小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

思いが届かず、すれ違いになるのには理由がある。大切な人との心の距離は、あなたが決めている。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
大阪 2021/12/04(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2022/01/15(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座
福岡 2022/01/22(土)目標設定と達成のための、マインド設定講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

思いが届かず、すれ違いになるのには理由がある。大切な人との心の距離は、あなたが決めている。

誰だって認めてくれる人に話したい

何を言っても否定する。いちいちネガティブな論評を加える。それどころか、こちらの性格や考え方、生き方にまで難癖つけてくる。
小川健次Blog
そういう人に、心を許して素直な自分をさらけだし、想いを伝えられるかと言えば、そんなことはないでしょう。そんな人とは話しすることさえ躊躇する。

コミュニケーションの基本なんでしょうがね、どんな相手とだって、まずはお互いが基本的なところで認め合い、受け容れ合わないかぎりは、真正面から向き合うことなんてできないでしょう。それこそ本気でぶつかることなんかは、到底無理ってもんです。

返ってくるのは常に否定。ああでもないこうでもないと人格攻撃。それを言葉にするかどうかに関係なく、そんな態度や雰囲気を醸し出しているのも同じこと。そんな人とは話していたくないし、話すにしても、一瞬でも早く席を離れたくなる。

だってそんな人と話してたところで気分悪くなるだけ。信用するしない以前に、話しをする気にだってならないもん。

いやまあ、僕の小川健次メールマガジンLINEのメッセージも、ちょっと感じ悪いねえ、とは言われることもあるが、まあそれはそれで、そういうキャラなのでしょうがない。

でもね、ますは認めて受け入れてくれる。批判するにしても、前向きなアイデアとして言ってくれる。反論であっても、人格への攻撃ではなく、あくまでも理を通して建設的にしてくれる。そういう人であれば、逆にいろいろ話したくなる。聞いてもらいたくなる。

あ、この人は、私という人間を認めてくれとるんや。この人は私をリスペクトしてくれとるんや。そう思えるから安心して話せる。自分の身を委ねてみようと思える。その人を好きかどうかより前に、まず人として認められるようになる。

人は誰だって誰かに認められたい。自分自身の価値を感じたい。だからこそ、その潜在的な想いを実現してくれる人には近づきたいと思うのも。逆に言えば、存在を認めてくれない。価値を感じさせてくれない人には近づきたくないし、関わり合いたいとは思わない。

そういう相手の想いをスルーして、ただ自分のことを満たすことだけ優先し、一方的に自分の意見を押し付けて、相手の意見を否定する、そりゃ嫌がられますよ。嫌がられるより前に、遠ざけられる。気づいたときにはLINEブロックされるハメになる。

<参考関連記事>
愛される人が、相手に示していること。避けられる人が、やっていること。

あの人とあなたは違うし、僕とあなたも違うでしょ。生き方や考え方、世界観や価値観も違って当たり前。それを否定する人はもちろんのこと、受け入れてくれない人とは、関わりたくない、距離をおきたいと思うのは、自然なことですよ。

もちろん違うのは違うでいい。でもそれを尊重してくれる。違ったことを理解した上で、認めて受け入れてくれる人とは関わりたいと思うし、その人とは心オープンに、盃を酌み交わしたいとさえ思えるじゃないですか。

笑顔が笑顔を引き寄せる

あなた自身の立場で考えてみればいいんです。あなたの考え方、あなたの意見、そしてあなたの人間性や世界観を認めてもらって、それでムカついてキレそうになることってないでしょ。こんなヤツと話しとうないわ、と言って、席を立つことだってないでしょ。

むしろ安心できる。むしろいろいろ話したくなる。あなたの言葉、あなたの態度を通じて、まずあなたという人を理解して認めてくれようとする人、あなたの意見の賛否は別に、まずはしっかりと聞いてもらえたら、もっと話したくなるでしょ。

往々にして、人からの信頼が厚い人、力を貸してくれる仲間が周囲に集まる人ってのは、人を否定しないもんですよ。そりゃ人としての好き嫌いはあるでしょう。それにしてもます相手を認める。その人の言葉に真剣に耳を傾ける。相手を尊重する。

人は自分を認めて受け入れてくれるから、その人を認めらて受け容れたくなる。人を否定すれば、人に否定されるんです。他人は自分の心の鏡。

ならば、あなたがすべきことは、まずあなたの目の前にいるその人を、認めて受け入れることですよ。意見の違い、考え方の違い、性格の違いもあるでしょう。でもその人は何かをあなたに伝えたい。その想いを真正面から認めて受け入れる。

そこで勝手に決めつけない。否定しない。この人はこういう人だから。この人の意見は私と違うから。いいじゃないですか。それでも、まずはあなたに何かを言おうとしてくれている、その人の想いに応えましょうよ。それを一回認めて受け入れましょうよ。

恋人同士や夫婦間。上司部下や同僚でもそうですよ。付き合いが長くなったり、距離が近くなったりすると、心のどっかで相手を決めつける。この人はこうだから。この人の意見は違うから。だから相手もあなたに何も言えなくなる。言う気がなくなる。

そして生まれるすれ違い。最初は数ミリのすれ違いが、チリも積もって数100Km級のすれ違い。ある日家に帰ると、テーブルの上に緑色の紙が置かれていることになる。

まあ、それも試練なのかもしれませんけどね。その試練を乗り越えれば、お互いの絆はもっと深まることにもなるでしょう。とはいえ、日常のコミュニケーションにおける些細な気遣い一つしておけば、そもそも試練に遭遇しないでいいことだってあるんです。

<参考過去記事>
ご縁を切るから、幸せになれる関係はある。別れても、お互いが必要なときにまた結ばれる。

大切な人はもちろん、関わる人とは、ちゃんと正面から向き合って、真摯にその人の言葉に耳を傾ける。想いを受け容れるんです。その人を認める。あなたが受け容れていること、認めていることを示すんです。だから相手もあなたを受け容れてくれる。

難しいことじゃない。否定や批判をしないこと。笑顔でその人を真正面から向き合うこと。意見の相違は、まず受け入れてから理をもって話せばいいこと。そんな相手への思いやりをあなたが抱くだけで、お互いの愛と信頼はもっと深まりますから(^。^)y-.。o○

(^。^)y-.。o○

他人を受け入れる心の余裕をつくる、1日セッション
↓ ↓
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。