小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

素の自分を表現すれば、本当に大切な人から愛される。演技で背伸びしてると、疲れてボロが出て逃げられる。





想いを確実に届ける方法
小川健次グループセッション
↑↑東京5/27(日)↑↑




受付可能数/4名まで(あと3名)
小川健次セミナー
最長1年のフルサポート

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

素の自分を表現すれば、本当に大切な人から愛される。演技で背伸びしてると、疲れてボロが出て逃げられる。

■その演技のほとんどは期待されていない。

誰だって、悪人といわれるカテゴリーに分類される人とは、関わりたくはないものでしょう。どうせ関わる人なら善人と関わりたいと思うのは、まあ普通の感覚ですわな。
小川健次Blog
さらにプラスアルファで注文つけるなら、一緒にいて心が落ち着く、志を共有できるなど、お互いがお互いの生き方に付加価値を生み出せるような、そんな人と関わりたい。

ならば話しは簡単で、あなた自身が善人で、誰かの心を落ち着かせることができ、誰かと志を共有できて、その人とあなたの生き方に付加価値を生み出すことができればいいだけ。あなたがそういう人なら、出逢いの機会はいくらでも増えるし、出逢った人との絆を深めていくことができる。

とはいえ、上っ面は善人でも、単にその場の空気を読んでの調子合わせ、上っ面だけでホントは腹黒。いいこと言うけど実は主体性の欠片もない。そんな人とだったら関わりたくない。表面上の付き合いくらいは我慢もするけど、それ以上の突っ込んだ関係にはなりたくない。

ならば、正真正銘の善人で、聖人君子のような人にならない、誰とも関わってくれないかといえば、そんな大げさな話じゃない。

だいたいね、そんな聖人君子、心が透き通った天使のようにピュアな人なんてのは、小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを配信している、あの眉毛の人くらいしかいないでしょう。え? ふざんけんな? あ、はい。

いやまあ、別によっぽど立派な人格者なんてそうそういない以上、みんな身の回りの人に対して、そんな人格者であることは期待していないってこと。

よっぽどの人格者としか関わりたくない、聖人君子としか会いたくない。そんなこと思ってる人いないでしょ。それは、あなたに対してだって同じこと。別にあなたによっぽどの人格者であることや、聖人君子であることを、誰も期待しちゃいませんよ。大切なあの人だって同じこと。

魅力を感じるところはたくさんある。その一方で、いまいちあまり褒められないこともある。溢れる善意と同時に、少しばかりの悪意というものもあるだろう。あなたのそういうところはわかってる。あなたが完全無欠のいい人だなんて思っていないし、期待もしてない。

だったら、期待もされていないことに、わざわざ自分を繕ってまで応える必要ないでしょう。いちいち相手の顔色見て、いい人のフリなんてする必要もない。思ってもいないことを言って、自分を大きく見せる必要だってない。

それにね、無理に背伸びして自分を大きく見せるために、思ってもないこと言ってみる、相手のご機嫌取るためだけに、楽しくもないのにつくり笑顔をする。そうやって他人の顔色ばかりをうかがって、演技をずっと続けてるから疲れるんです。

あなたはあなたで相手は相手。そんなこと皆わかってる。別に無理して相手に合わせる必要もないし、相手をあなたに合わさせる必要だってないでしょう。それにね、あなただって、あの人に対してそんなに期待しているかといえばそうじゃない。そのくらいの寛容さは皆持ってる。

<参考関連記事>
期待しなければ愛され、執着を手放せば心満たされる。違いを許せる寛容さが、運命の人との出逢いを引き寄せる。

自然体でいいんです。普通にしていればいいんです。そんな高いレベルのことを期待されてない。すでに十分、相手も今のあなたを認めて受け容れてくれてるんだから。

必要もないのに善人ぶったり、思ってもいないのに相手に合わせようとしても疲れるだけでしょ。相手だってそんなこと望んでないし期待してない。それに所詮は演技ですよ。どうせどっかでボロが出る。ボロが出て失望されるくらいなら、最初から素の自分でいればいい。

