小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

誤解をされずに、想いを正しく伝える方法。愛ある気遣いが、お互いの心の距離を近づける。

人気記事一覧

LINEアカウント変更のお知らせ

小川健次LINEアカウントは、以下のLINE@アカウントへと移動いたします。
以下のロゴをタップして新しく開設したLINE@アカウントへご登録ください。(旧アカウントでのお問い合わせ受付、タイムラインの更新は順次止めていきます)
LINE読者限定キャンペーン実施中10/18まで
友だち追加
@ogawakenji

誤解をされずに、想いを正しく伝える方法。愛ある気遣いが、お互いの心の距離を近づける。

■言葉の価値観は人それぞれ違うもの

同じ言葉、同じ単語を発したとしても、発話者と聞き手の気分や、その場そのときその状況に応じて、その言葉に対する意味付けと解釈は違うもの。

小川健次Blog

アホか。と言ってもお互いた許せる関係や、そういう状況である場合はある。逆に、アホか。と言ったおかげで、一生後悔するハメになることだってあるでしょう。

日頃は信頼関係ができてる相手とだって、その場の気分や状況次第で、思わぬ一言で大炎上することもあるでしょう。その一方で、まったく見知らぬ初対面の人同士でも、ノリで言い放った言葉で、大盛り上がりすることだってあるんです。

お互いの距離感や、信頼関係の深さに関係なく、人と人が言葉でやりとをする以上、そこに思わぬ誤解が生じることなんてのは、ありますよ。僕の小川健次メールマガジンだって、いろいろ誤解を受けることはよくありますよ。ええ。いろいろな意味で。

そりゃね、誰だって誤解をされるのはイヤでしょう。でもやっぱり誤解を起こる。言葉を発する人も、聞く人も、ちゃんと誠実に向き合っていたって誤解は起こる。だって、そもそもの言葉の解釈が違うんだし。お互いの気分も違うんだもん。ズレるのはしょうがない。

どんなに丁寧に一つ一つ言葉を選び、相手と向き合って、その人の心に届くに話しても、その場そのときその状況で、あなたと相手の気分次第で、同じ言葉でもあなたの意図と、違った意図で解釈されてしまうことはあるんです。

当たり前ですけど、お互い悪意なんてあるワケない。むしろ誠実。別に言葉の使い方が間違っているなんてこともない。

言ってみりゃ誤解なんです。文字通り誤解ですよ。不可抗力の事故みたいなもんで、どちらが悪いわけでもない。むしろ双方が誠実であっても起こりうる事故なんです。

人と人とが言葉を介してやりとりする以上、その手の事故の一つや二つは起こるんです。そりゃ事故はないほうがいい。でも起こるんです。だから事故なんです。言葉の解釈や意味づけ、そして言葉一つ一つに対する価値観は一人一人皆違う以上はしょうがない。

だからと言って、事故が起きた、誤解をされた、そんなことで、いちいち慌てないことですよ。そこで慌てて余計なこと言っても、事態を悪化させるだけだから。

<参考関連記事>
誤解されても、それを解くのに慌てなくても大丈夫。焦って余計なこと言うと、ますます話しがこじれる。

まあ、誤解をされたとしてもね、雨降って地固まるってこともあるでしょう。むしろ誤解がきっかけになって、グチャグチャになったことで、最終的にはお互いの信頼が、ますます深まるなんてこともあるでしょう。結果オーライってこともありますし。

だとしてもね、もうあと一歩考えを深めていさえすれば、防げたはずのことまで誤解されるのはバカバカしい。そこで必要もないのに、心に波風立てるっての苦しいだけで、誰も得しませんよ。それこそ、そんなことで使う時間とエネルギーが無駄。

■大切な相手だからこそ、その人の立場を気遣おう

繰り返し言いますが、誤解や行き違いを、完全にゼロにさせるのは無理。人と人との関係である以上は、不可抗力の事故もある。

だとしても、あなたのほんの少しの気遣い、あなたが相手に対して、いつもよりプラスアルファ愛を付加するだけで、ある程度は防くことはできる。それにね、もし誤解という事故に遭遇しても、適切な対応次第で、大惨事になる前に事態を収束させられる。

それはとてもカンタンなこと。いつでもできる。今からでもできる。誰にでもできること。いや、カンタンすぎるから、むしろ面倒くさがってやらないのか。

あなた相手の立場になって、相手の想いをイメージしながら、相手の想いに応えることを優先させて、言葉を発すればいいんです。

あなただったら、それ言われてどう思うか。あなただったら、どういう言い方、どういう言葉の選び方で伝えられ場。それが腑に落ちるかどうか。あなたが何を言いたいか、どんな伝え方をしたいかではなく、まず相手の立場にたって考えるということ。

ほんの数秒でもいいですよ。そうやって相手の立場に想いを馳せてみる。あなた自身をあてはめてみる。すると何となくわかるじゃないですか。こういう言い方しないと伝わらないよな。こういう順序で話さないと、正しく伝わらないだろうし誤解されるよな。

その上で相手に合わせて言葉の選択を変える。言い方の順序を変える。必要に応じて繰り返して、丁寧に話すんです。ちゃんと相手が理解してくれるまで。

そのプロセスをすっ飛ばして、私は言ったから。メール送ったから。LINEしたから。あとは知らない。私は伝えた。私は言った。私は悪くない。言うというミッションは果たした。あとはあなたの責任。ってやるから、無駄に誤解を招くことになる。

結局は自分のことしか考えてないってことでしょう。確かに言葉としては発した。でも相手の立場になってない。だから言葉が音として相手の耳には届いていれも、想いがまったく届いてないん。それじゃ話がこじれるのも当たり前でしょう。

そのくせに、相手が何を思い、何を考えているのかを、丁寧に説明することを求める。自分は適当だけど、相手には丁寧に。いや、だからそれじゃうまくいかないでしょ。

<参考過去記事>
彼の気持ちを、今すぐ知るための簡単な方法。憶測で決めつけて不安になる前に、お互いの気持ちを確認しよう。

そもそも、ホントに相手を大切に想っているなら、その相手の立場で考えるもんですよ。だから、自分の言葉が伝わっていなければ、あれ? と違和感を感じるはずでしょ。それもスルーしてしまうようなら、ホントに相手のことを思っているとは言えないでしょ。

カンタンなこと。些細なことですよ。ホントにその人を大切に思うなら、愛があるなら、当然の気遣い。自分本位で自分の言いたいことだけ言うから、想いが届かず誤解になるんです。まずは、相手の立場で言葉を発してみることですよ。驚くほど想いが伝わるから(^。^)y-.。o○

【想いを他人に正しく伝える方法】

9月16日(土)

↑↑ 人に愛され心の距離を近づける、話し方、伝え方 ↑↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。