大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

頑張っても結果が出ないなら、頑張り方を変えればいい。仕事も恋愛もピーピー泣いて文句を言う前に、手段方法を見直そう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

頑張っても結果が出ないなら、頑張り方を変えればいい。仕事も恋愛もピーピー泣いて文句を言う前に、手段方法を見直そう。

■頑張るのは当たり前。頑張り方が間違っていないか。

仕事であれプライペードであれ、どんなに気楽そうに見えたとしても、頑張ってない人なんてのはそうそういませんよ。

小川健次Blog

いわば頑張るのは当たり前。頑張るっつーのは大前提で、そこがなければ話しは先に進まない。


頑張る。力を尽くす。できることは精一杯やり切る。その上で、頑張り方や力の使い方を工夫する。エネルギーを効率よく使う。だから行きたいところに行けるというもの。死ぬまでの限られた時間を有効活用できるというもの。

自転車のペダルを必死に踏むのはいいんです。そこは頑張れ。力を尽くせ。止まれば転ぶだけだから。

でもね。行き先までのルートぐらいは考えときなさいよ。疲れたときの休憩の仕方、燃料の補給方法なんかは行き当たりばったりじゃ困るでしょう。それに漕ぐ力を養うことだって忘れちゃいけない。

そこ無視して、ただ闇雲にペダルを漕ぐだけ、頑張るだけ。それで行きたいとこに行けない。疲れる。苦しい。泣きたくなる。ってアフォちゃうか。

まあ泣きたきゃ泣けばいいんですがね、泣いたところで問題解決なんかできやしない。泣いて許してもらえるなら約束なんていらないし、泣いて金持ちになるなら今すぐ僕も嗚咽しながら号泣しますよ。

私って頑張りすぎなの。っつー意味不明な自己憐憫に浸っていたいならそれもいい。そんな自分が可愛くてたまらない。悲劇のヒロインの私可愛い。それはそれでいいんじゃないですか。個人的にはウザいけど。

ホントのホントに前進しよう。行きたいところに辿り着こう。そう思うなら、まず今のうまくっていない頑張り方を考え直してみたらどうでしょう。

前進しようという思い。何かを成し遂げようという情熱。そこで生まれるエネルギーを、もっと効率良く使う方法を考えないと、やがて心も折れますよ。せっかくのその想いがもったいない。

丹沢の山奥行って、必死の努力でイルカをいくら探しても見つかりませんよ。まずイルカが何かを調べろよ。次に海に行けって。

燃えるような情熱でかつらむきが上達しても、Jリーガーにはなれないっつーの。その前にサッカーの練習しろよ。

力の使いどころ。エネルギーの向けどころがおかしいんです。せっかくの努力、せっかくの想い、そしてせっかく頑張っているのに、その歯車が合ってないどころか、東京とエチオピア以上に離れてる。だから頑張ってるのに疲れるだけ。

だから、現状と目的地までに順路、そしてそのための手段方法がちゃんとイメージできているか。そのイメージが現実化する確信を持てているかを、ときに見直してみる。過去がどうであるかではなく、今と未来がどうか。

<参考過去記事>
昨日笑ったことよりも、今日笑える方法を考えよう。過去への執着を手放せば、今を見誤っての手痛い思いをしなくなる。

ただ頑張りすぎとか言って自己憐憫に浸る前に、やるだけ無駄だと心折れて諦めてしまう前に、果たしてその頑張り方が正しかったのか。結果を出すための最適手段であったのかを振り返ってみたらどうですか。

そこ見直さないで、立ち止まって泣いてるだけなら、嘆いているだけならそれこそ無駄。

■こだわるのは結果であって、手段方法じゃない

手段方法に対してクソ真面目である必要はないでしょう。大事なのは結果であって、手段方法じゃないんだから。

そりゃまあ、自分でこの道を行こう。この方法で行こうと決めて進んでいる以上は、そこにこだわりたい気持ちもわかる。でもその道が渋滞しているなら他の道を通ればいいだけ。その自転車壊れたら、別の自転車乗ればいいだけ。

そう言ってしまったから。そうやると決めてしまったら。ってそれ変えちゃいけないルールなんか、どこにもありませんよ。

そんなことより、行きたいところに辿り着くのが目的なんだから、仕事であれ人間関係であれ、手段方法がこれ違うと思ったら変えたところで、困ることない。というより変えなきゃいけないでしょ。

そこを見失ってしまう、なんとなくの惰性に流れながら忘れてしまうから、頑張ってる自分になることが目的化してしまう。モティベーション高くやってりゃ何とかなると思う。結果が出なくても、自分を慰め誤魔化すから結局もっと疲れることになる。

いいじゃないですか。手段方法なんかコロコロ変えて。もちろん、何も考えない単なる脊髄反射の朝令暮改はただのアホ。真剣に考えて、もっといい方法があるならば、そっちに変えるのが自然なことですよ。

そこは別にクソ真面目にならなくていい。そこは頑固になる必要はない。だって今の時点で結果が出てなきゃ、変えないと何も変わらない。ただ暗闇の中、一寸の光さえ見えない中を必至でペダルを漕ぎ続けるのにも限界がある。

まあ言ってしまえば、頑張りすぎとか言ってる人ってのは、実のところホントの意味で頑張ってないんです。ホントに頑張ってるなら、その力の使い方を考えることも頑張るから。そしてその選択をするはずなんです。

頑張るためのエネルギーをどう使うか。手段方法をどう効率よくして目的地に到達するか。その選択権だって自分にあるんだから。

<参考過去記事>
人生は自分で決められるし、好きなように変えられる。選択の権利を放棄しなければ、潜在意識が幸福を引き寄せる。

自分の今の取り組みが結果を生み出すならいいんです。でも頑張るばかり疲れるばかりで、結果が出ないなら、どうすれば結果が出るか、今の取り組み以外の方法があるとすればどんな方法があるだろうか。そんなことも考えればいいじゃないですか。

頑張るのは当然ですよ。そしてその頑張りを結果に結び付けようという情熱は素晴らしい。でもそのエネルギーの使い方で結果が出ないなら、結果が出る手段方法に変えるべきでしょう。

せっかく頑張っている自分。せっかく成し遂げたいと思える何か。それを求める結果に変換しないと、ホントにもったいってもんですよ(^。^)y-.。o○

■頑張るエネルギーを効率よく使う方法
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://ogawakenji.com/seminar

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事