■相手を大切に思うから素の自分でいられる。

完璧に素の自分を覆い隠して、そんな気配さえ微塵も見せずにいることを、一生涯貫き通すことができるなら、それはそれでいいでしょう。でもそれじゃホントに疲れるだけですよ。相手だってあなたにそんなこと期待してないから。

それにね、ボロが出ないようにすることに気を取られていると、さらに取り繕おうとすることに気を取られる。自分がどう思われてるか、バレていないか。そんなことが気になって、ますますストレス溜まるし不安になる。結局自分が全然楽しくない。

いいじゃないですか。もっと素の自分を出したって。嬉しいことは嬉しいし、ムカつくことはムカつく。あの人と意見が違うなら違う。カレーにソースかけて食いたきゃソースかけて食えばいい。いいんです。それが素のあなたなら、そんなあなたでいるほうが、相手だって安心できる。

別に誰がどう思おうがしょうがない。そんなことであの人の顔色うかがったとことろで、あの人もあなたも幸せにはなりませんよ。

もちろん、社会常識として、空気を読まなきゃいけないことはあるでしょう。ときに大人として演技をする必要だってありますよ。でもそれも程度の問題ですよ。そんなのは必要に応じて使い分ければいいだけのこと。

特別な状況でもなければ、あなたの率直な感情を出していいんです。思いを素直に表したっていいんです。むしろあなたに期待されているのは、取り繕った演技を見せることではなく、あなたのホントのパーソナリティを示してくれることでしょう。

何となく善人の顔しておけば、波風立たないだろう。その場はつくり笑顔でいれば、お茶を濁せる。NOと言わなければ、嫌われないに違いない。それ考えることにエネルギーを使ってるから、ストレスから逃げてるはずなのに、なぜだかストレスが溜まっていく。

最悪なのは、せっかく空気を読んでつくり笑顔でいるのに、大切なあの人はあなたを信頼するどころか、むしろ、あ、この人って自分の意見のない人なんだ。こっちに本音を見せてくれない人なんだ。とマイナス評価をされること。目も当てられないでしょそれ。

せっかく素の自分を隠して、演技をしてその場と取り繕おうとしたにも関わらず、信用下がるし、好感度も下がる。挙句の果てには愛想まで尽かされる。そんな自分に自信まで失ってますます不安になる。ってどんな罰ゲームよそれ。

まあ、空気を読んでる、あの人の期待に応えようとしている、とは言ってはみても、ホントは自分が一番可愛いんでしょう。相手をダシにして自分が傷つかないようにしているだけ。結局は自分に対する見返りを期待しているんです。だから白けるスルーされる。

<参考関連記事>
大切な人の心に寄り添うから、大切にしてもらえる。見返りに執着するから、スルーされてブロックされる。

大丈夫ですよ。あなたのことを、そんなに善人だとか、よっぽどスゴイ人だなんて誰も思ってない。もちろんあなたを大切だと思ってくれている。愛してもくれているでしょう。でもそれは等身大で自然体のあなただから。もっと肩肘の力を抜いてもいいんです。

本当に大切な人の前で演技なんかいらない。モラルや節度は必要でしょうが、あなたの想いは素直に表現しても、それでがっかりされることもないんです。もしそれで嫌われたら、そもそも嫌われてただけのこと。その人とは縁がなかったんです。それがわかって良かったね。

自分の前で本心隠して演技をする人。少しくらいマイナスなことがあっても、本心で接してくれる人。そりゃまあ、本心で接してくれる人とのほうが、安心して付き合えるってものでしょう。それにそのほうが心地よいし疲れませんしね(^。^)y-.。o○

【素の自分を表現するための個別セッション】

小川健次
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

入会キャンペーン実施中
小川健次
↑ 5/31(木)まで ↑

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。