小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

わだかまりだと思ってるのはあなただけ。心配しなくて大丈夫。些細なすれ違いにこだわらなければ、あの人との関係はもっと楽しくなる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

わだかまりだと思ってるのはあなただけ。心配しなくて大丈夫。些細なすれ違いにこだわらなければ、あの人との関係はもっと楽しくなる。

■わだかまりだと思っているのはあなただけ。

世の中にはホントに色んな人がいるもんです。というより、自分以外の人はみんな違う人。だからこそ人と関わるということは、コトの大小に関わらず、衝突なり小競り合いなりのゴタゴタがあるもの。

小川健次Blog

もちろん、不要な火種は早めに消したほうがいいし、ややこしい話しでも、力を尽くして円満解決しなきゃいけないこともあるでしょう。

とはいえ、実際のところは、あなたが他人との関係で火種だと思っていることや、それこそわだかまりだと感じていることのほとんどは、それほど気にしなくてもいいことだったりするものですよ。放っておいても差し当たって大した問題でもないことばかり。

さすがに、その全てと言いませんがね。そりゃ時と場合、それこそ相手にもよりますよ。気にしなきゃいけないこともあるし、放っておいちゃいけないことは確かにある。

だとしても、ホントのホントはどれも大したことないことばかり。あの人との関係がこじれそうだ。気分を悪くさせたかも。変な人だと思われた。こりゃ大変だと慌てているのはあなただけ。

些細な行き違い。些細な誤解。ちょっとしたミスや失敗。それを拡大解釈して、勝手に妄想膨らませて不安を募らせる。あの人にこう思われる。あの人に嫌われる。あの人との関係はこれで終わり。もう修復できない。って、脳内だけで勝手にどんどん話しが大きくなる。

そしてビビッて声かけられなくなる。距離を遠ざける。気まずくて話ししずらくなる。挙句の果てには勝手に自分でそうしているくせに、遠ざかられた、話しがギクシャクする。と気落ちして凹む始末。なんなんですかその一人相撲は。

気にしなきゃ誰も気にしないようなこと。軽くスルーしておけばどうでもないようなことを、わざわざ自分で注目して取り上げる。それをネタに勝手に妄想膨らませる。火種なんか無かったのに、自分でライターで火つけてるんです。

人と人とが関わってれば、多かれ少なかれ何かしらのすれ違い勘違いはある。ゴタゴタめいたものもある。でもそんなのは当たり前。そのいちいちをピックアップして、それで大騒ぎしてたらそりゃ疲れますわ。

だいたいね、他人なんてあなたが思っているほど、細かいことは気にしちゃいない。あなたがわだかまりだと思っていたり、ゴタゴタだと思っていたりすることを、これっぽちも気にしちゃいないんです。そこでの不安や心配なんてそのほとんどは杞憂ですよ。

<参考過去記事>
どうせあなたのことは、誰も見てないし気にしてないから大丈夫。他人の目を気にせずに、やりたいことをやり言いたいことを言おう。

華麗にスルーで大丈夫。ホントにわだかまりや、ゴタゴタなら目に見えてわかるから。そうじゃないのに無用な心配をしたところで、その心の状態がホントにわだかまりやゴタゴタの原因になるだけ。

小さな喧嘩やいさかいレベルのことだって、相手もどうせ覚えてませんよ。自分一人がそれで不安を募らせ心配になっても、エネルギーの無駄使い。むしろスルーしてしまえばギクシャクすることもない。余計な気を回しすぎて、問題が無駄に膨れ上がることもない。

■火のないところに火をつけるからややこしくなる。

そもそも火種にすらなっていないようなことを、わざわざ自分で火を大きくする必要なんてないんです。自分で火つけて、うちわで煽って火を大きくし、気づいたら自分だけが火だるま。アホでしょ。

それでもスルーできない。やっぱり気になる。不安が消えない。今夜は一升瓶抱えてないと心配で眠れなくなりそうだ。そこまで気になってしょうがないなら、変に妄想が大きくなる前に対処すればいいだけ。心の奥底でくすぶり始めた火が大きくなる前に消化活動。

要するにね、ちゃんと相手に確認すればいいんです。自分はこの件についてこう思うが、気分を悪くしていないか。自分のあの発言はこういうことだが、伝わっているだろうか。そこで何か誤解やトラブルの種がないか確認する。その上で必要があれば詫びたっていい。

聞かれた相手にしてみりゃ、は?何のこった?と思うでしょう。だって最初から何も気にしてないんだもん。でもいいんです。それであなたが納得できれば。それですっきりできれば余計な心配に、心奪われることもなくなる。

可能な限り早く。できれば「あれっ」と感じたときに確認することですよ。そこで放置して時間が経つと、不安と心配をエネルギーにして妄想がどんどん膨らんでいく。そして心がギクシャクしだして、確認するタイミングも逸したまま、ホントは理由なんか何もないのに、関係が終わる。

いずれにしても、心の中のモヤモヤ感やひっかかりは無くすこと。気にしないのが一番ですよ、ちょっとくらいは気にしても忘れてしまえばそれでいい。そうじゃなきゃ速やかな消化活動ですよ。とにかくあれやこれやの妄想が、大きくなる前に対応すればいいんです。

何よりは、その人を信じることですよ。そんな些細なことを気にしてピーピー騒ぎ立てる相手じゃない。小さな誤解を気にするようなこともない。同時に自分自身を信じる。そんな些細はことを気にされるような、半端な付き合いしてないと。自分はその人に、信じるに足ると思われているんだと。

わだかまりなんかないんです。あなたが気にするほど相手は気にしてない。

そもそも日頃の会話により信頼関係の積み重ね。それができていれば些細な喧嘩やいさかいなんて、何ら気にすることなんかないってことでしょう。

<参考過去記事>
言いたいことを言っても、聞きたいことを聞いても大丈夫。言葉のやりとりを積み重ねた分だけ、信頼が積み重なる。

仮にホントにわだかまりや衝突、それこそ喧嘩めいたことがあったところで、それで消えて無くなる関係だったら、その程度の関係だったってことですしね。

もし今、ちょっとわだかまりがあって話しずらい。声かけずらい。そう思う人がいるなら、試しに今日普通に声かけてみたらどうですか。あなたがあんなに気にしてたのがバカバカしいと思うくらい、相手はそのこと気にしてないから。心配してたの自分だけってわかるから。

不安や心配を抱えて人と付き合うのも疲れますしね。そういうのは華麗にスルーできれば、人との付き合いがもっと楽しくなるってものなでしょう(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。