小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

執着を手放すと、愛と幸せを引き寄せる理由。ダメな過去を手放せば、未来の幸せが手に入る。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
大阪 2021/12/04(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2022/01/15(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座
福岡 2022/01/22(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

執着を手放すと、愛と幸せを引き寄せる理由。ダメな過去を手放せば、未来の幸せが手に入る。

ダメな過去を手放せば、未来の幸せが手に入る。

誰にだって、生きてりゃいろいろある。とてもじゃないが、乗り越えられられない壁に、ぶつかることはある。理不尽とも思えるような、困難に陥ることだってある。
小川健次Blog
そして、それを乗り越えようと、できる限りの力を尽くしてみたり、大切な人との関係を良くしようと、注げるだけの愛を注いでみたりしても、どうにもならないことはある。

もうね、それはしゃーない。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、どうにもならないのが現実なら、それは受け入れるしかない。

もちろんそれは、力を尽くさないための言い訳や、責任転嫁のための言い逃れってことではない。力を尽くした。やるだけやった。大切な人に、これ以上注げないほどの愛を注いだ。だけど結果がダメだった。なら、それ以上はどうしようもない。

どうしようもないなら、それはもう捨てるしかない。いつまでも執着していても意味がないから、とっとと手放す。だってご縁がないんだもん。手放して、一回あなたの心の中、そして手の中をゼロに戻すことよ。





そうは言っても、せっかくこれまでやってきたことだから。ずっと仲良く過ごせた人だから。そうやって、未練がましく執着していても、結果はそれ以上はどうにもならない

どうにもならないことに執着しているから、どうにかなることもまで、どうにかならなくする。手放さなくてもいいもの、捨てなくてもいいものまで、手放したり、捨てたりしなきゃいけなくなって、ますます傷口を広げることになる。アホか。

どう見たって、ダメなことが見えているのに、どうにか上っ面だけ取り繕ってみたところで、結果は変わらない。ホントなら浅くで済んでた傷が、立ち上がれないくらいの深手になるだけよ。

それが大切な人との、別れにつながることだとしても、もうダメなら、とっとと手放すことよ。別れによる悲しみはあるけれど、それもやがて感謝に変わるものだし。

<参考関連記事>
別れの悲しみを上回る、本当に価値あるもの。今の辛さは、やがては〇〇に変わる。

今はもうダメなんだからしゃあない。ご縁がない。それをどうこうしようとしても、もうどうにもならないことは、あなたもよくわかってるでしょ。

むしろスパッと断ち切って、執着を手放してみたほうが、思考もゼロベースになって、新たな可能性が生まれることだってある。執着してると見えないけども、手放してから気づけるご縁だってある。だから、もういい。ダメはダメで受け入れて、執着を手放せ。

執着を手放すと、愛と幸せを引き寄せる理由。

もうダメだとはわかっていても、今まで力を尽くして積み上げてきたこと、愛を注いでずっと大切に思っていた人。それを捨てる、執着を手放すということは、あなた自身のこれまでを否定するようで、辛くてしんどいという気持ちもわかる。

でもね、積み上げたものがゼロになったって、積み上げた経験は一生残る。あの人を大切に思い、愛せたあなたがいなくなるわけじゃない。あなたのこれまでは無駄じゃない。あなたのこれまでの経験には、大きな価値がある

それを無駄にしないためにも、今どうしたって無駄なことに力を注ぐのは、もうやめたほうがいい。あの人との関係はもうダメ。それを受け入れろ。しゃあないのだから。

いつまでも過去にとらわれないことよ。ダメだとわかった瞬間に、それは過去。そこに執着しているから、目の前にある、拾えるチャンスも見落とすことになる。せっかくのこれまでの経験さえ、使えないものにしてしまう。





大丈夫。ダメなもの捨てれば、その分、あなたの心と両手には、それだけのスペースができるのだから。捨てた分、拾えるようになるし、手放せた分を引き寄せられるようにもなる

つまりは、良い結果を手に入れるために、今ダメなことへの執着を手放すということ。ダメなことに使う力を、新しいことに使ったほうが、より良い結果が手に入る。

やると決めたのなら、力を尽くしてやりきればいい。愛すると決めたなら、注げるだけ愛を注ぎきればいい。それでもダメになることはある。うまくいかない関係もある。なら、そのときはそれを受け入れろ。そしていつまでも執着していないで手放せよ。

だって、今は結果じゃない。今はプロセス。今焦らなくても、はっきりとしたイメージを描けているならば、やがて未来はあなたの望んだとおりになる。理想の恋愛も結婚も引き寄せられる。

<参考関連記事>
失恋しても立ち直りが早いのは、〇〇があるから。執着を手放せる人に共通すること。

執着を手放すと、幸せな恋愛を引き寄せるのには理由がある。いつまでもダメな関係に執着したり、超えられないとわかった壁の前で、立ち止まっていたりしても、何も生まれやしない。時間がだけが過ぎていき、今よりもっと事態は困難になるのだから。

手放すことが、もったいないなんてことはない。ダメなことがわかったのなら、それは過去。あなたにとって大切なのは、過去ではなくて未来。手放した過去への執着の分だけ、愛と幸せが引き寄せられるってもんよ(^。^)y-.。o○

執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。