大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やる気の高め方を自分で知れば、心が折れることはなくなる。他人や周囲の状況に依存しないで、自分で心のスイッチをONにしよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

感情に流されて発する一言に注意しよう。自分を見失わなければ、お互いを傷つけ合うことはなくなる。

■スイッチを他人に入れてもらってもすぐ切れる

やる気というやつは、状況や環境次第で高めることができるもの。

小川健次Blog

周囲の誰かに言われた言葉や、自分を取り巻く環境や状況によって、モティベーションが高まったことは、誰でも経験あることでしょう。


とはいえ、不思議なことに、環境や状況に応じて高まったモチベーションというやつは、時間の経過とともに薄れてします。昨日はあんなにヤル気があったのに、今日はなぜだかパッとしない。

やる気の出るセミナー行ったり、ヤル気の高まる本読んで、その場はすっかりその気になって、やる気がみるみる高まるのを自分で実感できるのに、なぜだか時間の経過とともに萎えていく。

心のスイッチがONになるようなこと言われたり、感情揺さぶられる文章読んで、モティベーションが飛躍的に高まって「私はできる」「俺はやれる」と燃えてみても、翌朝にはすっかり鎮火。いつもと同じ日常がまたはじまるだけのこと。

もちろん、そのプロセス、その経験を通じて気づきも学びも発見もあるでしょう。そこで得たものが人生のどこかで役立つことだって少ないわけじゃない

それでも、その場瞬間的に高まったモチベーションは、時間の経過とともに下がっていくだけのこと。

一応言っておきますが、セミナーに行くことや本を読むことが悪いわけではないし、それを否定しているわけじゃない。いやむしろセミナーも行けばいいし、本も読めばいい。大事なことは用法用途なんだから。

でも、ほとんどの人はその用法用途を考えないから、結果的にその場だけで終わるんです。感動して涙流して「お母さーん生んでくれてありがとう」と絶叫したはいいけど、日常に返ると「そういやそんなこともあったけ」。想い出作りにはいいけどね。

その原因は、自分で主体的に高めたモチベーションじゃないからですよ。結局は状況環境任せの他人任せ。そこに乗っかってるだけだから、その状況環境が無くなった途端にモティベーションも消えてなくなる。

セミナーで言うならば、モティベーション発生要因はそのセミナー。もしくはそのセミナーの講師。だからセミナー終わればモチベーションは維持できない。講師が去れば高揚感も去っていく。残るのは思い出だけなんです。

<参考過去記事>
自分で決めて動くから、結果をポジティブに評価できる。誰かに決められ動かされる前に、まずは自分で決めて動きだそう。

おまけに最悪なパターンなのは、ヤル気が続かない自分で責めて、やっぱ自分は長続きしない人間だ、根性がないやつだ。そうやってセルフイメージまで下げてしまうこと。そしてまた同じことを繰り返す。

■自分にスイッチ入れる方法を学べばいい

ヤル気が高まる原因を、自分意外の第三者や環境状況に依存してしまえば、その第三者がいなくなったり、環境状況が変わった途端にモティベーションも下がるんです。

これってセミナーや本に限った話じゃないでしょう。あの上司の下だとヤル気が湧かない。こういう環境だとモティベーションが高まる。あいつが、こいつが、あそこが、あの場が、って結局他人のせい。

でもそれ関係ないから。それに自分以外の何かにヤル気の発生原因まで依存してしまうなら、それこそ状況次第で環境次第。結局それってヤル気が高まるのは、全部運次第って言ってるのと同じこと。

んじゃ持続可能なモチベーションは、どこで生み出せばいいのか。ってそりゃ言うまでもなく、自分自身の心の内側からでしかありませんわ。

自分でやりたい、手に入れたい、実現したい。その心からフツフツを沸き起こる思いこそが、それを実際に形として実現するまでのモティベーションを生み出し、持続させるんじゃないですか。

状況環境がどうの。他人がどうのは関係ない。周囲がどんな状況かとか、他人が何を言うかなんてまったく関係ないですよ。自分が手に入れたいもの、形にしたいと思うものが明確で、それを本当に望むのであれば。

とすると、また問題が別にあって、じゃあどうすれば「やりたい」「手に入れたい」という想いを、心の内側から湧き起こすことができるのか。どうすれば「やりたい」「手に入れたい」ものを明確にできるのかってことで、思考が止まる人もいる。

それを知るヒントを得るためであれば、本読んだりセミナー行ったりするのもいいんです。それこそそういう問題解決をした経験のある人の話しを聞くのもいい。それが正しい用法用途でしょう。なんとなくヤル気高めに行くのではなく。
要するに、一過性のヤル気を高める方法なんてのは、あんま意味がないってことです。どうせ冷めるから。そしてモチベーションの発生要因を自分以外の何かに求めるのも、無駄なこと。状況環境次第で右往左往するだけだから。

ならば、まず自分の内側にある、モティベーションを自然発生させる場所を探すこと。そしてその探し方を見つける方法を身につけることでしょう。

それ知ってしまえば、あとは自分でいくらでもヤル気なんか湧かせられる。自分で自分にスイッチ押すことがいつでもできるようになる。そして、そこで生まれたヤル気の効率的な燃焼のさせ方についても、それはそれで色んな方法学べばいいだけ。

言ってしまえばミもフタもない話しですが、ヤル気は結局自分自身で生み出すしかない。

<参考過去記事>
もっと自由に考えられるし、もっと自由に行動できるはず。自分の心を解き放てば、できることもやれることも無限にある。

誰かに熱くしてもらうのは単なる依存ですぐ冷める。自分で暑くすることができれば、自分には保温機能も搭載されているので、それ使えば冷めませんよ。

そこ押さえておくだけで、セミナーでも書籍でもそこで得た学びや、それこそ高まったモティベーションは無駄にならなくなるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事