小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ご縁が切れることも、大切な人が去ることも心配しなくていい。信じて委ねて手放すから、大きな愛を引き寄せる。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

ご縁が切れることも、大切な人が去ることも心配しなくていい。信じて委ねて手放すから、大きな愛を引き寄せる。

■恐れと不安を手放そう。

よっぽど要らないものなら、とっとと捨てるか、メルカリかヤフオクあたりで売っ払えばいいことですよ。でもね、なかなかそうもいかない、失うのが惜しいと思うものは誰にでもある。

惜しいと思うのはしょうがない。でもね、その思いが強くなるあまりに、失うことそのものが不安や恐れになると、それを守ることばかりに必死になって、ロクな身動きさえ取れなくなるから要注意。

しかもそれが、大切な人から注がれる愛であったり、身近な人たちから向けられる好意、そしてせっかく結ばれたご縁であれば、なおさら失いたくない。それを守るためには必死になる。がむしゃらになる。何が何でも手放したくなくて、そちらにエネルギーの大半を割くようになる。

人は誰であれ、他人との関係を維持していかなければ生きていけない。だからこそ他人との関係、大切な人との関係を手放したくないと思うのは自然なことですよ。

おまけにその人から愛や好意を注がれていたり、頑張って時間や労力をかけて結ばれて得たご縁であれば、守りたくなる気持ちもわかる。そりゃのんきに小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを配信している僕だって利害に一切関係なく、守りたい関係もご縁もありますよ。

とはいえ、ご縁なんてのははかないもの。あっさり切れてどっか行く。がっつり結ばれているようで、切れるときはメールやLINEの一通で終わりなんです。いや、それさえもなく、自然消滅ってこともある。だいいち、守りたいと思っているのはこっちの都合で、相手はそう思ってないこともある。

それを必死になって守ろうとしすぎると、周囲の事態がよく見えなくなる。人の思い、気持ちに寄り添うこともできなくなる。あの人とのご縁を手放したくない、そう必死になっているせいで、ホントにそのご縁を失うんです。

どうも最近あの人から愛されているような気がしない。どうもあの人は私以外の人にも愛を注いでいるようだ。このままだと私は愛されなくなる。あの人を失ってしまう。そんなことは許されない。何が何でも守らなきゃいけない。絶対にあの人との関係を終わりにさせられない。

そうやって失う不安や恐れに心を支配される。ただ守ることにばっかり必死になる。焦って冷静さを失う。そうして、普段は言わないような、相手を傷つけるようなこと言ってみたり、LINEでウザい長文送りつけたり、挙句の果てには自分で自分を傷つけるようなことしてみたり。

とにかく不安。とにかく心配。失いたくないからとにかく焦る。その人の関心を自分に戻すため、愛やご縁を逃がさないよう必死になる。でもそうした結果、LINEブロック。携帯は着信拒否。気づいたときには、あなたじゃない別の女を腕枕。残念ながらそんなもんです。

まあそれも、縁がなかったと言えばそうなのでしょう。そういう結果だからこそ、後で良かったと思えることがあるのも事実。

<参考過去記事>
別れるのは、お互いがもっと幸福になるため。縁がなくなるのは、お互いが昔より成長したから。

でもね、それより前に、あなたがドーンと構えて、あの人を信じて委ねて、不安や恐れを手放していれば、そういう結果にならなかった可能性もある。余計なことして、わざわざ相手にウザがられ、嫌われるような事態にはならなかったかもしれない。そこは反省してもいい。いや、反省しろよ。

■ホントは何も失ってない。

多くの場合、普段はやらないような大きなミスの原因は、不安や心配ですよ。何かを失うんじゃないか。ダメになってしまうんじゃないか。そんなことにとらわれているから、目の間のことに冷静でいられなくなる。言わなくていいこと言ったり、しなくてもいいことして痛い目に合う。

それが大切な人とのご縁、その人から注がれる愛となれば、不安と恐怖に、嫉妬や独占欲という青白き炎が、さらに熱量を高めてくれる。そして気付いたときには、すべてを失うことになるんです。

信じて手放すことですよ。失うも無くなるもないんです。あなたが何を思うとしても、あの人はあの人。あの人は自分のことを自分で考え、自分で選択するだけのこと。それをあなたがどうこうできない。あの人の想いはあなたのモノじゃない。最初から何も無い。だから失うワケじゃない。

だから期待はしなくていい。執着もしないくていい。駆け引きで他人の心を縛りつけるようなことは考えない。無理矢理あの人を占有しようとなんてしなくていいい。何やったってダメなもんはダメ。別れるときは別れるし、ご縁がなければ何やったってさようなら。

それでも、同じ時間と空間を過ごしている間は、信じて委ねて手放す。愛されている。愛してくれている。あなたもあの人を愛している。それは信じる。

恐れや不安を感じるということは、心の底から信じていないということでもある。あなたが心から信じていないから不安になる。信じていないから、小手先で相手をどうにかしようとする。無理矢理引き留めようと執着する。そんなあなたの心の動きと態度は、自然相手に伝わる。

他人はあなたの心の鏡。あなたが心から信じなければ、相手もあなたを心から信じてくれない。その小さな溝がやがて大きくなっていくから、結果は悲劇になる。

愛されたいし認められたい。そう思うのは自然なことですよ。でもね、それは相手を支配することじゃない。相手をあなたの想い通りにすることじゃないんです。あなたはあなたで、あの人はあの人。信じて委ねる。選択の権利はあの人にある。ならあとは執着しないで手放せばいい。

そもそも失うものなんてないんです。だって何も得ていないんだもん。あの人はあなたとは大切なパートナーかもしれないが、別にあなたのものじゃない。最初っから、あの人がどこに行こうがあの人の自由。それをあなたはどうにもできないんだから。

むしろ手放すくらいの勇気と余裕を持てばいい。信じてドーンと構えていれば大丈夫。最後の最後はご縁次第。どうにもならないことで、ジタバタして、どうにもできることまでバッサリやってしまったら、それはそれで目も当てられない大惨事ですよ。

<参考過去記事>
手放す勇気を持てれば、欲しい結果を引き寄せる。失くすことより、手に入れる幸福に心を向けよう。

失う恐怖や不安を感じるなってのは、そりゃ無理でしょう。でもね、慌てなくていいから。ジタバタしなくていいから。執着しないで信じて委ねてドーンと構えておけばいい。

仮にそこでその人との関係が終わったとしても、それは縁が無かっただけのこと。酒飲んで泣いて起きたら、またドーンと構えていれば、もっと大きな愛を注いでくれる人を必ず引き寄せますよ。これホント(^。^)y-.。o○

■より良いご縁を引き寄せる特別講座


■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。