小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人に、思いが届かない理由。大切な人への、思いの届け方。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


大切な人に、思いが届かない理由。大切な人への、思いの届け方。

なぜ大切な人に、思いが届かないのか。

どれだけの思いを込められていたところで、まったく欲しいと思わないもの、要らないものを、与えられても渡されても困る。
小川健次Blog
それを渡すほうは、心からの善意かもしれないし、大切に思う気持ちかもしれませんがね、受け取るほうは、ありがた迷惑余計なお世話。ぶっちゃけウザいし、お願いだから放っておいて。

もちろん、必要だと思えることや、求めていること、もしくはその人にとって、受け取る価値があるものだと思えれば喜んで受け取るでしょう。だから嬉しいありがたい。

これはあなたのため、あなたにとって価値あること。そうどんなに言葉で説明しても、受け取る側が受け取りたくなければ、それは単なる押しつけですよ。だからますます嫌がられる。やがてウザがられて、未来永劫さようなら

それが言葉であれ想いであれ、それこそ物質的な何かであれ同じこと。相手が受け取りたくないものを、いくら届けようとしたって届くわけがないんです。

まあしつこくされれば、しぶしぶながらに、受け取ってもらえることもあるかもしれない。でも結局は未開封のまま、こっそり裏口から燃えないゴミとして出されるだけのこと。こっそりLINEもブロックされて、電話にも出てもらえなくなる。

確かに、気をつかってくれることはありがたい。気にかけてくれることは、純粋に嬉しいとも思う。だとしても、要らないものは要らないし、強制されても押しつけられても困るだけ。

一方的な押しつけですよ。んなもん誰も受け取らないでしょ。だからスルーされるんです。

だからね、そうやって相手が望んでもいないことを、押し付けるということは、相手のことなんか考えてないってことですよ。あなたのためなんて言いながら、ホントは自分のため。自分が可愛い。自分が満足したい。それだけのこと。

自分が愛されることばかりに執着する。実は相手のことなんか、これっぽちも考えてない。好きな人から遠ざけられる理由は、おおよそそんなとこですよ。

<参考関連記事>
好きな人から、遠ざけられる理由。愛されることへの執着を手放せば、愛してくれる人を引き寄せる。

ちょっとね、冷静になって考えてみたらどうですか。届けたいものが届かないのは、相手がそれを望んでいないから。あなたが届けようとしているものは相手が望んでいることですか?それとも相手にとって価値あることですか?

言葉であれ想いであれ、物質的な何かであれ、まず相手のことを優先して考えていれば、何をどう届ければいいかわかるもの。自分が満たされるかどうかではなく、相手が満たされることを優先しているか

大切な人への、思いの届け方。

まずは、あの人が何を求めているか。相手がどんな思いやどんな考えを持っているか、あの人の心に寄り添って考えることでしょう。そして相手のことを知ること、知ろうとすることですよ。

そこを端折って自分のことを優先するから、あの人はドン引き。あの人が何を望んでるかに関係なく、ただただ、あなたの思いだけを押し付ける。私が好きだから、私が大切に思うから、あなたがいてくれないと困るから。って、そんなの知らんがな。

どんなに綺麗な言葉を並べようと、どんなに高価な物品だろうが、要らないもんは要らないんです。届けられても困るんです。そんな押し付けされれば、あなただってイヤでしょ。困るでしょ。なら、あなたもやめなさいよ。

いいですか。主体を自分にしないことですよ。主体は届け先である相手なんです。あなたが何を言いたいか、何を伝えたいかはまず置いておいて、相手にとって価値あることは何かを考え、相手の想いを推し量ること、相手の心に寄り添うことが先でしょう。

そして届けるべきは、相手が笑顔と幸福になれる要素。あなたが何を求めてるのかなんて、相手にしてみりゃ関係ないこと。それより大事なのは、あなたが届けるもので、あの人がどれだけ笑顔と幸福になれるかなんだから。

もちろん、それは物質的経済的なものかもしれない。そばにいて欲しいという想いを叶えることかもしれない。とにかく笑いたいという気持ちを満たすことかもしれない。

それが何であろうが、まずは相手のことを優先して考え、その人に対して見返りを求めずに、それらのことを満たす方法を選択すればいいんです。

一方的なあなたの主義主張を言い散らかしたり、想いだけを押し付けようとしたって、相手は聞く耳持ってもらえないのは当たり前。というより、あ、この人ってホントは私に関心ないんだな、と思われるのがオチでしょう。

だからまずは相手のことを優先して考え、それを実践する。そしてそれが、別れを望まれたり、距離を開けることを望まれたとしても、本当に大切で、本当に愛してしいるなら、それに従うことなんです。

<参考関連記事>
本当に愛しているなら、別れることも受け入れよう。相手の選択を尊重すれば、復縁も新たなご縁も引き寄せる。

本当に大切だと思う相手のことなら、そこに愛があるのなら、あなた自身のことより、その人のことを尊重するはず。否定したり押し付けしたりなんてしないはず。相手を尊重し、その心に寄り添うから思いが届くし、受け入れてもらえる。お互いが愛し合い、信頼し合える関係になれる。

言葉や気持ちがすれ違う。いまいち噛み合わないし、想いが届いてる気がしない。そう感じることが少しでもあったなら、少し冷静なって考えてみることです。相手のことより自分を優先してしまっていないか。押しつけになっていないか。そこ修正すると、思いはすんなり届くようになりますよ。(^。^)y-.。o○

執着を手放して、大切な人の心に寄り添えるようになるには
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。