小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

依存しない恋愛をする、2つの方法。依存をやめるから、愛される。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/11/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第107回

社長と副社長は夫婦。一方的に解雇されたキャリア女子が下した、不倫相手との決別。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

依存しない恋愛をする、2つの方法。依存をやめるから、愛される。

依存をやめるから、愛される。

彼に依存するほどに、彼の存在を感じていないと不安になる。彼に愛されている実感がないと心配になる。とにかく心が落ち着かなくなる。
小川健次Blog
依存される彼としては、最初はそんなあなたを、可愛いと思うことはあるかもしれない。でも実際には、やがて重くて面倒くさくて、逃げたくなる。

依存するほうも、されるほうも、まったく幸せじゃない。お互い大切な存在と思って一緒にいるはずなのに。一緒にいる時間が長くなるほど、依存の度合が高まり、苦しさが大きくなる。

だからこそ。僕が毎日無料で配信している、小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画では、いつも言っているように、依存と執着は、とっとと山の向こうに投げ捨てるべき。

なのに、いつまでも依存しっぱなし。だからどんどん関係が悪化する。挙句の果てには、重さに耐えきれなくなった彼に別れを告げられる。その頃には、あなたの依存度合もMAXだから。別れ話しもグダグダのドロドロに。結局最後までまったく幸せになれない。




そもそも他人に依存するのは、相手の存在によって自分を満たしたいという、自己本位な考えによるもの。とにかく私の心を満たして。私を寂しくさせないで。そこにあるのは、自分のことだけ。相手の都合や相手の思いにはまるで興味無し。

それじゃ彼だって苦しくなるだけ。彼は満たされることなく、ただただあなたに都合よく使われているだけ。そりゃ彼だって苦しくもなるし、別れたくもなる。さらに最悪なのは。あなたは依存しているだけなのに、それを愛だと勘違いしていて、依存の自覚がまるでないこと

そんなあなたを愛せって言われても、それは無理難題。愛が引き寄せられるどころか、愛は裸足で猛ダッシュで逃げ出していくだけ。執着や依存に基づく恋愛関係には百害あって一利なし。

<参考関連記事>
執着と依存を手放すと、愛あるご縁を引き寄せる。理想のイメージを描くと、恋愛はうまくいく。

本当に愛しているなら、彼のことを優先するはず。彼の幸福だけを一番に考えられるはず。依存や執着ではなく、お互いがお互いをリスペクトし合い、支え合える関係になれるからこそ、お互いの心が満たされる幸せな関係がつくれるというもの。

そこでこの記事では、依存とは無縁の、お互いが自立しながら、お互いがリスペクトし合い、支え合える恋愛をするための、2つの方法を以下に紹介。苦しいだけで、誰も幸せにならない恋愛をやめて、本当に愛し合える関係をつくるために。あなたがやるべきことは何か。

依存しない恋愛をする、2つの方法。

1、彼以外の方法で、自分の心が満たされる方法を持つ

あなたの自己承認欲求を満たされるための方法を、「彼だけ」にしないこと。彼との関わり以外で、あなたの自己承認欲求が満たされる方法を持つこと。

彼がいるから、自分の存在価値が認められる。彼に否定されると、自分は価値が無い人になり、心の拠り所が無くなってしまう。という、錯覚から、早いとこ目を覚ますこと。だって、あなたを認めているのは。彼だけじゃないのだから。

そのためにも、彼との時間以外の時間を充実させることに力を注ぐ。それが仕事なのか、趣味なのか、それとも友人関係なのかは人それぞれ。

他の時間をおろそかにして、彼との時間にばかりエネルギーを費やすと、それに比例して彼への依存度が高まってしまう。だからこそ、彼以外の時間に、費やすエネルギーを分散すること。そこをおろさかにする人ほど、後になってから彼に「重い」と言われて捨てられる。




