小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

過去に執着しない方法は、〇〇すること。心を切り替えるための習慣とは。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/06/30更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第87回

サバサバ系の「デキる女」が恋愛惨敗してしまう、単純な理由

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

       
地域・開催日 内容
東京 07/18(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方
大阪 08/01(土) 恋愛力を高める、脳と心の使い方

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

過去に執着しない方法は、〇〇すること。心を切り替えるための習慣とは。

心を切り替えるための習慣とは。

あなたが自分で、こうしようと思って決めて動く場合と、周囲の状況や他人の意見を理由に、なんとなく決めて動く場合とでは、その結果には大きな違いが生まれるもの。
小川健次Blog
出た結果そのもの。客観的な評価としては、その結果にはさほど差がないのかもしれない。でもね、その結果に至るまでに得られるものが全然違う。だから、次のステップへの速度も全然違う。

別にそれをやりたかったわけじゃない。何となくその場の周囲の人の意見、周囲の状況や環境、あれやこれやの事情で付き合った相手とのこと、なんとなく結ばれたり別れたいした人ことってのは、結果の良し悪しに関わらず、納得感が得られない。どうも心が満たされない。

しかも、結果が悪けりゃ悪いで、いろいろ考える。あの人がこう言ったからだ。あの人のせいだ。あの人が悪い。もしくは自分が悪い、と極端に自分を責めるばかり。建設的な反省どころか学びもない。ただ過去に執着して虚しいだけ。

僕が毎日無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言うように、その手の執着を抱え込んでいても、いいことなんか何もない。

あなたがそうしたいと考え、あなたの素直な思いの従って決めたことなら、結果に対して違った感想になるでしょ。結果が良ければ良いで満足できるし、仮に結果が悪かったとしても、自分の責任として反省して改善点も見つけられる。執着も手放すことができる。




要するに、あなたが自分で考え、自分で決めて動くのか。他人の意見や状況環境に決められて動かされるのか。同じ結果だとしても、納得感や満足感は全然違う。得られる経験値には、天と地ほどの差が生まれるということ。

自分で考えるのは面倒くさい。決めて責任取るのも重くて嫌だ。それなら、他人に言われるがまま、状況に流されるままというのも楽でいいのかもしれない。自分は何も考えず、何も決めない。結果の責任は他人のせい。そして上辺だけで自分を責める自己憐憫。

おまけに、自分の選択を放棄して、何かある度に、あれこれとワケ知り顔で状況や環境、そして誰かの文句と批判だけを言ってみる。でもその結果、何かが得られるワケじゃない。そうして気づいてみたら、年月が経って、歳だけ重ねて、いろいろヤバいと焦り出す

自分で決めないから、いよいよホントに決めなきゃいけないときになってから、焦らなきゃいけないことになる。そうやって、土壇場になってからジタバタするから、ご縁に次から次へと逃げられるハメになる。

<参考関連記事>
ご縁があればまた会えるし、必要ならばまた手に入る。今不要なものを手放せば、大切な人と結ばれる。

何をどうやったって、失敗することもある。どんなに好き同士の関係だって、別れてしまうことだってある。だとしても、その経験を未来に活かせる糧にできるか、それとも流されただけの無駄な時間としてしまうのか。

それは、あなたが自分で決めるか、流されるかの選択次第。あなたの未来は、あなたの選択どおりになる。

過去に執着しない方法は、〇〇すること。

なんだかんだで、生きてりゃ決断迫られたり、動くことを迫られたりする場面ってある。そういう事態になったとき、あなたが主体的に決められるか、それともなんとなくの雰囲気の中で決めるのか。

日々の生活の中で起こる様々な出来事や出会い、その一つ一つを、状況や環境、それこそ他人の意見という、実体もなければその後の責任さえ負ってくれないような、曖昧なものに身を任せながら動いたところで、後で残るのは執着と後悔だけ。

なんとなく流れ流されてただけで、うまくいってる。まあとりあえずは、それで満足できている。ってことならそれでいい。別にそれを否定しているワケじゃない。

でもね、どうもいつも結果に納得できない。なぜだか過去にばかり執着して前を向くことができない。そんなモヤモヤ感が晴れないのなら、ちょっと考えてみればいい。

ちゃんとあのとき、そしてこれまで、あなたが自分でそうしようと決めたことなのか。自分で覚悟を持って選択をしたのか。

とはいえ、今さら決められなかった過去を悔いてもしょうがない。流されたことに執着しても得るものない。それはそれで反省して次に活かせばいいだけのこと。これからの未来のことは、あなたが自分で決めればいいだけのこと。




もちろん、必要に応じて他人の意見は参考にすればいい。そのための手段方法として、僕の個別セッションを使うという手もある。それでも最後の最後は、あなたの決断、あなたの選択。

日常のすべてとは言わないが、まずは、あなたが自分で決められること、自分で決めてもいいことは、ちゃんと決めること。あなたが考え、あなたの価値観に従って決めて動けばいい。

あなたが自分で覚悟を持って決めたことならば、その結果が期待と違うものになったとしても、少なからず納得はできる。その経験を活かして、次はもっと良い選択や決断ができるようになる。そして何より、その結果に対する執着は手放せる。

その選択が、大切な人として、交際相手や結婚相手として相応しいかどうか。そんなことを考えるときも同じですよ。何となく流されるのではなく、あなた自身がちゃんと見極めて決めればいい。

<参考関連記事>
愛し合える人かを見極める、2つの基準。好き嫌いや、条件以上に大切なこと。

過去に執着しない方法、過去を手放すために必要なことは、あなたの日々の習慣にある。納得のできない結果を前にして、いつまでもクヨクヨしたり、他人や自分を責めたりするような、建設的でないエネルギーの使い方はやめられる。

出た結果を、真摯に、そして前向きに反省しつつも、その結果から次への改善策を考えられるように、心は切り替えられる。そのためにも、日々の思考と行動の習慣にある、クセを修正してみることですな(^。^)y-.。o○

過去を断ち切って前向きになる、大人の恋愛講座
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


7月 東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。