小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

恋愛依存をやめるための、3つの方法。彼への執着を手放すために、必要なこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

恋愛依存をやめるための、3つの方法。彼への執着を手放すために、必要なこと。

彼への執着を手放すために、必要なこと。

常に誰かと恋愛関係になっていないと落ち着かない。愛されている実感がないと、心落ち着かない。そんな恋愛依存状態に陥ってしまう人はいる。
小川健次Blog
恋愛してなきゃ、自分を自制できなくなって、何をするかわからない、というところまで、重い依存ではなくとも、そこそこ依存状態で苦しんでしまうことはある。

なんとか、そんな恋愛依存を抜け出そうと、僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画を観たり読んだりはするものの、やっぱりいつも恋愛ばかりを優先する。恋愛抜きでは日常のことが考えられない。

そもそも、恋愛依存になる大きな原因の一つは、自己肯定感の低さにある。

自分で自分を認められない。だから他人に認めてもらって安心したい。愛されていることを感じられて、はじめて心が落ち着く。そんな心の動きに基づく情動が、あなたを、異性からの愛情を求めることに、心と体を走らせる。




そして、一度異性からの愛情を手に入れてしまうと、それを失うのが怖くなる。だから、いつも不安や心配にとらわれる。相手に対して卑屈になる。やがて、そんなあなたの思いと態度が、彼に面倒くさいと思われて逃げられる。

さらには失ったものを取り戻そうと、執着を手放すことができずにいる。いつまでも失恋をひきずって、時間ばかりを浪費する。

それでも、反省してやがて立ち直るなら、それはあくまでもよくある失恋の一つ。だが、恋愛依存気味の人は、そこからまた同じことを繰り返す。とにかく誰かを見つけて、恋愛関係になることを求め、執着し、また捨てられる。

しかも、恋愛依存で自己肯定感が低いから、相手は自分を愛してくれる素振りを見せてくれるなら、誰でもいい。結果、不倫をしたり、おかしなクズに引っかかたりする。不倫でも相手がまともならいいが、たいがい最悪な相手を選ぶもの。

<参考関連記事>
不倫相手にすると、最悪な男の5つの特徴。相手を間違えなければ、不倫で失敗しない。

苦しみの連鎖。おまけに得るものといえば空しさくらい。だったら、そんな恋愛依存の状態は抜け出したほうがいい。自分軸を整えて、恋愛は目的ではなく、目的地にたどり着くまでも手段方法というくらい、軽いものと考えたほうがいい。

そこで、以下で恋愛依存から抜け出す方法を、3つ紹介。重症の場合は難しいかもしれないが、まだ軽症で済んでいるなら、この3つでおおよそ恋愛依存から抜け出すことはできる。

恋愛依存から抜け出す、3つの方法。

根本的な問題の解決を図るならは、あなたの低い自己肯定感を高めていく必要がある。とはいえ、それには多少のエネルギーもかかるし、ここでその方法を語れるほど簡単なことでもない。

なので、自己肯定感を高めていくところからの、自己改善による根本的な問題解決を図りたいなら、僕の個別セッションへどうぞ。具体的な状況に応じて、一緒に問題解決を図っていけるから。br>

何かにつけて、恋愛を優先してしまうマインドでいると、それがうまくいってるときは心地よいが、うまくいかなくなったとき、歯車がずれたときは苦しさのどん底に陥ってしまうもの。だったら、そうなる前に必要な対処はしといたほうがいい。



もちろん、恋愛にハマるのが悪いことじゃない。男も女も、恋愛して艶めいているほどに魅力が増すもの。なのであくまでも度合いの問題。

だからこそ、恋愛依存の状態に陥っているなら、そこからは抜け出すほうがいい。そのための方法の代表的なものは、以下の3つ。あなたに恋愛依存の自覚があるなら、この全てを実践することをお勧めしたい

  1. 付き合う男性のタイプを変える。
  2. 恋愛依存気味の人に限って、よく気が利いて愛情表現が巧みな人と付き合いたがる。なぜなら、愛情をストレートに感じることができて心地よいから。

    しかし、この心地よさは、人によっては麻薬に等しい毒にもなる。恋愛依存の大きな原因になる。心地よいほど、抜け出せなくなり、より多くを求めるようになる。だからこそ執着して離れられなくなる。離れても、より強い刺激を求めるようになる。

    ならば、逆に恋愛表現が稚拙な人と付き合えばいい。ドキドキする要素は少ないが、期待もしなくていいので、執着もしない。そして依存もしない。結果、実は一番安心して穏やかに付き合うことできるようになる。

  3. 今の選択が、未来にどんな影響を与えるかを考える
  4. 失うことを恐れて依存をするが、実際に失ったことによる、未来の具体的な損失について考えてみる。また、彼に依存することによって、未来にどれだけの得があるのかも考えて見る。

    今この瞬間の心地良さを求めるのであれば、彼に依存すること執着することが優先するのかもしれない。しかし、人生全体で考えたときの得失で考えてみると、今彼に依存することに、さしたる意味がないことがわかる。

    大事なことは、今の快楽ではなく未来の幸福。少し立ち止まって、視野を広く考えてみると、恋愛に依存していられるほど、人生は長くないこと。依存しなければいけないほど、恋愛が最優先事項ではないことが見えてくる。

  5. 自分の考えをアウトプットする
  6. (1)と(2)を実践するために、今の自分が客観的に見えるよう、今の考えや思いを言葉や文章にしてアウトプットしてみる。

    依存しているときというのは、視野と思考が狭くなり、無理矢理に自分で決めつけた結論に、自分の考えを誘導してしまいがち。だからこそ、いろいろな角度から自己分析を図るためにも、言葉にして誰かに相談してみたり、文章にして自分を俯瞰で見ることは大事。

    狭い世界の中から飛び出して考えてみると、その依存にどれだけの価値があるのかがわかる。近しい友人に相談するもよし、僕の個別セッションのような、利害関係のない第三者の専門家に相談するもよし。

以上、恋愛依存をやめるための3つの方法。もちろん、これ以外にも細かい方法は、いくらでもある。また、その人の気質や、症状の重さによっては、それこそ医療機関に相談したほうがいいケースもある。

とはいえ、多くの場合はこの3つを実践するだけでも、ずいぶん軽くすることができる。特に自己肯定感の低さからくる、恋愛依存の傾向については、恋愛以外の場面で認められたり、満たされたりすることで改善することもある。

いずれにしても、依存型の恋愛は、あなたにとっても相手にとっても苦しいもの。恋愛依存までいかない場合でも、依存しがちな恋愛関係になっているようであれば、その依存をやめるだけで、彼からもっと愛されるというもの。

<参考関連記事>
依存しない恋愛をする、2つの方法。依存をやめるから、愛される。

恋愛依存から抜け出す方法は、まず必要な状況を整えること。。いつまでも同じ失敗をして、堂々巡りの苦しみの中にいても、あなたはもちろんのこと、あなたと恋愛することになる相手だって幸せにならない。

状況を整え、必要な方法を実践すれば、恋愛依存をやめることができ、彼への執着を手放すこともできる。だから本当の意味で心穏やかになれるし、満たされる。そして、そんなあなたを、本当に愛してくれる人と結ばれるってことですわな(^。^)y-.。o○

自己肯定感を高め、恋愛依存体質を改善する、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。