小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

LINEをブロックされるのには、理由がある。相手の思いを優先すれば、扉を閉められることはない。

<広告>
お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/03/19更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第20回

「美貌のシンママが陥った恋の罠、ダメ男の誘惑からの脱出計画」

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

全国開催/小川健次セミナー予定

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

LINEをブロックされるのには、理由がある。相手の思いを優先すれば、扉を閉められることはない。

LINEをブロックされる理由

わざわざ自分に対して攻撃であったり、不利益を被る要因になることをしたりする人のことを、好きになる人なんかいませんよ。
小川健次Blog
まあ、好きになる以前の話しですよ。いちいちつっかかってきたり、迷惑をかけてくる人なんか、近づいてきてほしくない。そもそも関わりたいとも思わない。

あなただって、今までに、あなたのことを攻撃してきたり、あなたが迷惑に思うようなことを、あれやこれやと仕掛けてくる人のことを、好きになったことはないでしょ。避けることはあっても、わざわざ自分から近づこうとは思わなかったでしょ。

中には、感じ悪いだけの人もいたでしょうが、あなたに実害がなければどうってことはない。嫌いにはならないでしょうけど、好きにはならない。ちなみに僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンLINEのメッセージも、たまに感じ悪いと言われますが、実害はない。愛はあるけど。うん。たぶん。

要するに、関わることでマイナスになる人とは、誰だって関わりたくないということ。まあ実害がない人とは、そこまでネガティブに思わないにしても、積極的に関わろうという動機は抱けない。そりゃ当たり前。

ならば、その逆はどうか。関わることでプラスになる。実益がある。実益は言い過ぎにしても、心満たされる、それこそ笑顔になれるし、癒される。そういう人に対してはネガティブな感情は抱かないでしょ。これだって当たり前のこと。

あなた自身もそう思うなら、あの人だって同じですよ。もちろん僕だって同じです。マイナスになる人とは関わりたくないが、プラスになる人と関わりたい。

コトは単純なんです。あなたが、その人にとってプラスになる人なら、その人はあなたを両手を広げて喜んで迎え入れてくれる。マイナスになる人だったら、華麗にスルーされて言葉さえ届けられない。さらに追えば追うほど逃げられる。

あなたが、大切にすべき人との心の距離を近づけたい。ならば、すべきことは明確ですよ。大切なその人が、プラスになること、笑顔になること、喜ぶこと。そして心満たされることをやればいい。言えばいい。

それをしない。言わない。だけど私を受け入れて。って、そりゃ受け入れませんよ。

なんで私を受け入れてくれないの。なんで私の思いどおりにしてくれないの。なんでLINEをブロックするの。って、そりゃウザいだけだから。そんな求めるだけの人に関わっても、そういうLINEを送られても、マイナスにしかならないからブロックするんです。

もちろん、お互いが、ちゃんと心満たし合える関係ならば、そんなことで不安になることもない。ブロックされることもない。少しくらいLINEの返信がこないからといって、右往左往することもないですよ。

<参考過去記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

でもね、ただ求めてるだけ、自分を満たしたいだけ、自分が可愛いだけ。そんな地雷臭がプンプン匂うLINEを送られてこられれば、危険回避のためにあの人だって、ブロックしますよ。あなただって、逆の立場だったらそうするでしょ。

見て見て私を見て。私のこと受け入れて。私のこと認めてよ。そんなあなたの想いの押し付けは、相手にとってウザいだけ。だから気づいたときにはLINEをブロックされて、4リットルの大五郎を抱えて、泣きながら寝るハメになるんです。

気分を下げられる人のLINEはブロック

あなたがそうであるように、大切なあの人もそうなんです。自分にとって有益でプラスになる人。自分の心を満たしてくれる人。そんな人と関わりたい。

私はあなたで満たされたい。あなたと一緒にいて笑顔になりたい。え? あなた? あなたは適当に自分で何か考えれば? って、そんな無茶な取引はないでしょ。なのに、平然とそんなことやってみる。そりゃLINEもブロックされて当たり前ですわ。

恋愛ごとに限らずビジネスだって同じでしょ。まず相手の便益を考える。単なる自己満足の押し付けではなく、相手の心に想いを馳せて、その人が笑顔になること、心満たされること、あなたと関わっていたいと思えることをするから、お互いの距離が近づくものですよ。

少しでいいから、イメージしてみなさいよ。想像しろっつーの。あなたのその言葉、あなたのその行動によって、あの人がどう思うだろうか。あの人の心が満たされ、あの人が笑顔で喜んでくれるだろうか。あなたではなくて、あの人の喜びをイメージするんです。

もちろん、あなたが大切なあの人の心に想いを馳せ、あの人の笑顔をイメージして、何かやったり言ったりしてみたところで、的外れになることもある。あなたのやったこと、あなたの言ったことが、まるで伝わらないなんてこともありますよ。

人と人との関係だもん。すれ違いはどうやったって起こるもの。それでも、あなたがホントにその人のために、誠心誠意を尽くして、その人のことを想った結果としての、行動や言葉であれば、やがてわかってもらえるときがくる。それで今嫌われることもない。

大切な人の想いを優先することですよ。その人の笑顔をイメージし、そのための言葉と行動を心がけることです。あなた自身の満たされたい想いより、あの人をどうすれば満たされるかをイメージし、それを優先する。

そうやって、浮かべたイメージにしたがって、言葉を紡ぐ。文章を書き、そしてLINEなりメールなりで送ればいい。

あなたが、あの人の喜びや笑顔を優先して考え、それをメッセージに乗せて送れば、その思いはあの人に届くんです。あなたのその想いが込められた、メッセージを読めば、あの人は心満たされるし幸せになる。あなたとの心の距離が近づく。

念のために行っておきますが、別にその人に媚びろってことじゃない。ご機嫌取る必要もない。それこそ上っ面でご機嫌とったところで、単に都合のいいヤツ扱いされるだけですよ。そこは対等の関係なんだから、ご機嫌なんかは取らなくていい。

<参考過去記事>
都合のいい女になる理由は、相手の本心を見て見ぬフリするから。上っ面の求めに動じず、その人の心のありかを考えよう。

別にそんな大げさな話しじゃないでしょ。相手を思いやる心。それを言葉と態度で示しているかどうか。ただただ一方的な思い、自分の都合だけを押し付けていなければ、その人と結ばれるかどうかは別にして、少なくともLINEをブロックされることはない。

あなただって、気分がマイナスになる人とは、関わりたくないでしょ。もちろん僕もそうですよ。あの人だって同じこと。逆に、気分をプラスにしてくれる人とは関わりたい。そんなLINEのやりとりができれば、ブロック云々なんて話にはならないもんですよ(^。^)y-.。o○

真剣に向き合える、理想のパートナーと出会う方法
↓ ↓
恋愛力UP実践プログラム
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

 

<広告>



 

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。