小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

信じて委ねて手放せば、大切な人に愛される。傷つくことより、思いが伝わらないことを恐れよう。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/05/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第29回

仕事先延ばし、締め切り破り…このルーズな姿勢と性格は変えられるのか

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

6月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


信じて委ねて手放せば、大切な人に愛される。傷つくことより、思いが伝わらないことを恐れよう。

傷つくことを恐れるから、もっと大きな傷を負う。

誰に悪気があるわけでもない。それでも人と人とのことであれば、ちょいとした行き違いや勘違いで、傷つけたり、傷つけられたりすることはある。
小川健次Blog
よっぽど意地悪な人だったり、変わった趣味でも持ってる人だったりすれば、違うのかもしれませんが、普通は人を傷つけて嬉しいと思う人はいない。

だからある意味では、傷つけられる、傷つける、というのは事故みたいなものでしょう。お互いがそうしたくて、そうなったワケじゃない。何かしら双方、もしくは一方にとって不本意な結果になっただけ。意図した結果じゃない以上、誰かを責めても仕方ない。

事故は起こるんです。人と関わっている以上、傷つけたり、傷つけられたりすることは避けられない。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージでの小ネタでさえ、傷つけられたとピーピー騒ぐ人がいる。

とはいえ、傷を負ったことろで死ぬワケでもない。どうせそのうち癒える。おまけに人は誰でも、傷から癒える過程で強くなる。

傷を負うほどに、傷への耐性上がるんです。傷を負い、それが癒えるまでの一連の経験が、未来の糧になる。傷を負った直後は、痛くて泣いているかもしれないが、時が経ってみれば、あれがあったから今がある。そうワンカップ大関片手に、笑っていられるようになる。

だからね、今傷ついていたとしても、そんなに凹まなくてもいい。どうせ癒えるから。そして、これからも、傷つくことを恐れなくていいんです。

傷つきたくないからといっても、人との関わりを断絶するわけにもいかないでしょ。そうすると、結局は、本心を覆い隠して、上っ面だけで人と付き合おうとすることになる。だからホントの想いが伝わらない。そして誤解される。いさかいになる。結局傷つく。ってアホか。

しかも、警戒しているほど、負う傷は深くなる。用心しすぎているから、予想外のところからこられると、あっさり折れる。お化け屋敷で、ビビらないように警戒しているときほど、予想外のとこから攻撃されて死ぬほどビビるみたいなもんですよ。

どうせ何やってったって傷つくんです。どんなに守ってても失うこともある。本当に大切な人とのご縁は、そうやってしんどいことを乗り越えるから結ばれる。

<参考関連記事>
大切な人とのご縁は、しんどさを乗り越えると結ばれる。信じて進み続ければ、愛と幸福を引き寄せる。

あまり傷つくことを恐れて、素のあなたを抑えつけないことですよ。上っ面や小手先のテクニックで、何とか人とうまくやろうとしたところで、どうせどっかでボロが出る。そこでまたガックリくるだけ。痛いだけ。泣くだけ。

もちろん、駆け引きや計算、上っ面だけのつくり笑顔が必要なこともある。最低限の空気だって読まなきゃいけない。でもそれはそれ。公の場ではそれでいいかもしれませんがね、もっと身近で大切な人の前なら、もっと素のあなたを出していい。

信じて委ねて手放せば、大切な人に愛される。

繰り返しますが、人と人との関係である以上、誰が意図したワケでもなく、傷ついたり傷つけられることはある。それは相手が誰でもあっても同じこと。

でも、傷つけるほうに悪意はない。あなたを傷つけようなんて誰も思っちゃいませんよ。それは、あなたの大切な人もそうですよ。仮に、あの人があなたを傷つけた。でもね、あの人はあなたを傷つけたかったワケじゃない。たまたま結果そうなっただけ

どんなに親しい人でも、大切だと思う人でも、そういうことは起こり得る。でもそれは誰かが望んだ結果じゃない。たまたまそうなっただけのこと。相手はあなたに悪意があってのことじゃない。あなたを大切に想ってる。でもたまたま結果がそうなった。

そうならないよう、必死に警戒して、素の自分を抑えて、何とか駆け引きで上っ面でうまくやろうとしても、無駄っちゃ無駄なんです。むしろそのほうが、上でも言ったように傷は深くなる。

だったら、最初っから信じて手放す。委ねて明け渡す。それで痛い思いをするかもしれない。傷つくかもしれない。でも、それは事故だからしょうがない。そのくらいドーンと構えて、開き直って付き合えば、お互いの心の距離ももっと近くなる。

そもそも、傷つきたくないという自己保身からは、何も生まれないってもんですよ。本当のあなたの心の内を抑え込んで、ストレスになるだけ。ホントのあなたの想いが表に出てないんだもん。そりゃ相手にだって何も伝わりゃしませんよ。

相手だって、ホントの胸の内を明かしてくれることないまま、上っ面の駆け引きで接っしてこられれば、警戒する。だから相手も本音で話さないし、あなたに身を委ねてくれない。

傷つかないように、痛い思いをしないように。そんな考えは手放して、どっか山の向こうにでも投げ捨てろ。あなたの内なる想いに、正直に従ってみればいいんです。それに従って言葉にする。行動する。そして相手を信じて、心を委ねてみる。

大丈夫ですよ。あなたが大切だと思っている人でしょ。ならその人はあなたをちゃんと受け止めてくれる。支えてくれる。あなたが信じれば信じてくれる。愛されていると思えば、愛されるんです。

<参考過去記事>
愛されていると思えば、もっと愛を引き寄せる。不安と心配ばかり気にするから、面倒くさい女になる。

何したって傷つくときは傷つくんです。信じてようが委ねてようが、ダメなときはダメなんだから。でもね、同じダメな結果だとしても、ホントの想いが伝わらない誤解のままで終わってしまえば、負う傷の深さはハンパないことになるでしょ。

傷ついたって大丈夫。どうせ癒える。どうせもっと良くなる。そう開き直ってドーンと構えていいんです。自分を守りたいという執着を手放して、素直なあなたの想いをそのまま出して、信じて委ねて手放せば、大切な人の愛と信頼を引き寄せますから(^。^)y-.。o○

大切な人の思いを理解すれば、心の距離が近づく
↓ ↓
恋愛力を高める、脳と心の使い方
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。