小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

しんどくて苦しいときは、人に頼ること。甘えられる勇気が、支えてくれる人を引き寄せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

しんどくて苦しいときは、人に頼ること。甘えられる勇気が、支えてくれる人を引き寄せる。

しんどくて苦しいときは、人に頼ること。

ハタから見てりゃ、楽そうに生きてる人だって、何か背負っているものがある。何の苦労も知らなそうな顔してる人も、実は多くの艱難に耐え忍んでいることだってある。
小川健次Blog
何も背負ってない人なんかいやしない。他人が見ればそう見えるだけ。隣の芝生は青く見える。皆、心の奥底にグッとしまい込んでいる何かがある。

もちろん、言うまでもなく辛くて苦しいことばっかじゃない。楽しいこともあれば、心躍るようなワクワクすること、魂を揺さぶられるような熱い想いがこみ上げること。いいこともたくさんりますよ。いろいろあっていろいろいい。

とはいえ、苦しいこと、辛いことも度が過ぎれば、耐えられなくなる。あまり長期間に渡るようであれば、それこそポキっと耳をつんざくような大きな音をたてて、折れてしまうこともあるかもしれない。

それでも、僕が毎朝無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを読んだり、YouTubeの動画を観たりして、ギリギリ何とか耐え忍べば、やがては苦しいことも辛いことも、忘れたように勝手にどっか行ってくれることもある。

朝の来ない夜はないし、止まない雨は降らない。耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び続ければ、いずれ心躍る毎日が訪れる。

誰だって、他人の目もあるし、周囲に迷惑かけたくもないんです。自分のプライドが許さないこともある。理由はいろいろ。他人から見たら余裕そうで豊かそう。でもホントは苦しくてしんどい。ホントは全部投げ出してしまいたい。それ吐き出すこともできずに、ただただ耐える。

はいはい。うん立派ですよ。それ立派。でもね、ホントに立派なのは、それを最後まで耐えきったときだけですよ。





今耐えることができてても、どっかで耐えきれなくなって、心が折れてしまったらどうすんの。損害被るのがあなた一人なら、そりゃ自己責任であなたの自由。でもね、あなたの心が折れることで、周囲の人が余計なとばっちりを食らうこともある。損害被ることも少なくない。

あなたを大切に思っているや、あなたを気にかけている人、あなたを支えている人。その人達にも、あなたの心が突然ポキっと折れれば、そのおかげで余計な心配、余計なストレス、それこそ手間や負担をかけることになる。

具合悪いのに、大丈夫だからと言いながら会社きて、その後一週間入院して仕事の穴開けられたら、仲間はもちろん取引先や客先だって飛ばっちり。おまけに伝染されでもしたら、大迷惑もはなはだしい。

何で最初っから無理しないで、一日休まなかったんだ、マジふざけんな。そう怒られて、むしろあなたの信用ガタ落ちするだけ。

だったら、そうなるより前に、心が折れてしまう前に、もうダメだとなる前に、あなたの身近な誰かや、あなたの大切な誰かに相談すればいい。助けてくれと言えばいい。支えて欲しいと言えばいいんです。

大丈夫ですよ。あなたが苦しくてしんどくて困ってる。力をさんざん尽くし切ったけどもう耐えられない。そんなときにあなたを助けてくれる人はいるから。

<参考関連記事>
本当に困ってるときだから、大切にすべき人を見極められる。助けてくれる人を大切にしよう。

できることに力を尽くし、耐えられる限界まで耐え、ホントに何とかしようとしている人を、スルーする人なんてそうそういない。それが身近な人であればなおさらですよ。そこまでやってた人が助けを求めてる。だったら力になろうと思ってくれる。

あなただって逆の立場ならそう思うでしょ。そこまで必死になってる、そこまで力を尽くしていて、かつ大変な思いをしているなら、何か力になれることはないだろうかと考えるでしょ。

