大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手を喜ばせようとする想いが、あなたの喜びとして返ってくる。お互いの喜びのために、想像力を発揮し合える関係になろう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

相手を喜ばせようとする想いが、あなたの喜びとして返ってくる。お互いの喜びのために、想像力を発揮し合える関係になろう。

■その人の幸福をまず考える。

一部の変わった趣向を持っている人でもなければ、自分の嫌がることをやられたり言われして、嬉しいとは思うことはないでしょう。

小川健次Blog

というより、嬉しいと思うかどうか以前に、そんなこと言ってきたりやってくるヤツなど、ウザいし関わりたくないからあっち行け。まあ普通はそうです。それでその人を好きになどなるわけない。

ならば話しはカンタンで、その逆に嬉しいことをやってくれたり、喜ぶことを言ってくれる人のことは、好意を持って迎えられる。いや、好意まではいかないにしても、敵視されたり嫌われることまではそうそうありませんよ。

あなただって、あの人だって、もちろん僕だって、いつでも心地良くい気分でいたいもの。何もわざわざ感じる必要もないストレスを、手元に抱える必要もないし、そうしたいとなんて思わない。

だから、心地よい気分をブチ壊してくれる人、ストレスや不快な何かを運んでくる人は、できる限り門前払い。チャイムが鳴っても完全スルー。つい誤って応答してしまっても「あ、私、留守の者なので」と、意味不明な居留守を使っていないフリ。

その一方で、嬉しい気分になれること、心地よい気分になれること、心躍る何かを運んできてくれる人のことは、玄関先まで出てって待ちかまえたい。でっかいウェルカムボード作って待っていたい。

言ってみれば単純なこと。あなたにとって大切なその人が、嬉しいと感じて喜ぶことをあなたがすればいい。笑顔になれることを言えばいい。無駄にストレス感じるようなことはしなければいい。そうすりゃあなたを両手を拡げて迎えてくれる。

そしてそのために、あなたは一歩立ち止まって考えるんです。ほんの少しの時間でいいんです。想像力を働かせ、イメージを膨らませるんです。

今からしようとするあなたのその行動を、大切な人はどんなふうに喜んでもらえることだろうか。あなたのその言葉を、大切な人はどんな笑顔で受け容れてくれるだろうか。そのイメージができてから近づくんです。声をかけるんです。逆に言えば、それができなきゃ何もしないほうがマシ。

そこで相手の心に想いを馳せず、単なる自己満足の押し付けをするから、お互いが不幸になるんです。面白くもない結果になるんです。

<参考過去記事>
あなたが満たされることより、大切な人が満たされることを考えよう。押し付けは決裂を引き寄せ、寄り添うことは愛と信頼を引き寄せる。

だからといって、それは相手に媚びるということじゃない。その人の顔色見てご機嫌取る必要なんかはこれっぽちもありませんがね。ご機嫌取るために何かやったところで、便利屋扱いされるだけ。都合のいいヤツ扱いされるだけ。そんなのはそもそも対等の関係じゃないでしょ。

心からその人の力になりたい。その人の役に立ちたい。そう思えればいいんです。媚びて注目してもらおう、相手にしてもらおうなんて考えは、海の彼方にでも投げ捨てちまっていいですよ。

■お互いが想像力を発揮し合える関係になろう。

あなたが大切だと思う人が、どうすれば喜ぶか。どうすれば笑顔になるか。相手の心に想いを馳せて、頭を使ってに想像力を発揮すればいい。描いたイメージを実現するためのことをやり、言葉にすればいいんです。

そりゃあ確かに、せっかくあなたが想像力を駆使し、イメージを膨らませて、その人のために何かやったり言ったりしてみたところで、その人がまるで喜ばないこともある。的外れすぎて、ドン引きされることもあるかもしれない。

そうやって、一見するとカラ回りしているようなことでもね、あなたが打算なく誠心誠意を尽くして、その人のことを想いイメージしてのの言動であれば、それで嫌われることはありませんよ。

その場はドン引きされるかもしれない。その場はまるで喜んでくれないかもしれない。てもあなたの想いは必ず伝わるもんです。今すぐじゃなかったとしても、そのときあなたがどういう想いでいてくれたのか、やがて相手の心に届くことはある。

相手の気持ちに思いを巡らせることを、怠らないことです。そりゃ誰に対してもそうするべきなのでしょうが、さすがに皆には難しければ、身近な人や大切な人。せめてその人たちの幸福と喜びをイメージして、それを実現するような接し方をすればいい。

そして同時に大切なことは、あなた自身が、その人たちのために何ができるかを把握しておくこと。いくらあの人が喜ぶことだとうが、笑顔になることだろうが、できないことはできないもん。

あなた自身ができること、あなた自身の持てる能力や魅力。それらをどう使い、何をすれば、その人を喜ばせることができるのか。それをはっきりと明確にしておけば、イメージをすぐに現実に移すことができるというもの。

何より、あなたがその人喜びや笑顔のために想像力を働かせていれば、その人もあなたの喜びや笑顔に思いを巡らせてくれるもの。自分を喜ばせてくれる人、自分を笑顔にしてくれる人のことは、誰だって喜ばせたいし笑顔にしたい。

そのお互いの気遣いの積み重ねの連鎖が、喜びを分かち合える関係として信頼を深める。余計なストレスを感じることのない、心地よい関係を引き寄せる。

<参考過去記事>
見返りへの期待と執着を手放せば、縁ある人を引き寄せ結ばれる。大切な人の幸福のために力を尽くすから、幸福になれる。

そんな大げさなことじゃなくていいんです。元気に挨拶をするとか。落ち込んでそうなとき一声かけてあげるとか。そういうことでいいんです。大事なのはその人が喜ぶかどうかなんだから。その人の心に寄り添えているかどうかなんだから。

あなた自身の経験や、周囲でうまくいってる人をみてみれば皆そうでしょう。良好な関係ってのはお互いがどれくらい、お互いの心に寄り添えているか、お互いの喜びのために想像力を発揮できているかに尽きるってもんですわ(^。^)y-.。o○

ご縁を引き寄せるイメージの描き方

あなたの個別具体的な問題解決をサポート
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事