小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れた後も男が忘れない女の、6つの特徴。今でも恋愛感情が消えない男性心理。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

03月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

別れた後も男が忘れない女の、6つの特徴今でも恋愛感情が消えない男性心理。

今でも恋愛感情が消えない男性心理。

無人島でもない限り、人は生まれてから死ぬまでに、自分以外の誰かに必ず出会い、やがて必ず別れる。その繰り返し。
小川健次Blog
たまたま一瞬すれ違っただけの人から、人生の大半を伴にするような人まで、関わりの濃淡はいろいろあるが、出会いもあれば別れがあるのは、すべての人に共通すること。

僕が毎日無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、その出会いも別れも、ご縁次第。ご縁があるから出会い、ご縁がなくなったときに別れが訪れる。

とはいえ、形としては別れても、忘れられない出会いはある。もう会うことは無くなったとしても、心の中にはずっと残ったままの人はいる。

それが恋愛関係にあった相手のことであれば、心の中にいつまでも残ってしまうもの。しかも、男性の場合は、その本能の特性上、一度でも恋愛関係になった相手のことは、総じて忘れることのほうが少ない




その逆に、女性の場合は、その本能の特性上、次の相手が見つかった時点で、前の恋愛相手だった男性のことは消えて無くなる。あなたが、昔付き合ったことのある男のことは、そのフルネームさえ忘れてしまってるように。

もちろん、男女ともに、別れが訪れたときは、辛くて苦しい。今まで愛し合えていたと思える人がいなくなる。そうしてできた心の穴は、心のバランスを崩し、あなたを悲しみの淵に追いやる。

それでも、生きている限りは出会いと別れの繰り返し。やがては、また新しい人との愛が生まれ、やがてはまた別れ、悲しむ。ならば、別れた人への執着は、早いうちに手放すことが正解で、いつまでも引きずっていても意味が無い。

<参考関連記事>
大切な人への執着を手放す、6つの方法。別れた人への未練も断ち切れる。

女性はそれでいい。どうせ忘れる。どうせ記憶は上書きされて、前の男は消えていなくなる。しかし、男の多くはそうじゃない。いつまでも別れた女のことは心に残る。一瞬でも恋愛関係にあった相手のことは、いつまでも執着を手放せない。

もちろん個人差はあるが、恋愛における男性心理は、女性心理と異なって、原則として「上書き」というものがない。過去の女はその男の心に、いつまでも残って活きていることのほうが多いもの。

別れた後も男が忘れない女の、6つの特徴

基本的に、男は恋愛関係にあった女性のことは忘れない。しかし、そこに濃淡はある。さらには、男の記憶の中に、ポジティブな残り方をする女もいれば、ネガティブな残り方をする女もいる。

逆に女性の多くは、別れてからしばらくすれば、ポジティブもネガティブもない。それこそ濃淡さえもない。まさにゼロ。付き合ってたことさえ、忘れてしまう。そんな男がこの世に存在していたこさえ、記憶から消えてなくなる。




男性にとってポジティブな記憶として、強く印象に残り、特に忘れることのできない女の特徴は次に述べる6つ。これらの特徴を兼ね備えた女性は、多くの場合、男性は復縁の可能性さえ考えてしまうことがある。


  1. 一度でも恋愛感情を抱いた
  2. これまで述べたとおり、基本的に、男は一度でも恋愛感情を抱いた女性のことは忘れない。良くも悪くも、どれだけの時を経ても、記憶の中から消えることがない。


  3. 不本意な別れ方をした
  4. 納得のいかない別れ方だからこそ、気持ちの落としどころがないまま、いつまでもそれを引きずる。女性にフラれた場合はもちろんのこと、状況や環境によって別れを選択せざるを得なかった場合など。


  5. 力になれていた
  6. 自分がその女性の役に立てていた実感がるからこそ、その女性との関係に、自分の居場所を見出すことができていた。男にとっての居場所は、いつも自分が必要とされる人のところにある。


  7. 力になってもらえていた
  8. 誰かに支えてもらえていた、誰かが自分の力になってくれていた。だからこそ、やる気が湧くし、自己重要感を満たすことができていた。男はいつでも、自分の力になってくれる女性を求めている。


  9. 未回収の投資がある
  10. 彼女のために、時間やお金、そして労力を使ったものの、それと同等以上の見返りをまだ手に入れていない。労力使って付き合うに至った割に、早期に振られてしまった場合などが、ここに当てはまる。


  11. 幸せになっていそう
  12. 自分以外の他の男と幸せになっていることを知ると、自分が幸せにできなかった後悔。本当は自分もうまくやれたんじゃないかという反省。だからこそ、いつまでも心の中で、その女性を引きずる。


以上6点。男はこれらのタイプ、そしてこういう付き合い方や別れ方をした女性のことを、ポジティブな記憶として忘れることができない。場合によっては今でも、ワンチャン復縁もありかも、と意味不明な期待さえ抱くことさえある。

ならば、付き合っているときに、そう思ってくれればいいのに。と、思う女性の意見はまったく正しい。とはいえ、男にとっては、本当に好きだったからこそ、できなかったこともある。それが別れる原因になってしまったこともある。

<参考関連記事>
好きすぎる女にだから男ができない、6つの行動。彼女を愛しすぎた男性心理。

別れた後にも、男性が忘れることのできない女性には、共通する特徴がある。女性にとっては、すでに終わった話しで、何を今さらと思うことがあったとしても、男にとっては執着を手放すことができないこともある。

今でも、そして今だからこそ、恋愛感情を消すことのできない男性心理は、男性特有の本能に起因する。あなたが、彼との関係をやがて修復したいと思うことがあるならば、その男性心理を理解しておいても損はないってことっすな(^。^)y-.。o○

好きな男に忘れられない女になるための、個別セッションへ
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

※この記事は2022/08/19に公開されたYouTube動画『男が別れてからも忘れない女の、6つの特徴。今でも恋愛感情が消えない男性心理。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。
↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬二匹(トイプードル♂&マルプー♀)有り。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。