甘えられる勇気が、支えてくれる人を引き寄せる。

もちろん、助けてくれる、力を貸してくれるとはいえ、できる協力もあれば、できない協力だってありますよ。目指す目標が異なれば、価値観を共有することだってできないかもしれない。そもそも当事者でない以上、その苦しみを理解することができないかもしれない。

でもね、できることの範囲で力になろうとしてくれる。その気持ちだけでも、あなたの心の支えになるでしょ。相談することで問題解決のアイディアが生まれることもあるかもしれない。何より、あなたが辛い状態にあることを知ってもらえる。それによって、その人も対策を考えられる。

相談したり、助けを求めたりすれば、迷惑かけるんじゃないか。心配かけるんじゃないか。そんな心配するよりも、ある日突然心がポキっといったときの心配したほうがいい。そっちの方がよっぽど迷惑だっつーの。これマジで。

だいたいね、人の辛さやしんどさなんて言わなきゃわかりませんよ。みんな忙しいんだから。四六時中あなたを監視しているワケじゃないんだそ、ちゃんと伝えなければわからない。

一人で黙って耐えて苦しんで、ピーピー泣きながら、私のことなんか皆全然わかってくれない。見てくれてない。なんてわめいたところで、こいつ何言ってんだ。ウザいヤツだ。で終わりですよ。だって言われなきゃわからないんだもん。そこまで見ているほど余裕ないんだもん。





おまけに、そうやって自分の中でだけ思い詰めてるときってのは、だいたい思考も否定的。物事を素直に見れなくなるし、何かにつけて他人につっかかりやすくなる。

私がこんなに苦しんでるのに、あの人は全然助けてくれようとしてくれない。ホントは私のことなんか興味が無いんだ。私は必要とされてないんだ。なんだかオラすっげームカムカしてきたぞー。やっぱ悪いのはあいつにちげーねー。

という、なんだか意味不明の理不尽極まるヒステリーの大爆発。結果的に身近な人たちは遠ざかり、自分も苦しみから解放されるどころか、苦しみ倍増の完全独り相撲。まさに弱り目にたたり目。

繰り返し言いますがね、ホントに苦しいなら、素直に相談すればいい。助けを求めればいい。それで相手は迷惑だとは思わない。仮に迷惑だとは思っても、後でもっと大きな迷惑被るくらいなら、今力になっといたほうがマシなんです。

誰だって知ってる人間がホントに困っているならば、助けてくれますよ。もちろん、力になれることはなってくれるけど、無理なことは無理だから。そこはみんな大人なんだから、できる範囲でのことですよ。だから求められても迷惑だとはそう思わない。

だから気にせず助けを求めていい。言わなきゃわかってもらえないし、言ってもらえないと力になりようがない。大切な人だから迷惑かけたくない。いや、違うでしょ、大切な人だから今以上に迷惑かけることになる前に、ちゃんと相談して助けてもらいなさいよ。

そりゃね、自分じゃ何もしない。ただ責任を放棄して、他人に依存するような人は誰も助けてはくれないでしょう。そんな甘ちゃんならケツを蹴飛ばされるのがオチですよ。

その一方で、力の限りを尽くした結果、苦しくてしんどい状況に陥ったのなら、助けてくれる人は必ずいる。あなたが助けを求めれば、助けてくれる人を引き寄せる。

<参考関連記事>
引き寄せの法則は、〇〇するから働き出す。幸せも愛する人も、引き寄せる。

しんどいときや、苦しいときは、人に頼っていい。あなたを支えてくれる人はいる。あなたを愛してくれる人もいる。しんどくて苦しくて、耐えられそうになければ、一人で抱え込まなくていい。甘えられる勇気を持てれば、支えてくれる人を引き寄せる。

あなたの心が折れると、他の誰かの心が折られることにだってなる。あなたが一人で抱え込んでも、皆にとっての爆弾になるだけ。頼れるってことは、その人への愛や信頼を示すことでもあるってことですわな(^。^)y-.。o○

抱え込まずにいれば、今と未来は明るくなる。
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。