あなたがそうして欲しいと言ったから、化粧も服装もこうしてみたの。あなた欲しいと言っていたから、これ買ってきた。と、あれこれ尽くしてきたはずなのに、ある日突然LINEブロック。ある日突然の別れ話し。

ええ。ちょっと待って。こんなにあなたの求めに応じてきたのに。私の大事な時間を、あなたのために使ったのに。と、なんとか平静を保ちながら、心の中で叫んでみてもどうにもならない。この男がクズだったと、心の中で後悔しても事態は何も変わらない。

あの人にしてみりゃ、それはそれでありがたいとは思ってるでしょう。でもそれで満たされたわけじゃない。ホントに望んでいた関係になれてたわけじゃない。だから疲れた。もしくは、もっと満たされそうな人のとこにいく。ただそれだけのこと

だからそこであの人をクズ男だと責めてもしょうがない。反省すべきはあなた自身。相手がホントに求めていることを、ちゃんと洞察し理解しようとしていたか。そこを端折って、ただただ、その場の相手の機嫌を取るために、表面上の言葉だけに右往左往していなかったか。




しかも、そこでまた執着エネルギー全開にして、何とか相手の気を引き留めようとして、あれこれ表面上の小手先でご機嫌を取ることばかりに力を使えば、単なる都合のいい関係に成り下がるだけ。召使い以下。もう目も当てられない。

ならば、そうなる前に、まずは日頃から相手の心に寄り添うこと。相手の想いを理解しようとする。言葉や態度で求められることは確かにあるかもしれないが、なぜそれを要求するのか。少しばかりの想像力を働かせて考えてみればいい。

あなたが逆の立場だって同じようなことはあるでしょ。他人にはあれこれ求めてみるものの、ホントにそれを求めてるわけじゃない。ホントの動機、心を満たすための求めてるところは、口で言ってること違うところにあったりすることが。

そこを冷静に見極めないから、後で痛い思いをするハメになる。クズ男を見抜けずに、まんまとひっかっかって、都合のいい女にされる。それじゃ悲しいだけだし、ホントのホントに時間の無駄。

<参考関連記事>
クズ男と付き合わないための、自分への2つの質問。クズ男を引き寄せる理由。

クズ男と付き合うのには、理由がある。あなたが彼と信頼関係を築くプロセスを、丁寧に積み重ねれば、お互いが傷つけ合うような付き合い方にはならない。あなたは、あなたを傷つけるようなクズ男と、付き合わなくて済むようになる。

救いがたいクズ男はいる。誰がどれだけ誠意を尽くしても、それを理解できないクズ男はいる。でも、多くの場合、それほどのクズはそうそういない。だからこそ、あなたが彼との付き合い方に、ほんの少しの工夫を取り入れるだけで、クズ男と付き合うことは避けられるってことっすな(^。^)y-.。o○

クズ男と付き合わないための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。