もちろん、彼と過ごす時間は楽しいし、彼に全力を注がないと、彼に嫌われるんじゃないという不安があるのもわかる。でも大丈夫。それくらいのことで、あなたを嫌うような男なら、どうせ後になっても嫌われる。だったら、今のうちに嫌われたほうが依存しない分、心が楽なままお別れできる。

彼に力を尽くすのはいい。同時に、彼以外のことにも力を尽くすこと。力を尽くせる何かを見つけておくこと。その見つけ方がわからなければ僕の個別セッションあたりへどうそ。あなたの状況に応じて、やるべきことがわかるから。

<参考関連リンク>
小川健次個別コンサルティング&コーチングサービス

そうして、あなたが彼以外のことにエネルギーを使えるようなり、そちらでも心満たされるようになれば、むしろ彼は、そんなあなたのことをますます好きになる。

自分の道を自分で歩くあなたの姿を見て、彼はあなたをもっとリスペクトするようになる。だからお互いがお互いを必要に応じて支え合える関係になれる。ただ依存するのではなく。お互いをより成長させるための、価値ある存在として認め合えるようになる。

2、彼と適切な距離を保つ

彼は彼であってあなたじゃない。生まれも育ちも違うのは当たり前で、今この瞬間も違う感性や考えをもった違う人間。そんな彼を、あなたと同一視をしないこと。

好きだから。彼だから。彼女だから。そんな言葉を免罪符にして、彼の趣味趣向を自分と同一視しようとすることは、つまり、思考の怠慢。彼の気持ちに寄り添うというプロセスを全部すっ飛ばして、とにかく彼は私と同じ気持ちだから。と、彼にいろいろ押し付ける。

彼はあなたじゃないし、あなたは彼ではない。あなたが許せても、彼には許せないことがある。あなたがそうすることでも、彼はそうしないことがある。距離が近すぎると。その当たり前の大前提がわからなくなる。見えなくなる。




あなたが普段、彼に言うようなわがままを、友だちや同僚に言うか。たぶん言わないでしょ。それこそ家族にだって言わないかもしれない。なのに彼には無茶を言う。彼を振り回すようなことを言う。それを言っても彼は許してくれると思うから。私なら許すと勝手に決めつけてるから。

そういうときは、明らかに、距離が近づきすぎている。距離が近すぎて、彼を自分と同一視しすぎている。だから、彼があなたにNOと言う理由がわからない。いや、それ以前に彼がNOと言うことを許せなくなっている。

そういう依存を前提とした恋愛関係になる前に、距離を空けること。そしてそこから踏み込みすぎない距離を保つこと。彼とあなたは違う。そんなことがわかる距離感を維持できれば依存しないし、お互いに適度な緊張感を保ちながら。愛し合える関係を長続きさせられる。

その適度な距離を保ったうえでの、緊張感がなくなるから、そんなあなたの依存心を逆手に取られて、体の関係になった瞬間に彼が離れていく。なんとか継続しても都合のいいセフレ扱いされる女になる。

<参考関連記事>
体の関係になっても、彼が離れなくなる3つのステップ。セフレにされない、付き合い方。

距離が近くなりすぎるほど、あなたの依存心は大きくなる。彼との関係を客観的に見ることができなくなる。本当に好きで大切に思う人だからこそ、適度な距離感を保つこと。すると彼と自分の違いを認め合いながらも、信頼し合える関係になれる。依存もしなくなる。

まとめ

依存しない恋愛関係になることできれば、お互いが苦しいだけの関係は辞められる。不安や心配を解消するために、彼に無理難題を押し付けたり、嫌われるのを避けるために、都合のいい女でいたりするのも辞められる。お互いが心穏やかで愛し合えていることを実感し合える関係になれる。

あなたが、彼を本当に大切に思い、彼との関係を長く続けていきたいと思うなら、まずはその依存を手放すこと。良好な状態の恋愛関係を長続きさせられている人の多くは、依存しない恋愛関係をつくれているもの。そのための方法はとても簡単なことなのだから(^。^)y-.。o○

依存しない恋愛をするための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。