小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人を批判する前に、あなたにその人を批判する資格があるか考えよう。自分を振り返れば、心に余裕が生まれて他人にイライラしなくなる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑




新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

他人を批判する前に、あなたにその人を批判する資格があるか考えよう。自分を振り返れば、心に余裕が生まれて他人にイライラしなくなる。

■自分を相手に投影するからイライラする

どうもあの人の、ああいうところが気に入らない。なんであの人はこういうとこがダメなのかしら。なぜだか他人の足りないところが気になって仕方ない。

小川健次blog

別にそれで直接の迷惑をあなたが被っているわけじゃない。ちょっと目につく、ひっかかる。スルーできずにモヤモヤする。

どこの誰かも知らないような、アカの他人はもちろんのこと、身近で大切な人のことまであれこれ気になる。いや、むしろ身近で大切な誰かのことだからこそ、その人の足りないところや欠点が、あれやこれやと気になるのかもしれません。

まあ確かに身近で大切な人であればこそ、足りないところがあったらイヤだし、もっと良くなるところがあるのなら、もっと良くなって欲しいと思うのでしょう。

でもちょっと待て。あなたは、なぜその人の足りないところや欠点、それこそ嫌だなと思うところが目につくのか。なぜそこに着目し、そこにこだわるのか。別にあなたにとって大した影響もないことなのに、なぜそんなことでピーピー大騒ぎするのか。

カンタンなことですよ。あなた自身も、潜在的に、もしくは自覚的に、そうやって他人に指摘するのと同じ、欠点や弱点を持っているから。それを感じているから。他人は自分の心の鏡。

あなたが、あなた自身で感じている、自分の足りないところや弱点を、目の前のその人に投影しているんです。自分が気に入らない自分の要素を、目の前の人がやっている。だからムカつくし気になるし、あれこれ指摘したくなる。

自分で自分を客観視することなく、なんとなく自分と同じ要素を持っている人を攻撃しているだけ。まあそうやって、自分を客観視できなくなってるときは、小川健次個別コーチング&コンサルティングのような、第三者の視点を入れるのも一つの方法ですがね。

要するに同属嫌悪なんです。同じだから気になる。自分を見ているようでムカつく。

だから、あなたがプンプン怒ったり、イライラとムカついたりして、相手の嫌なところを本人に指摘しても、相手は逆切れするだけですよ。相手にしてみりゃ、お前が言ってるそれを、そっくりそのまま返してやるわ。人の振り見てテメーの振り直せ。と言われて終わり。

しかも、そういう感情に任せた指摘というやつは、往々にして自分をコントロールできていない状況で行われるもの。あなたと相手、お互いの感情がぶつかり合うから、結局最後は決裂してさようなら。

<参考関連記事>
自分をコントロールするより、コントロールできない自分を知ろう。キレて大切な人を失うくらいなら、そこから離れて頭を冷やそう。

ホントは身近で大切な人なのに。だからこそ、悪いところや気になるところが気になるし、それを直してくれないことにイライラする。そう思う気持ちはわかる。でもそれ、ホントのホントは相手のことより自分のこと。相手がムカつくのではなく、自分で自分にムカついてるだけ。

だいいち、身近な人に、いちいち悪いところや足りないところを指摘される人のほうが、イラつくってもんでしょう。あなたのためと言われたところで、ありがた迷惑、余計なお世話。

■まずは自分が改善しよう

他人の嫌なところが気になる目につくイライラする。それが身近な人、大切な人であればなおさらのこと。今すぐそれを口に出して、本人に言いたい指摘したい、直させたい。あなたの心が、そんな衝動に駆られたときは要注意。

そこで欲求と感情の赴くまま、口を開く前に、数秒でもいいから考える。

自分には、その人の欠点を指摘する資格があるだろうか。自分にはその人に改善を求めるほど、物事をわきまえる品格が備わっているだろうか。要するに、今から私が言葉にして言おうとしてることって、自分にもあてはまるんじゃね?

そうやって、自分を省みてみればいいんです。すると冷静になれるから。そこでピーピー大騒ぎするデメリットに気付くから。それって単に自分のこと、同属嫌悪なだけなんだと気づくから。

そしたら、まずは、あなた自身が改善すべきを改善すればいい。正すべきところ正せばいい。するとね、不思議なことに、あの人の嫌だと思っていたところが、そう思わなくなる。見えなくなる。まるで気にならなくなるんです。これホント。

それにね、まず相手に何かを求めるのなら、まずあなた自身がそうすべきでしょう。自分自身を振り返って、あなた自身が求めるあなた自身になる。ただ求めるだけなら、相手も疲れるイラつくムカムカする。だからまずはあなたから。これ基本。

もちろん、社会常識や倫理観に照らし合わせて、明らかに人として改善しなければいけないこと。あなた自身も損害を被るし、相手にとってもマイナスなことについては、ちゃんと注意指摘すべきですよ。それはそれで理をもって説明すればいいんだから。

そういう筋道のしっかりした話しではなく、ただなんとなくあなたがムカつく。あなたにとって気に入らない。とにかくイヤ。そんな感情先行の話しであるならば、上でも言ったとおり、脊髄反射であれこれ指摘するのはちょっと待つ。

何事もバランスですからねえ。言うべきことは言うべきなんです。でも感情に流されるまま、同属嫌悪の自己都合の押し付けは、言ったところで百害あって一利なし。

<参考関連記事>
言いたいことを言い、聞きたいことを聞くから大切な人と心が通じ合う。言葉の数を積み重ねた分だけ、お互いの信頼が積み重なる。

誰かに対してあれこれ言いたくなるときってのは、往々にして自分の心に余裕がないときでしょう。そしてその原因である、自分の欠点や弱点を、他人に投影し、それを責め立ててるだけなんです。ならそのエネルギーは他人ではなく、自分自身の問題解決に向ければいい。

だからこそ、他人に何か批判的な発言をしたくなったら、少し冷静になって黙って考える。自分を省みる。それだけで、大切な人との無用な衝突が無くなるし、お互いがストレスを感じることもなくなるってもんですわな(^。^)y-.。o○

心をコントロールして不要な衝突を避ける方法

『愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座』
愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
・大阪12/03(土)
・東京12/17(土)

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。