小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自己肯定感を高めると、愛される。自分を受け入れると、大切な人に大切にされる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

自己肯定感を高めると、愛される。自分を受け入れると、大切な人に大切にされる。

自己肯定感を高めると、愛される。

あなたが日頃関わる人達、あなたが出会う人達には、細かいところでは多少の個人差はあるにせよ、おおよそ共通するものがある。
小川健次Blog
あなたに対しての接し方にしても、立場や状況によっての違いはあるにせよ、だいたいの点で、皆共通しているものがある。

接してもらい方がだいたい同じ、扱われ方に大差がない。いつでもどこでも、他人からの扱われ方、他人との付き合い方のパターンが一緒。そりゃあなたが、他人からそう扱われるようにしてるから。決めてるのは他人じゃなくてあなただから

僕が毎朝無料で配信している僕が毎朝配信で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では、いつも言っているように、他人はあなたの心の鏡。あなたの心の状態が他人の態度に現れる

他人があなたとどう扱うか、あなたにどう接してくるか、それを決めてるのは、接してくるその人じゃなくてあなた。あなたという人の価値を高く見積もられるか、低く見積もられるかを決めるのも、それは他人じゃなくてあなた自身。

あなたが自分の価値を高く見積もれば、他人からの評価は高いものになる。あなたが、自分の価値を低く見積もっているならば、他人からの評価は低くなる。





自分を高く見積もると言っても、それは、自分を偽って大きく見せようとすることじゃない。本当のあなたの姿を覆い隠して、すぐに剥がれる仮面を被ったり、ハリボテの演技をしようということでもない。

自分という人間を、あなた自身がちゃんと把握していること。強さも弱さも、長所も短所もわかった上で、あなた自身の強みと長所に対して、自信と誇りを持てるということ。弱さや短所も含めた、総合的な評価としての自分を好きでいられるということ

他人があなたをどう思うかは、あなたの心の状態によって決まる。あなたが自分をどう思っているか。自分で自分をリスペクトしているか、自分で自分を軽く扱っているか。その違いが他人のあなたへの接し方の違いになる。

自分に自信を持ち、自分を愛することができれば、他人はあなたを見下したり、あなたに尊大な態度を取ったりすることはない。他人はあなたに敬意を持って接してくれる。大切な人は、あなたを大切にしてくれる。

<参考関連記事>
自分を愛すると、愛する人から愛される。自分を受け入れると、自己肯定感が高まる。

ただいたずらに、自分を卑下し、不必要に相手に嫌われないように、ご機嫌取るような心構えでいれば、それは言葉や振る舞いに現れる。だから相手も、あなたをそういう扱いをしていい人だと思う。安っぽく扱って問題ないやつなんだと思われる。

自己肯定感を高く持つことよ。あなたがあなたという人間をどうイメージするか。評価高くイメージするか、評価低くイメージするか。そのイメージに従ってあなたのポジションが決まる。人間は自分が考えたとおりの人間になる。

自分を受け入れると、大切な人に大切にされる。

あなたが自分で自分をどうイメージするか。そこに制限はない。イメージは自由。相場も決まりもないん。他人があなたに何を言うかも関係ない。自分が好きな自分をイメージできれば、自己肯定感も高まる。

誰だって多かれ少なかれ、自分で自分に自信を持てる何かがある。コトの大小は関係ない。あなたがそう思えることに自信を持てばいい。自分の評価できるところを、ちゃんと自分で評価してあげればいい。それで損することはない。

もちろん、その逆に、ちょっと人には言えない恥ずかしい自分もいる。他人と比べて劣等感を感じたりすることだってある。思い出したくもない屈辱的な失敗経験、あれやこれやの黒歴史というやつだってある。あなたにもあるでしょうし、僕にもある。

でもね、そんなとこに目を向けたところ得るものない。それ気にして、だから自分はダメなんだ。そんなこと言ってたら世の中ダメ人間ばかりになる。

さらに、弱い自分のことばっかりを気にしていると、何とかそれを隠そうとして、嘘と偽りで覆い尽くされた自分になる。他人はそんなこと気にしちゃいないのに、自分で勝手にそれ気にして自分を取り繕う。結果ますます自己肯定感が下がる





自分の発する言葉や、自分の行動に自信を持てない人の言葉を、誰も真に受けようとなんて思わない。だって想いが伝わってこないもん。聞かなくてもいいんだと思われて終わり。だから軽くあしらわれる。接し方も適当にされる。

人にはマイナスな要素もある。でも同時にプラスな要素もある。それを忘れず、プラスな自分に注目すればいい。その上でプラスな自分とマイナスな自分、ぜんぶひっくるめた自分を好きになる。すると不思議と自分に自信を持てるようになる。自己肯定感が高まる。

年齢がどうの。容姿がどうの。生まれや育ち、経歴や学歴がどうの。そんなのは、あなたの自己肯定感の高低を決める上では、要素の一つになるとはいえ、核心じゃない。重要事項じゃない。

良いも悪いもすべての自分を受け入れる。その上で、ポジティブなパーソナリティに目を向ける。そして、あなた自身の選択に従ってすぐに動き出すと、心に余裕は生まれて自己肯定感がさらに高まる。

<参考関連記事>
すぐに動く人が、愛される理由。素早く動くから、ご縁が結ばれる。

自己肯定感を高めたいなら、まずはマイナスな自分も、プラスな自分も認めて受け入れること。その上で、自分のポジティブなパーソナリティに目を向ければ、自分で自分を高く見積もれる。だから他人からも高く評価されるようになる。

他人からどう扱われるか。それを決めているのは他でもない。あなた自身。あなたの自己肯定感次第。それでも、あなたを安く扱うヤツがいたならば、そいつはあなたの価値をわからないヤツだから、とっとと手放しちまえばいいってこったな(^。^)y-.。o○

自己肯定感を高めるための、個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。