小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

笑顔で受け容れるから、お互いにとって心地よい関係がつくられる。自分が認めるから、自分を認めてくれる人を引き寄せる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

笑顔で受け容れるから、お互いにとって心地よい関係がつくられる。自分が認めるから、自分を認めてくれる人を引き寄せる。

■なぜあの人の周りには人が集まるのか

どんな相手であったとしても、まず自分というパーソナリティを受け容れてくる人に対しては、誰だって心を開きたくなるもの。

小川健次Blog

だからどんな相手であってまず受け容れなければ、お互いがテーブルにつくことさえできないものでしょう。


そりゃ誰だって入り口で拒絶されれば、こっちだってお断りだ!そんな捨てゼリフの一言吐いて、椅子を蹴飛ばしてその場を立ち去りたくなりますわな。

入り口で拒絶ならまだしも、頭ごなしにあれこれとパーソナリティを否定するような言動までされるようなら、ふつうは気分のいいものじゃない。というよりブチ切れる。

自分というパーソナリティをまず受け容れてくれる。だから、あ、この人とは話しができそうだ。自分のことを話しても聞いてくれそうだ。そう思えるからまずはテーブルにつこうという気になる。好き嫌い云々の前にまず話す前提が整うんです。

それをすっ飛ばして、いきなり態度や言葉で、相手を拒絶する素振りがあれば、誰だって近づこうとさえ思いませんよ。だって近づいても拒否られそうなんだもん。

まあ逆の立場で考えてみればわかること。あーこの人にはどうも話ししづらそうだ。そう感じる人と自分自身が同じ雰囲気を醸し出していれば、そりゃよほどの人でもなきゃ近づいてはきませんよ。

人は自己承認欲求を満たしたいもの。自分を認めてもらいたい。存在価値を感じてもらいたいたい。相手がどんな人であろうとも、それがどんな方法であろうとも、その欲求を満たそうとするのが自然な心の動き。

それを一方的にガツンとやられる。もしくはガツンとまではいかないまでも、ガツンとされそうな雰囲気があれば、本能的にその人には近づこうとはしないでしょ。仮に近づいても心を開こうとは思わない。

自分の存在を認めてくれる。受け容れてくれる。そんな人に対しては仮に好きじゃないにしても、敵意を抱くこともなければ、むしろ近づきたいと思うもの。

自分のことを認めてもらって気分が悪くなることはないでしょう。あなたの話を面と向かって「うんうん」と笑顔で聞いてもらえたら、話してて楽しいし気分も良くなる。もっと自分の話しをしたくなる。

不思議と安心できるし信用できる。だから今度はあなたの話しやあなたの考えを聞かせて欲しい。そんな双方向の関係性が信頼を伴いながら築かれる。

言ってみれば人を認めるから人に認められる。他人は自分の心の鏡。自分がどう接するかに合わせて他人が接してくるとい。

<参考過去記事>
心の磁力は同質のものを引き寄せ合う。人間関係を良好にするも悪化させるも心の状態次第。

世にいる、周囲に人が集まる人っているじゃないですか。彼らに共通することは、基本的に他人を否定しないということでしょう。話しをする人の話しに真剣に耳を傾ける。相手を真正面から受け容れてますよ。

■受け入れて欲しければ受け容れる

僕たちは誰であれ一人で生きることはできない。だから本能的に他人からの承認欲求がある。だって誰かに存在を認めてもらえなければ、自分で自分の存在理由がよくわからなくなるから。

その欲求を満たしてくれる人だから、人は近づきたくなるんです。人は自分を認めてくれる人を認めたい。

僕だってこの薄汚い眉毛野郎め!と罵られるより、なーんてキュートな眉毛のハンサムボーイなのかしら♪ そう言ってくれる人と話したいですわ。いや、ホントにそう言われたら逆に近づかないか。

だからね、恋愛でも仕事でも、それこそ友人関係でも、どうも人間関係が継続できない。どうも人との会話が続かない。相手に信頼されていると気がしない。そう感じるのは自分が相手を認めてないから。

心のどこかで相手を受け容れてないんです。いや受け容れているつもりでも、それが言葉や態度から伝わってない。雰囲気で遮断される。つまり一緒にいて心地よくない。

何かにつけて人の意見をとにかく否定。したり顔で言葉の揚げ足取ったり、自分の意見を上からかぶせて相手の意見をかき消したり。そんな人と仲良く話そうとか、自分のことを伝えようなんて思いませんよ。

まあそれも一つの自己承認欲求の発露なんでしょうが、それってつまりは自分のことだけ認めて欲しいという一方通行。自己本位の自己中心型。

だからまずは相手の言葉の内容がどうであれ、その人のの意見を認めることですよ。否定をしないで受け容れる。話しの内容そのものよりも、自分に言葉を伝えてくれている。その気持ちを受け容れるんです。

意見の内容に異論や反論があるのであれば、それは丁寧にその内容に対して行うべきことで、その人の人格やパーソナリティに対して行わないことですよ。そんなことしても誰も幸せにならないから。

真正面から目線を合わせて、最後まで話しを聞くことです。心を開いて受け容れていることを示すことですよ。だから相手もあなたを受け容れてくれる。そして信頼関係が深まるというもの。

そもそも自分が受け容れてないのに、自分のことは受け容れろってのもまた理不尽な話しですしね。

<参考過去記事>
本当に大切な人なら、その人の喜びと幸福だけを考えよう。見返り求めない純粋な想いが、大切な人からの愛を引き寄せる。

別に駆け引きだのテクニックだのは関係ないしまるで不要。あなたが相手に心を許す。相手を受け容れる。それを言葉と態度でもって示せばいいだけ。

だからお互い安心。お互い心地よくて気持ちいい関係になれる。

まあ世の中にはいろんな人がいますから。すべてを受け容れるのはよほどの博愛主義者でもなきゃ難しい。それでも自分を認めて欲しいと思う人のことは、まず自分から認めて受け容れるってことでしょうな(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。