大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分で決めて自分で動くと、結果に納得できるし気持ちいい。周囲の人の意見や状況環境に流されず、自分で決めて自分で動こう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

自分で決めて自分で動くと、結果に納得できるし気持ちいい。周囲の人の意見や状況環境に流されず、自分で決めて自分で動こう。

■納得できる未来と、言い訳に明け暮れる未来。

自分自身で、こうしようと思って決めて動く場合と、周囲の状況や他人の意見を理由にして決めて動く場合とでは、その結果に大きな違いがあるものでしょう。

小川健次Blog

客観的な数値による結果では大差がないのかもしれない。しかし、その結果に至るまでに得られるものは明らかに違う。だからさらにその次のステップへの速度も全然違う。

別にそれをやりたかったわけじゃない。何となくその場の周囲の人の意見、周囲の状況や環境、あれやこれやの事情でやらざるをえなかったこと、やらされたことってのは、結果の良し悪しに関わらず、いまいち納得感や達成感を感じられない。どうも心が満たされない。

しかも、結果が悪けりゃ悪いで、私がそうしたかったワケじゃない。あの人がこう言ったからだ。あの人がやらせたからだ。状況や環境がこうだったからだ。あの人のせい、状況環境のせい。そこには反省どころか学びもない。次に生かせる価値ある経験すらない。いわゆる徒労。

でもそれが、あなた自身がそうしたいと考え、あなた自身で決めたことなら、また違った感想になるはずなんです。結果が良ければ良いで満足できるし、仮に結果が悪かったとしても、自分の責任として反省して改善点も見つけられる。次に活かせる価値ある経験になる。後悔もそこにはない。

あなた自身で考え、あなた自身で決めて動くのか、自分以外の他人の意見や状況環境に決められて動かされるのか。同じ結果だとしても納得感や満足感は全然違う。得られる経験値に天と地ほどの差が生まれる。

自分で考えるのは面倒くさい。決めて責任取るのも重くて嫌だ。それなら、他人に言われるがまま、状況に流されるままというのも楽でいいのかもしれません。自分は何も考えず、何も決めない。結果の責任は他人のせい。状況や環境のせい。自分は悪くなーい。

そうやって、自分の生き方を放棄して、何かある度に、あれこれとワケ知り顔で状況や環境、そして誰かの文句と批判だけを言ってると、不思議と自分が偉くなった気もするかもしれない。賢くなった感じがするかもしれない。

でもね、それで自分がホントに心から望んだ結果をに入れられるのかってことですよ。その繰り返しの延長の未来は、あなたが望んだ未来なのかってことなんです。

そりゃあね、何やったってどうやったって、失敗することもあるでしょう。後悔することだってあるんです。でもその経験を未来に活かせる糧にするのか、それとも流されただけの無駄な時間としてしまうのか。それは、自分で決めるか流されるかの選択次第。

昨日の記事でも言いましたがね、最後の最後は自分で決めた人だけが、望みの結果を手に入れることができるってものでしょう。

<昨日の記事>
過去の自分のやり方にこだわらなければ、チャンスは無限にある。自分を変える勇気を持てる人だけが、望みの結果を手に入れることができる。

それにね、なんだかんだで、生きてりゃ決断迫られたり、動くことを迫られたりする場面ってあるじゃないですか。そういう事態でさえ、自分で主体的につくるのか、流れ流れた結果としてそうなるのかを、あなた自身の日頃の選択次第で変えることができるんです。

それに何より、どんな選択であれ自分が納得感や達成感が得られるほうが、面白いってもんでしょう。

■決められることを、自分で決めるから納得できる。

日々の生活の中で起こる様々な出来事を、状況や環境、それこそ他人の意見という、実体もなければその後の責任さえ負ってくれないような、曖昧なものに身を任せながら決めて動くのか。それとも自分で考え、自分の価値基準に従って決めて動くのか。

そのどっちがいいかは人それぞれ。でもどちらにも共通して言えることは、過ぎた時間は永遠に戻ってきてくれないということ。金持ちでもそうでない人でも、平等かつ無慈悲に時は流れる。

言うまでもなく、昨日のことはやり直せないんです。ほんの10秒前のことでさえ、過ぎてしまえば未来永劫さようなら。今後一生涯、今から10秒前の自分にも、一時間前の自分にも会うことはできないんです。

にも関わらず、後になってから、あのときの状況や環境がどうのこうの。あのときあの人がどう言ったああ言った。そんなこと考えたところで取り返しがつかないでしょ。状況や環境も、それこそあの人もこの人も、別にあなたの人生の責任なんか取ってくれないんだから。

いやまあ、そうは言っても、現実社会の中では、自分一人じゃ決められないこと、自分一人じゃどうにもならないこともあるでしょう。自分じゃ何やったって決められないことだってありますよ。それこそまるで予想外の不可抗力の事故だってある。

だからこそ日常のすべてとは言わないまでも、自分で決められること、自分で決めてもいいことは自分で決めればいいんです。自分で考え自分の価値観に従って決めて動けばいいんです。自分の決断であれば後悔があろうが失敗があろうが、少なくとも納得感はある。次に活かせる経験になる。

あなた自身が自分で考え、自分で決めて動くのか、状況や環境、他人に決められて動かされるのか。どちらが後になって自分自身を納得させられるのか。どちらが自分にとって価値ある経験になることなのか。

どうせ考えなきゃいけないこと。どうせ決めなきゃいけないし、どうせや進まねばならぬ。ならばそのための決断を、自分以外の何かに委ねることが、未来のあなたにとって満足できることになるのか。

もちろん見た目上の結果は大事でしょう。でもね、もっと大事なことって、その結果に対する納得感。結果を受けての充実感。そして結果を価値ある財産としての経験としか次に活かせるかどうかでしょう。

自分で考え自分で決めたことならば、それによって後悔や失敗があるとも、ときに逆境に陥ることがあろうとも、それ自体をチャンスに変えることができる、その経験を未来に活かせることができる。

<参考過去記事>
未来のあなたの期待に応えられるのは、今のあなた以外にいない。積み上げた経験は裏切らないから、自分を信じて行動しよう。

結局のところ、自分で考え、自分で決めたことって言い訳できませんしね。でも言い訳ができないぶん、真摯に反省してその結果から次への改善策を考えられる。まずは今日、判断を他人や周囲の状況に投げてしまいそうなことを、自分で決めて行動してたらどうですか。

その積み重ねが、あなたの望みの未来の結果を引き寄せるというものでしょう。それにそのプロセスって面白いですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事