小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心の声に従えば、大切な人とのご縁が結ばれる。目先のことに執着せず、ビビッときた直感を信じよう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

心の声に従えば、大切な人とのご縁が結ばれる。目先のことに執着せず、ビビッときた直感を信じよう。

インスピレーションは裏切らない

特別に何か思うところや考えるところがあるわけでもない、具体的な説明できる理由があるわけでもない。それでも初対面の人に感じるインスピレーションってのはある。
小川健次Blog
それが良いか悪いかに関係なく、この人とは関わり深くなりそうだ。この人とは結ばれる価値がある。あ、いや、やっぱこの人はちょっと怪しい人なので避けたほうがいいかも。

もちろんそれは、その場そのときの状況環境、あなたやその人の気分にも左右されるものなので、感じ方はそれぞれ違いがあるでしょう。

だとしても、そのときに感じる直感、インスピレーションというのは、やっぱり正しいことが多いもの。初対面のときに感じるビビッとくるドキドキ感。もしくはヤバいと警報鳴りまくりの危機感のようなもの。

それはその人の容姿や服装。態度など、目に見える形で表れていることとは違う。何か心の奥底、脳の遠くのほうから聞こえてくる不思議なアラームのようなもの。自分だけが感じる不思議な直感めいた何か。こうだと説明はできないが、それでも何か感じるし、何か心が揺り動かされる。

僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを読んで、直感的に、あ、この眉毛の人好き! と思うか、オエっ、この眉毛マジうぜー! と思うか、それもまたある意味直感的なものですよ。

他人が見れば「えー?ちょっと大丈夫?」と言うような人でも、あなたにとっては「この人素敵」と思うこともあれば、他人が「めっちゃイケてるやん!」と言うような人でも、あなたにとって「え? どこが?」と思うこともあるでしょ。それも理屈じゃなくて心で感じるものですよ。

明確かつ論理的な根拠を示せるワケじゃないんです。だけども、なぜかそう感じる。なぜかそう思う。理屈じゃない。あくまでも、あなたがそう感じるもの。良いも悪いも含めて何となく伝わってくるもの。だから説明しようにもなかなかできない。

でも、なぜかその感覚ってのは結果的に当たっていることが多いもの。なんでそうなのか、その科学的な根拠はわからない。それでも後になってみてみれば、あの直感って、当たってたよなー。と思ったことの一度や二度は、あなたにだってあるでしょ。

とはいえ、最低限押さえておかなきゃいけないレベルってのはある。心の声に従いながらも、この2つの絶対的な基準をクリアできているかどうかは、大事なポイントではある。

<参考過去記事>
本当に大切な人を見極める、2つの絶対的な基準。その人のために死ねる覚悟があれば、お互いを大切にできる。

ならば、その感覚に素直に従ってみればいい。あ、この人いいなあ。そう思うならその感覚に従った付き合いを。あ、この人ちょっとおかしくないか。そう思うならその感覚に従った付き合いをすればいいんです。

もちろん、その直感も百発百中ってこともないでしょう。それでも、あれこれ理屈で考えたって、ダメなときはダメ。むしろ百発百中じゃなかったとしても、直感信じたほうが、トータルとしての勝率は高かったりするでしょ。

ご縁は直感によって結ばれる。

ホントのところ、その人が本当はどんな人なのか。それはフタを開けてみないとわからない。付き合って時間を経ないと見えないこともたくさんありますよ。だからこそ、事前にあれこれ考えたってわからない。ならば、あなたの直感を信じたっていいんです。むしろ根拠はそれしかない。

あれ、この人いい人そうだけど、なんか違和感あるなあ。そう感じるときってあるじゃないですか。そして実際に付き合ってみたら、ホントに合わない人だった。そして言うんです。やっぱりおかしいと思ってた。だったら最初から直感に従ってみればいい。

もちろん、日常の生活の中で、直感のみに従って付き合う相手を選べるかといえば、そうじゃない。直感で嫌いだからといって、上司に向かって会社辞めるか異動しろ、言ってみたところで、あなたのクビが飛ぶだけのこと。そこは大人の割り切りで付き合わなきゃいけないこともある。

そういう意味では、時と場合による程度問題ってのはありますよ。でもね、相手を選べるとき、選ぶことで問題がない場面であれば、付き合いの選択の基準として直感を重視しても大丈夫。それこそ素直に従ったっていいんです。だって直感が正しいんだもん。

せっかく直観で「あ、この人いい」と感じているのに、今考えなくてもいいような、あれこれ条件面だの、周囲の目だの、そんなことばかりに気を取られているから、チャンスを逃す。よーし!とスイッチ入った頃には、その人はもうどこか遠くにさようなら。

その逆に、「なんか微妙?」と感じていて、心のどこかで警報が鳴り響いているにも関わらず、条件面や体面ばかりを気にしているから、後になってこんなはずじゃなかった、ということになるんです。

それにね、上述のように直観に従っても、ダメなことはありますよ。外れることだってある。僕もよく間違える。でも、それに気づいたらそのとき修正すればいいだけのこと。恋愛も人付き合いも、うまくいかないならやり直せばいいだけ。選択はその都度し直せばいいだけ。

<参考過去記事>
恋愛がうまくいかないときは、やり直せばいいだけ。付き合ってダメでも、チャンスはたくさんある。

誰だって日々多くの人と出逢ってる。その出逢いを価値あるものに変えられるかどうか、そりゃもう直感に素直に従えるかどうかでしょう。あれこれ余計なことばっか考えている人に限って、結局誰との関係も深まらない。縁が拡がらないしつながらない。自分でチャンスを逸しているだけ。

目先の損得で右往左往しないことです。頭の中で電卓叩くより早く、あなたの心の声に素直に従ってみることですよ。すると、あれこれ考えてたのがバカバカしいくらいにうまくいく。大切な人とのご縁が、あっさり引き寄せられて結ばれることになりますから(^。^)y-.。o○

インスピレーションに従って、理想のパートナーを引き寄せる特別セミナー
↓ ↓
小川健次コンサルティング
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。