小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

直感を信じれば、仕事も恋愛もうまくいく。潜在意識が、正しい答えを知っている。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

直感を信じれば、仕事も恋愛もうまくいく。潜在意識が、正しい答えを知っている。

インスピレーションに従って損することはない

理由や根拠はほとんど無いにも関わらず、何となくでも出会った瞬間や、最初の時点でピーンとインスピレーションを感じることはある。
小川健次Blog
しかも、理由は根拠はほどんの無いのに、そのピーンときたインスピレーションってやつが、フタを開けてみたら、実は正しかったってことが意外と多いもの。

まあどんなことでも、最初に出会ったその瞬間やその場で感じる、第一印象とはちょっと違う、いわゆる直感的な何かってあったりするじゃないですか。それが良いか悪いかに関わらず。

僕の小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを読んで、ピーンと、あ、この眉毛の人カッコ良すぎて抱かれたい、と思うみたいなその感覚。え? 思うわけない?

いやまあ、それはいいとして。実際にそういう印象をもとに関わりを深めていくと、人間関係であれ出来事であれ、その内面が段々見えてくる。すると、あれ、やっぱ最初に感じた直感って正しかったんじゃね。と思ったことは、あなたにだって一度や二度はあるでしょう。

あ、これって今のうちに取り組んだほうが、絶対にうまくいく。そう思うことはホントにうまくいくし、あ、これった関わるとヤバいかも。そう思うことってのは、ホントにやってみるとうまくいかなかったり。

人間関係でもあるでしょう。あ、この人ヤバい。そう思う人ってホントにヤバかったりするし、あ、この人とは縁がある。今後ますます関係深まりそう。そう思うとホントに関係が深くなる。

もちろん、最初に肯定的なインスピレーションを感じていれば、その後の思考は肯定的なフィルターがかかるから、何を見ても何が起きても肯定的に捉えられる。だから結果的にホントにうまくいく。そういう効果もあるでしょう。

でもね、そういうメンタル的な意味合いは別にしても、ホントに不思議とピーンとくるものが、そのとおりの結果になることってあるじゃないですか。

なんだかんだ言いながら、思考錯誤の紆余曲折を経てみても、結果フタを開けてみたら、実は最初のインスピレーションが感じたとおりの結果になっていた。ならば最初から、インスピレーションに従えば良かった。そう思って舌打ちしたこともあるでしょう。

もちろん、世の中の全部が全部、インスピレーション従ってればそれが正解かというと、そうじゃないことだってそりゃありますよ。それでも経験則から、やっぱり直感に従うと正しかった。直感を信じなかったおかげで痛い目にあった。そう思えることのほうが多いもの。

ならば直感に従って損することなんてそうそうない。いや、まったくないことはないのでしょうが、それでも差引すれば直感に従ったほうが、勝率がいいってものですよ。あれこれ考えてるだけで時間を浪費するより遥かにマシ。特にそれが、女の勘ってやつだと、かなり正確。

<参考過去記事>
女の勘で、男の嘘は見破れる。言葉と態度に違和感があったら、その直感を信じよう。

仮に、それでうまくいかないことがあっても、それ自体で損することだってないんです。だって経験が培えるんだもん。培った経験は財産になるし、それこそ、その積み重ねがインスピレーションの精度をより高めることにもなるもんですわ。

潜在意識が最適解を導き出す

そもそも僕たちは、日常で無意識のうちに、自分にとって最善な方法を考えてるんです。少し斜めからの言い方をすると、誰であれ常に最悪に遭遇しないルート選択することを考えてる。だってそれって自己防衛と生存の欲求に従うという、生物としての本能なんだから。

もちろん、デュアルタスクなので目先のこととあわせて、中長期的な先のことも予想しながらですよ。つまり、今と未来にとって最悪を避ける方法を、あなたが意識していなくても、自然に潜在意識レベルで考えているということ。

日常的に今と未来で、最善かつ最悪を回避する方法を考えているということは、一番最初に表層意識に出てくるアウトプットが、その場のあなたにとって最も最適な答えであるとも言えるでしょ。

すなわち、あなたが直感的に感じるインスピレーションってやつが、その時点でのあなたにとっては最適解であるということですよ。

その時点ってヤツが、明らかに精神錯乱状態であるとか、想像を絶するような物理的環境に陥っていて、潜在意識が正常に機能していない場合であれば、その限りじゃありませんが、そうでもなきゃあなたの感じる直感ってやつが答え、もしくは一番答えに近いんです。

だって、いっつも無意識のうちに、どれが最適かを考えてるんだもん。自分の身を守ること、安全を維持する方法を、無意識のうちに探してるんだもん。ってことは、何かに遭遇したときには、いつも考えてるそれが一番最初に、インスピレーションとして閃くもんですよ。

だからね、そういうときはごちゃごちゃ言わない。あなたの心の声に従えばいい。潜在意識からくる自分のインスピレーションを信じればいい。上でも言った通り、あれこれ考えても、結局まわりまわって最初に感じたインスピレーションに帰ってくるなんてことよくあるでしょ。

どうせ未来のことはわからないんです。明日死ぬかもしれないし。150歳まで生きるかもしれない。100%確定した未来なんてどこにもないんです。最後の最後はフタを開けてみなけりゃわからない。

もちろん、論理的な思考の積み上げて確率が高いと予見できるなら、それはそれで従えばいい。でもそうじゃないなら、何をよりどころにするか。それこそ自分のインスピレーションでもいいんじゃないですか。つまりは自分の潜在意識ですよ。もっといえば自分自身ですな。

<参考過去記事>
潜在意識のイメージのとおりに、ご縁は引き寄せられる。不安や心配に別れを告げれば、幸せが手に入る。

迷うことがあったり、どうなんだろうと疑問に思うことがあったなら、そしてそれが論理的に考えて答えの出ないことならば、原点回帰。最初に感じたときの、あなた自身のインスピレーションを信じてみればいいんです。結局のところ、それが一番確率高いし。

あなた自身の心の力を信じてみることですよ。クソみたいな占い師の言うことより、はるかに的中率高いから。何より、自分の心の声であるインスピレーションを根拠にできていれば、どんな結果を迎えようとも、あなた自身が一番納得できますしね(^。^)y-.。o○

潜在意識を使って、望みのものを手に入れる方法。
↓ ↓
早期割引実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。