小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

すれ違いは、真正面から向き合うと消えて無くなる。謙虚さを失わずにいれば、愛と信頼が深まる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑




新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

すれ違いは、真正面から向き合うと消えて無くなる。謙虚さを失わずにいれば、愛と信頼が深まる。

■お互いの理解を共有しよう。

あの人のことならわかってる。あの人なら私のことわかってる。だから安心だから問題ない。が、実はそうでもなかった、なんてことはよくある話し。

小川健次Blog

ちゃんと伝えたから大丈夫。ちゃんと聞いたから問題なし。と思っていたのに、フタを開けてみたら、お互い全然理解し合えていなかった。なんてこともよくあることです。

確かに日頃はよく話す。コミュニケーションもとれているはず。別に仲が悪いワケじゃない。むしろ大切だと思ってる。大事なことは確かに言ったし、間違いなく伝えたはず。それでも、なぜだか噛み合わなくなる。なぜだかお互いの理解がズレている。

同じものを見て、同じものを聞いても、意味づけと解釈なんてのは人によって変わるもの。僕の小川健次メールマガジンにしたって、悪ふざけと思って言ったことを真に受ける人もいるし、真面目に言ったことも悪ふざけと受け取る人もいる。

個々人の状況や環境はもちろん、言う人と聞く人との関係によっても、言葉に対する意味づけと解釈は違うんです。

あなたが、嫌いな人からアホちゃうか? と言われればブチ切れる。でも大切な人からアホちゃうか? と言われれば愛あるツッコミと思うでしょ。あなたが、上機嫌のときにこのブログを読めば、まあそうかもね。と余裕でいられるでしょうが、不機嫌なときならイラついたりもするでしょ。

言葉に対する意味づけと解釈は、ときと場合によって変わるもの。そもそも価値観も人生観も違うんだから当たり前。その上、状況や環境、そして気分という不確定要素まで加わるんだから、言う人と聞く人で解釈にズレが生じるのは、いわば当たり前なんです。

だからね、冒頭でも言ったように、あの人にはちゃんと言ったから大丈夫。いつも緊密に情報交換しているから、私のこともわかってくれてる。私もあの人の話しをいつも聞いてるし、あの人の言葉も理解してるから大丈夫。って安心するのはちょっと待て。

伝えた言葉はあくまでもあなたの言葉でしかない。それをどう意味づけて解釈したかは相手次第なんです。その逆もしかり。そこで安心して投げっ放し、受け取りっ放しにするから、小さな誤解を見落とすことになる。そしてそれが大きな溝になる。

<参考関連記事>
愛ある一言を添えるから、誤解がなくなる。正しく想いが伝われば、お互いが心地良くなる。

言葉に対する意味づけと解釈は皆違う。どんなに同じことを言い、同じことを聞いても、それぞれの人によって違う理解、違う意味づけ、違う解釈になる。お互い悪意があるわけじゃない。なのに生まれるすれ違いの原因は、そういう些細なところからなんです。

大事なことは、何を言ったか、何を聞いたかじゃないんです。日頃どんなに関係が深いかでもない。今伝えたいことが、ちゃんと伝わっているか。相手が伝えたいとおりのことを、受け取れているか。共有すべきことを、同じ理解として共有できているかどうかでしょ。

■謙虚さを持ち続ければ、愛と信頼が深まる。

あなたにとって、身近な相手や大切な相手であれば、なおさらのことですよ。日頃関わる機会も多いし、気心も知れている。だからお互いを理解し合えてる。そんな決めつけ、先入観でいるから、ついつい言葉や態度を額面どおりで決めつけてしまう。

心のどこかで、奢りや甘さがあるのでしょう。あの人とは大丈夫。あの人のことなら問題ない。その驕りや甘さが、心の目を曇らせる。そして地雷を踏んでさようなら。

要するに、相手とちゃんと向き合おうとする、謙虚さが無くなってきているのかもしれませんな。相手の想いを汲もうとしてない。どこかであの人のことを勝手な決めつけてる。あの人はこういう人、だからあの人にはこういう言葉で伝えればいい。そんな決めつけ。

そんな、あなたの想像の世界の中だけで、相手を決めつけて、それを基に言葉を発する。それで相手は理解してくれる。わかってくれる。そう思ってるだけ。でも現実はそうじゃない。だからズレるんです。すれ違うんです。

だったら、もう一歩踏み込むことですよ。ホントに理解してくれているのか。私の想いはあなたに届いているのか。こういう意味で言ったけど、それをわかってくれているか。その逆も含めて。ちゃんと確認すればいい。聞けばいい。

信じている大切な相手、日頃関わる身近な相手だからこそ、あなたの勝手な解釈で決めつけて、軽く済ませないことですよ。相手と自分の違いを認めつつ、相手をリスペクトして、あなたと相手でちゃんと心の内を見せ合うことです。

考えてみれば、出逢って間もない頃。まだ距離がそう近くなっていない時期。割と頻繁に、会話の中でもお互いの理解を、確認し合っていたはず。手間がかかっても、誤解したくないしされたくない。そんな想いで、ちゃんと向き合っていたでしょ。

それが、時を経て、お互いの距離が近づくほどに、端折るようになる。面倒くさがる。それってつまり、あなたの謙虚さが無くなっている証拠。相手へのリスペクトが失われつつ証拠。そりゃまあ、だんだんギクシャクし出すのも当たり前ですよ。

<参考過去記事>
損得勘定を手放せば、恋愛も人間関係もうまくいく。無駄と思わず、手間をかければ想いは届く。

あなたにとって、本当に大切な人ならば。真正面から向き合うことをサボらないことです。全部そうしろとは言いませんが、大事なことや、不安の残ることは、意味づけと解釈が共有できているかを、確認するんです。そこを勝手に決めつけたり、曖昧にしないことです。

どんなに親しくても、身近でも、言葉の意味づけと解釈は違うもの。あなたとあの人は違うんです。それを忘れずに、ちゃんと相手と向き合ってさえいれば、余計な誤解もすれ違いもなくなる。むしろ愛と信頼が深まるってもんですよ(^。^)y-.。o○

【つまらない誤解によるトラブルを無くす方法】

・5/13東京 ・5/20大阪 ・5/27名古屋

恋愛力を高める、脳と心の使い方

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。