小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ずっと一緒にいたいなら、大切にするべきこと。お互いを大切にするために、守るべきこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第100回

美人経営者はモラハラ男製造機? その理由と改善方法

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

ずっと一緒にいたいなら、大切にするべきこと。お互いを大切にするために、守るべきこと。

ずっと一緒にいたいなら、大切にするべきこと。

人と人、男と女の関係なんてのは千差万別。人の数、付き合いの数だけ、理想の付き合いの数がある。心地良い付き合いの形は、人それぞれ。
小川健次Blog
他人がどうの、世間がどうの、道徳や倫理がどうの、言えばいろいろあるのでしょうが、当人達が心地良いならそれでいい。

大切な人との大切な時間。ずっと一緒にいたいと思う人と、ずっと一緒にいようと思えるのは、その人といると、心がホッとできる心地良さがあるかどうかが大事なこと。

なのに、表面上の体裁にこだわっていれば、その心地よさも消えてなくなる。よその人たちと比べてどうか、世間で言われているような、理想の関係と比べてどうか。そんなことは、あなたと、あなたの大切な人には、関係のないことなのに。

お互いの心地よさ、ホッとできる安心感よりも、形としてどうあるか。連絡の頻度がどうの、お互いの立場がどうの、見た目がどうの。そこに執着しているうちに、お互いの心地よさが消えてなくなり、残るのは別れを告げられるLINEのメッセージのみになる。

周囲から見て、何であの関係はうまくやってんだ? どうしてまだ続いているの? と思うような、見た目上はバラバラにあるような関係でも、なぜずっと一緒にいられて、なぜ変わらず仲良くしていられるのか。

答えはカンタンなこと。お互いが、それで心地よいと思っているから。お互いがそれでホッとできている関係だから。体裁がどうの、他人と比べてどうのではなく、お互いが心地良くいられることに、お互いが気を遣い合えているからずっと一緒にいられる

もちろん、そこには、単なる好き嫌いにのみに執着せず、お互いが関わりを持ち続けられる、相応の理由もある。お互いがお互いにとって、価値を生み出せる関係でいようとする、明確な意図もある。

<参考関連記事>
ずっと一緒にいたいと思われる人に、共通すること。好き嫌いへの執着を手放すと、いつまでも大切にされる。

ご縁があれば結ばれるし、ご縁があれば結ばれない。これ基本。でもね、それ以前に、お互いが理屈抜きに、心地よくいられるかどうかというのは大事なこと。そして、その心地よさを大切にしようと思える、相手への気遣いが、ずっと一緒にいられる関係になる

体裁や形にこだわる必要なんかない。相手を気遣う、思いやる。どうすればその人が心地よいと思えるか。お互いが心地よくずっと一緒にいられるか。お互いにその気持ちがあれば、表面上どんな形であったとしても、その関係はうまくいく。

お互いを大切にするために、守るべきこと。

お互いの心地良さよりも、形ばかりのルールや、周囲からの見られ方、目に見える枠組みのみを優先させれば、心地よさは消えてなくなる。そうして溜まったストレスが、そのうちどっかで大爆発。お互いにとってハッピーじゃない結果になる。

もちろん、お互いが心地よくいるためには、常識の範囲内で、お互いの間で共有すべきルールや、枠組みは必要でしょう。とはいえ、そこで条件による取り決め、利害のみに執着しないこと。それをお互いの関係維持に役立てようとしないことです。

ルールや体裁にこだわって人間関係うまくいくなら、世の中に人間関係でストレス感じる人なんかいないし、失恋してピーピー泣く人なんかいないから。

形ばかりの取り決めに執着するということは、その取り決めが、ダメになったら、その関係も終わるということでしょ。関係を終わらせたくない、その理由で守る取り決めなんてのは、お互いの心地よさとはまるで正反対のこと。苦行以外の何物でもない。

もちろん、価値観も人生観も異なる、大人の男と女の付き合いであれば、ルールや取り決め、体裁も必要なのは当たり前。ときに打算や妥協、駆け引きだって必要ですよ。それはそれで、皆無であればそもそもの人間関係は成り立たない。

それでも、最後の最後は、あの人といることがホッとできるかどうか。あの人が、あなたといることにホッとできてているかどうか。心が共鳴し合えていることを実感できているかどうか。

その感覚にブレがなければ、形がどうあれ、体裁がどうあれ、取り決めやルールを多少逸脱したとしても、お互いの関係にヒビが入ることはない。ずっと一緒にいられる関係になれる

あなた自身の感覚よりも、体裁だの、ルールだのに執着するから、不安や心配ばかりが大きくなり、ネガティブで否定的なLINEを長文で送り付ける。そりゃ読むほうも苦しくなるし、不安になる既読スルーもされるわ。

<参考関連記事>
LINEを既読スルーされる人に、共通すること。人に好かれる人に、共通する言葉の使い方。

ずっと一緒にいたいなら、大切にしておくことがある。それは、お互いにとっての心地よさであり、ホッとできる安心感を守ること。ルールや体裁以上に、お互いが心地よくいられるなら、それを壊すようなことをしないこと。

形に執着して、相手を束縛しようとしないこと、求めようとしないことですよ。最後の最後は、形式や条件がどうのより、一緒にいて心がホッとできる、穏やかでいられる関係だからこそ、ずっと一緒にいたいと思えるのだから(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻せば、大切な人とずっと一緒にいられる

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。