小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

無理に〇〇しないから、愛される。心が楽になり、笑顔で人と向き合える。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第143回

「専業主婦になって」モラハラ傾向がある婚約者に、曖昧な態度を続けた結果。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

無理に〇〇しないから、愛される。心が楽になり、笑顔で人と向き合える。

無理に〇〇しないから、愛される。

あなたにとって身近で、日常的にそばにいる人や、関わっている人の存在ってのは、その人との相性云々に関係なく重要。
小川健次Blog
人との関係ってのは、好き嫌いや良し悪しを問わず、あなたに対して何らかの気づきや、学びという影響を与えてくれている、ということは間違いないのだから。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画にしたって、ときにムカつくことがあっても、何かしら得るものがあるでしょ? 知らんけど。

そういう意味では、関わるすべての人に、心から感謝すべきだし、多くの学びや気づきを得られることで、関わる全ての人をリスペクトするというのは大事なこと。

だとしても、究極言ってしまえば、あなたが死ぬまでに、本当に深く関われる人の数は限られている。関わる全ての人と仲良くなり、関係を深め、リスペクトできるようになれるほど、人生そんなに長くない。

そもそも、あなたが生まれてから死ぬまでに関わる人すべてと、ホントのホントに、長く付き合っていかなきゃいけないってことも、それこそ何が何でも大切にして、リスペクトしなきゃいけないってことはない




ならば、関わる人すべてに対して、そんなに気を遣わなきゃいけないってこともない。いや、志としては、そうあるべき。でも現実には、大切にできる人も、そうできない人もいるでしょ。

別に、他人を優劣で評価しろってことじゃない。その人がどうこうではなく、あくまでもあなたにとっての優先順位、あなたの生き方に生み出すの価値の大きさの違いはあるでしょ。ってこと。

だからね、あなたにとって優先順位の低い人、あなたの生き方に生み出す価値が小さい人に対してまで、あんまり気を使うことなんてない。そこにエネルギーをかけなくてもいい。無理に共感する必要もないそれやってっても疲れるだけよ。

もちろん、大人ですから。場の空気を読んで、当たり障りのない付き合いは、したほうがいいこともある。無理して関係を悪くする必要もない。でも、だからといって、不必要に気を使いすぎたり、共感しすぎて引きずられても得るものない。

ご縁には恵まれたほうがいい。出会いの多さで生まれる価値もある。その一方で、あなたにとって、それぞれの関係の重要度についても考える必要だってある。

<参考関連記事>
ご縁に恵まれる人の条件は、〇〇なこと。出会いが多い人に共通すること。

あなたが手に入れたい、未来の幸せのために、どんな人との関係を大切にすべきか。もしくは大切にしなくていいのか。それを考えずに、誰とでも共感しようとしていれば、道に迷って右往左往することになる。

優先順位の低い人に、無理して共感したり、気を使ったりしてエネルギーを使うより、あなたにとって本当に大切な人、本当に大切にすべき関係に、エネルギーを使えばいいだけのこと。

心が楽になり、笑顔で人と向き合える。

関わるすべての人に同じ想いを抱くことは難しい。無理ではなくても、すべての人に共感しようとしていれば消耗するだけ。すべての人に気を使ったところで、実際には誰もハッピーにはならない。

あなたが本当に大切に思う人を、まず大切にすればいい。どうせ全人類なんか愛させない。隣人を愛せないくせに、世界を愛せなんて寝言でしかない。

おまけに、すべての人に共感しようとしていると、その場は何となく小綺麗にはまとまっても、結局心の中では不安が大きくなる。あの人には喜んでもらえたろうか。あっちの人は気分悪くしてないか。この人は楽しかっただろうか。

そんな不安に心が支配されると、ますます他人の顔色をうかがって、本当の自分がわからなくなる。嫌われるのが怖くなる。結局自分で何もできず、結局誰の力にも支えにもなれず、そして誰からも支えてもらえなくなる悪循環。

気にしなくていい。どうせあなたにとって優先順位の低い人。そこにまで気を使わなくていいから。向こうだって、あなたのことをそんなに気にしちゃいないから。




その分の力を、本当に大切な人のため、本当に大切な関係のために使えばいい。そこは打算や損得抜きで、純粋な思いを、その人やその関係のために使えばいい。そこに全力で愛を注げばいい。

そうやって、あなたが、まず大切な人に力を尽くす、愛を注ぐ。そういう目的意識をしっかりと持っていれば、直接関係のない人だって、そんなあなたの姿勢を認めてくれる。あなたが無理して共感しなくても、そんなあなたを信じてくれる。

その場そのときに応じて、誰にでも共感しようと、八方美人でいる人より、目的意識を持って、誰かに接する割り切りができる人のほうが、他人から見てても、わかりやすくて信用できるというもの。

もちろん、あなたがそうやって、優先順位の高い誰かに、愛と力を注いでも、それが返ってこないことはある。彼が関係を、曖昧なままにすることもある。その場合は必要な対応をすればいいだけのこと。

<参考関連記事>
彼が曖昧な関係にしている理由。〇〇を言えば、関係ははっきりする。

必要もないのに、無理なことはしなくていい。それをやめるから、心が楽になって、大切な人から愛される。それに、無理をしなくなった結果、あなたを嫌いになる人がいたとしても、その人はもともとあなたのこと嫌いなだけ。

使える時間にもエネルギーにも限界がある。ならば、それを本当に愛する人、本当に大切に想う人との関係を深めることに使えばいい。それ以外は後回し。すると結果的に、そうじゃない人からも、愛される人になるってもんですわ(^。^)y-.。o○

無理をしないで心を楽にする、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。