小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あの人のために言ってるのに、なぜかウザいと思われる理由。力になれることを示せば、愛が深まる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 ↑


特別セミナー
小川健次
↑ 10月大阪 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

あの人のために言ってるのに、なぜかウザいと思われる理由。力になれることを示せば、愛が深まる。

指摘ばっかりする人はウザがられる

四六時中ポジティブな人なんていないし、四六時中ネガティブな人もいる。あの人の好きな一面もあれば、あの人の嫌いな一面だってある。
小川健次Blog
人には誰しも多面性がある。あなたにもあるし僕にもある。もちろん、あなたの大切なあの人にだっていろいろな顔がある。

職場でのあなたの顔と、自宅でのあなたの顔、大切な人の前でのあなたの顔が違うように、取引先の前での上司の顔と、あなたの前での上司の顔も違うでしょ。

毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージでの僕の眉毛の太さと、実際の僕の眉毛の太さだって、ん、あ、これは同じか。

まあ、人にも自分にも多面性がある。そんなことは皆わかってる。そして、その多面性の中でも、自分にとって足りない一面や、弱い一面なんてのも皆おおよそわかっている。自分のことだもん。

結構そういうことって皆気にしてる。あなたにだって、弱みとして自覚しつつも、気にしていること。それこそ根深いコンプレックスとして、心の中でずっとモヤモヤを抱えていること、その心当たりの一つや二つくらいはあるでしょう。

そうやって気にしていること、自分で弱みだとわかっていることを、他人からワケ知り顔で、エラソーにあれやこれやと指摘されれば、あなただってイラつくでしょ。

うるせー馬鹿。そんなことは言われなくてもわかってる。それができなくて困ってる。そう不快になるじゃないですか。お前に何がわかるんだ。何もわかってないくせに。私は私で大変なのよ。鬱陶しいからあっち行け。と思うのが自然な心の動きででしょう。

おまけにウザいのは、そういう指摘をする人に限って、これっぽっちも悪意がないこと。悪意どころか善意だったりするから、なおタチが悪い。あなたのために言ってあげてる。教えてあげてる。あなたのあれがダメ。これがダメ。ほらほら、あなたはだからダメなのよ。

いくら善意とはいえ、やられるほうはたまらない。しかも善意だから、それが正しいことだと思っているから、グイグイ押し付けでくるから、なおウザい。

ある意味では、依存でもある。それを言いたい指摘したい。言っても指摘しても、許してくれるだろう、甘えさせてくれるだろう。そんな思いも見え隠れ。だから、ウザがられるし、面倒くさい女とも思われる。

<参考過去記事>
面倒くさいと思われるのには、理由がある。お互いが心地良い関係でいるために、大切なこと。

もちろん、お互いの関係性をより良くするためには、どうしても言わなきゃいけないことだってある。でもそれなら、単に指摘されるだけよりも、お互いで建設的に、改善してくための方法について話すべき。

一方が一方に、ただあれこれ指摘するのは不毛ですよ。言われる方は、とっくの昔に自分でも分かってる。だけど改善できずにいる。なのにあれこれ言われりゃ、イライラ募る。やがてどっかで爆発。ウザい女と思われて、さよならされるのがオチですよ。

一方的に責めるのではなく、支え合う

あなたも、身近な人や大切な誰かに対して、親しいから、その人を思うから。そんな善意で、あれこれ指摘することあるでしょう。

それが、単に言いたいだけ、指摘したいだけの言いっ放しだと、スルーされるか、イラつかれて終わってしまうだけ。あの人の悪いコトを指摘して、自分が溜飲下げたいだけ。あの人のためじゃなくて、自分のため。

あんたの給料が安いから。あんたが家にいないから。って、そんなことは彼だってよくわかってますよ。それ気にしてるし考えてるから。なのに、それを、あなたにチクチクやられりゃ、疲れるだけでしょ。だから気づいたときには、他の女のとこに走られるんです。

ならば、あなたがすべきことは、あの人の弱点を指摘することじゃないでしょ。それをチクチクやったところで、誰も幸せにならないんです。

あの人の弱点をどう自分がフォローできるのか。あの人の足りないところを、自分はどうすれば補えるのか。どうすれば、その問題を一緒に解決していけるのか。それを考えること。そしてそれを話し合おうとすることでしょう。

フォーカスすべきは、あの人の弱さや足りなさではなく、あなたの力をどう発揮すれば、あの人の力になれるか。そっちなんです。

そもそも、完全無欠の人などいないんです。誰にだって強さもあれば、弱さもある。あの人に強さと弱さがあるように、あなたにも強さと弱さがある。

そこで、お互いの足りないところについて、あれこれ指摘し合っても何も生まれない。お互いイライラ募るだけ。ならばお互いの足りないところを、お互いができることで補い合おうとすることでしょう。その関係こそが、信頼の絆が強い関係というもの。

あの人の悪いところについて考えたり、それを本人に指摘したくなったら、ちょっと考えてみる。それを補うために自分はどうすればいいのだろうか。

いつもあなたが、あの人に支えを求めるように、期待するように、あなたはどうやったら、あの人の支えになれるかを考えるんです。あの人のことはあの人自身でしか解決できない。依存するのではなく、寄り添うことですよ。だから愛と信頼が深まる。

<参考過去記事>
依存体質から抜け出すために、あなたがすべきこと。依存をやめて、寄り添えば愛と信頼が深まる。

他人のあれこれ指摘して、その人を変えようとしたり、その人の弱点が、あなたの問題の原因であるかのような責任転嫁をしても、得るものなんか何もない。むしろ失うものばかり。あの人からの愛どころか、ウザい女のレッテル貼られてさようなら。

まずはあなたの視点を変えることです。あの人の問題点をどうこう言うより、あなたがその人をどう助けられるかを考える。あなたがそう接すれば、相手もあなたにそう接してくれる。だからお互いで支え合える。愛ある関係になれるってことですわ(^。^)y-.。o○

不安と妄想を手放して、理想のパートナーとのご縁を引き寄せる
↓ ↓
東京/大阪/名古屋
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。