小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れた人と、復縁できる人とできない人の違い。愛しているなら、彼の選択を受け入れて執着を手放せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/05/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第29回

仕事先延ばし、締め切り破り…このルーズな姿勢と性格は変えられるのか

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

6月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


別れた人と、復縁できる人とできない人の違い。愛しているなら、彼の選択を受け入れて執着を手放せる。

本当に愛していれば復縁の可能性はある

あなたがどれだけ好きで、どれだけ大切思って、追いかけても、物理的にも精神的にも距離が縮まらない人はいる。
小川健次Blog
その逆に、あなたがそう望んだわけもないのに、なぜだか、物理的にも精神的にも、近い存在になってる人もいる。

人との関係はご縁次第。そしてご縁は執着しないから、引き寄せるんです。

あなたが、どうにかしてあの人と距離を縮めたい。物理的にも精神的にもあの人の近くにいたい。そして、あの人とは別れたくないし、離れたくない。ずっと一緒にいてほしい。そう思えば思うほど、執着するほど距離が宇宙レベルで遠く離れてく。

その理由はカンタンですよ。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージではいつも言ってるように、発想が自分のことだけだから。

私はこんなに愛しているのに、こんなにあなたのことを思っているのに。なんで解ってくれないの。想いを受け取ってくれないの。別れるって言うなんて、許せない。絶対そんなことさせないし、私が寂しい思いをするなんて、絶対イヤだし絶対ダメ。

それって相手への愛じゃない。相手を大切にさえ思ってない。愛しているのは自分のこと。大切なのは自分が満たされることでしょう。

あなたのために、相手を思い通りに動かそうという、自己本位な欲求にしか過ぎない。さらには、失うことへの不安と心配、そして恐れを解消したいという、ネガティブな発想の現れ。

だから相手にもその空気が伝わるんです。あなたと一緒にいても、まるで安心できない。むしろ求められるだけで、重くて苦しい。そもそも、愛してると言われても、まったく愛されてる感じもしない。だったら、ちょっと距離を開けようか。そう思われてさようなら。

だって、あなたが本当にその人を愛しているなら、あの人の別れるという選択も、素直に受け入れることができるでしょ。あの人の選択を尊重することができるんです。だから復縁の可能性だって残るというもの。

<参考関連記事>
復縁への期待を手放すと、大切なあの人を引き寄せる。復縁への期待に執着していると、大切なあの人が遠ざかる。

口ではあの人が大切だとか、愛してるだとか言ってみる。でも本当の本当のところ、あなたの心のどこにも、あの人はいないんです。そこにあるのは、あなたが自分を満たしたい、寂しくなりたいという、あなた都合の欲求だけだから。

あなたが本当に、あの人のことを想うなら、本当に愛しているのなら、自分を満たすことへの執着は手放しているはず。そこまで手放せれば、本当に必要なご縁が引き寄せられる、ご縁があれば、あの人ともちゃんと結ばれるし、復縁の可能性もゼロじゃない

執着を手放せないのは、彼より自分を愛しているから。

愛しているのに、距離がなかなか縮まらない。想いを持って接しても、なぜだかいまいち溝が埋まらない。好きなのに、ある日荷物を持って出ていかれてしまった。

そういうときに、あなたがすべきは、あなたの思いを受け入れてもらえないことにムカついて、あの人にキレて長文LINEを送ることじゃない。あの人へのしつこい電話で長々と、不満をぶつけることでもない。

あなたがすべきは、あなた自身の心がどこに向かっていたのかを、振り返ってよく考えてみることなんです。あなたがホントに大事だと思っていたのは何だったのか。

その人を尊重し、大切にしたいという、心からの愛だったのか。それとも、自分が満たされたいだけ。自分が認められたかっただけ。プライドや自尊心を傷つけたくなっただけ。相手よりも自分を優先するだけの、自己本位な執着心じゃなかったか。

大切に思う人との距離が縮まらない。どうもご縁が遠ざかる。その原因は、その人や第三者、それこそ状況や環境にはないんです。すべての原因はあなたの心にある

ならば、まずは自分を満たしたい、自分の不安や心配を無くしたい、という自己本位な執着心を手放して、あの人の幸福だけを願ってみたらどうですか。本当に愛しているのなら、あの人の選択を尊重し、そのすべてを受け入れればいいんです。

どうせ、あなたが執着しようがしまいが、他人の心は支配できない。あなたが追いすがったところで、どうせ去ったあの人は戻ってこない。だったら、いいじゃないですか。なんの見返りも期待せず、ただただあの人を愛することですよ。

もちろん、人と人との関係である以上、現実にはすべての責任が、あなたの心にあるワケではない。なのですべてを自分のせいと責める必要はない。あなたが悪いからじゃなくても、あなたを大切しないクズはいる。そういうクズとは、とっと別れるのが正解。

<参考関連記事>
別れたほうがいい理由は、あなたが悪いからじゃない。大切にされない関係を切れば、大切にしてくれる人と結ばれる。

あなたが、本当にあの人を大切に思い、心から愛しているのなら、別れることで、遠ざかることさえ気にならないはず。それで心に波風立つこともない。あの人の存在、あの人の幸福そのものが、あなたの喜びなのだから。

見返りへの期待に執着せず、愛を注げる人には、誰だって近づきたいと思うし、注がれただけの愛を返したいと思うもの。だから執着を手放せて、本当に価値あるご縁が引き寄せられる。それが復縁なのか、新しい人との出会いなのかに関わらず(^。^)y-.。o○

大切な人と結ばれるための、ご縁の法則を学ぶ特別講座
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。