小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その人の幸福だけを願うと、お互いの心の距離がグッと縮まる。期待した見返りに執着すると、お互いの心の距離がどんどん遠のく。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

その人の幸福だけを願うと、お互いの心の距離がグッと縮まる。期待した見返りに執着すると、お互いの心の距離がどんどん遠のく。

■愛してるのに愛してもらえない一人相撲。

熱烈にアプローチをしても、まるで相手にしてくれない人がいる一方で、なぜだかいつも近くにいる人もいる。

小川健次Blog

それまでは親密な関係だったのに、会わなくなると三日後には忘れてしまう人もいれば、一回一緒に飲んだだけなのに、心から消えない存在になる人もいる。


ホントに人との縁ってのは不思議なもの。それが偶然なのか宇宙大自然の法則なのかはよくわかりませんが、縁があれば結ばれ、縁がなければ結ばれない。結ばれないどころかお互いの記憶にさえ残らない。

偶然か宇宙大自然の法則による必然か、そのどっちであるかという議論は横に置いておいても、お互いの距離が遠ざかるか近づくかについては、おおよそだいたいの原因はある。

それは言うまでもなく、自分の心。あなた自身の心に多くの原因があるんです。

こんなにあなたのことを想っているのに。こんなにあなたに尽くしているし、こんなにあなたのために犠牲を払っているのに。全然理解してもらえない。追っても追っても距離がなかなか縮まらないどころか、なぜだかどんどん遠ざかる。

男女間の問題はもちろんのこと、友人関係、それこそビジネス上でのお客さんとの関係など、相手は違えど同じような経験をしたことのある人は少なくない。

それって結局、相手のことなんか実は見てないんです。見てるのは自分のこと。あんたを愛してんだから、私も同じくらい愛されて当然。君のためにやったんだから、君も俺のためにやって当然。

返して当然。返ってくることを期待してるから、あなたを愛してるし、君に尽くしてる。だから返ってこないと許せない。だからムカつくイラついてくる。そして決裂したときは恨み骨髄。あんちくしょー。

って、どんだけ一人相撲してんですか。自分で勝手に盛り上がって、勝手にムカついて、勝手に落ち込んで泣く。宇宙の法則云々の前に、まず自分の心のありかを考えたほうがいいよ。これマジで。

だって、上っ面ではあなたのため言いながら、実は自分のため。自分が愛され満足したいから愛するし、自分が尽くしてほしいから尽くしているだけ。そこに執着していれば、その空気は相手に伝わるもんですよ。

<参考過去記事>
見返りへの期待と執着を手放せば、心が愛に満たされる。大切な人の笑顔を見られる喜びのためだけに、全力を尽くそう。

逆の立場になってちょっと考えてみればわかること。この人好き好き言ってくるけど、ホントは自分のことが一番好きなだけやんか。この人お前にために尽くしたい言うてるけど、ホントは自分が尽くされたいだけでしょ。

見返りを期待され、それに執着している人に接すれば、要するに言ってるほど私のことなんか思ってないし、それ言いたいだけでしょ。自分が一番可愛いだけでしょ。という雰囲気って伝わってくるじゃないですか。

逆に、ホントに心から私のこと気にかけてくれるのね。そう感じる人のことは気になるし、そういう人と関わりたいとは誰だって思うもの。




■期待への執着心が人の心を遠ざける

過去の付き合いを思い出してみればいくつか思い当たることもあるでしょう。

あの人に好き好き言ってはいたけど、今になって思えば、あれってそう言ってる自分が好きだっただけ。尽くしてはいたけど、応えてもらえることを期待していただけ。ホントに愛していたかというと、ぶっちゃっけそうでもなかった。みたいな。

そりゃ距離が遠ざかるのは当然でしょう。相手にしてみれば愛を注がれてるのではなく、愛を求められているようにしか感じない。うわっ。こいつ面倒くせー。ちょっと離れとこ。となるのはごく自然なことですよ。

思いを込めて相手と接しているはずなのに、どうも距離が縮まらない。これまで近かったはずの相手との距離が、日を追うごとに遠ざかっているように感じる。

だからそんなときは、まずは相手を責める前に、自分の心がどこに向かっているか、自分が期待しているのは何かを冷静に考えてみればいいんです。

ホントに心から相手を祝福し、相手の幸福のみを願っているかどうか。ただ見返りのみを期待し、とにかく自分が満たされたい、自分を満たして欲しいという自分本位な考え方に執着してしまっていないかどうか。

もちろん、単純に相手があなたのこと嫌い、もしくは好きじゃなくなった。他の人に興味が移った。色んな事情で離れざるを得ない。距離を空ける以外の選択肢がない。という自分じゃどうにもならない理由もあるでしょう。

心から愛を注ぎ、その人のために力を尽くし、それでも自分の力の及ばない理由によって、離れて手が届かなくなってしまうのなら、それは縁がなかったということ。泣いて酒飲んで寝ればいいだけですよ。

それはそれでしょうがない。自分じゃどうにもならないことだから。それこそ縁がなかったと割り切って、その人を愛せた自分を褒めてあげればいいじゃないですか。

<参考過去記事>
愛されることより、愛せることに価値がある。愛されなかった自分を責めず、愛することができた自分を褒めよう。

でも、その前に、まず自分の力でどうにかできることについては、自分でどうにかすればいい。原因が自分の心の中のことであれば解決できるし、それを解決できるのも自分以外にいないんです。

本当に大切な相手、本当に距離を近づけたい相手なら、まずはその人の幸福を心から祈れば願えばいいんです。見返りなんかクソ喰らえ。んなもん期待しなくていいんです。そうやって手放すだけでその人との距離は一気に縮まる。

そもそもホントに好きなら、ホントに大切でホントに愛しているのなら、その人が幸福を感じることが幸福に思える。その人に何か返して欲しいなんて思わない。いや、思わないことはないでしょうが、返ってくるかどうかは重要じゃない。

騙されたと思って、何も期待せず、フラットな心、ただその人のためだけを想う心で接してみればいい。たったそれだけですけどね、お互いの距離がグッと近づくことを感じるはずだから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。