小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

今いる場所にチャンスがなければ、違う場所に行けばいい。力を発揮できる環境に移れば、チャンスが増えて望みの結果が手に入る。

人気記事一覧

小川健次セミナー
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
↑↑ 8/2 東京(水)↑↑


小川健次セミナー
執着を手放して、引き寄せの法則を学ぶグループセッション
↑↑ 7/24(月)19時 東京↑↑


新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

今いる場所にチャンスがなければ、違う場所に行けばいい。力を発揮できる環境に移れば、チャンスが増えて望みの結果が手に入る。

■環境に左右されることはある

コトの大小はあるし、その状況にもよりけりですが、人は誰でも環境からの影響を避けることはできない。

20161015kawauso

あなたが発揮できる能力はもちろん、メンタルに掛かる負荷の重さにしたって、環境によって変わるんです。

あるチームで重宝されて、持てる力をいかんなく発揮することができていた人だとしても、そのチーム事情における全体での最適化を考えると、その彼には力を発揮してもらうより、おとなしくしてもらうか、どっかに行ってもらったほうがいいこともある。

とはいえ、それはその彼が力が無いという評価をされたということじゃない。そのチームの中で力を発揮することを求められなくなっただけ。チームの事情であって、その彼の事情じゃないんです。

ならば彼の選択肢は二つに一つ。力を発揮できない環境を受け容れて、それを良しとして耐え忍ぶか。それとも、力を発揮できる環境を求めて、別のチームに移るか。

今の環境で力を発揮できない、うまくいかないからといって、自分が否定されたわけじゃない。自分を卑下して考える必要なんかないんです。その環境には環境の事情がある。その環境ではうまくいかなくても、別の環境でならうまくいくことはある。

もちろん、環境にだけ依存するのは主体性の放棄であって、単なる甘え。どんな環境であれ基本は最善を尽くす。それでもどうにもならないなら、その環境を変えることを考えてみる余地はあるでしょう。今と違う居場所に行けば違う可能性が見えることもある。

最後は自分の決断自分の責任。とはいえその責任を負えるのは、自分でコントロールできるところまで。環境はどうにもならないことがある。なら環境そのものを変えることですよ。

全力を尽くす。これ基本。それでもどうにもならなきゃ、それこそ環境変えればいいだけのことでしょう。それあなたの力が無いワケじゃない。環境が合ってないだけだから。力があってもそれを発揮できる環境じゃなきゃ、ないのと同じだから。

まあ、それも言ってしまえば、その環境に甘んじていることを良しとする自分の心を反映しているに過ぎない。出逢える縁だって出会う人にしたって環境次第。でもその環境を選択しているのは、他の誰でもない、あなた自身でしょ。

<参考過去記事>
引き寄せる縁も、出会える人も、あなたの心の状態を反映している。あなたの心構えと選択次第で、出会いたい人とのご縁を引き寄せる。

念のため、繰り返しますが、主体性を放棄して環境に依存することを良しとするわけじゃない。自分の責任を無視して、環境そのものに責任を押し付けるのは最悪だから。どんな環境でも全力尽くすのは大前提。挑戦するのは当然ですよ。

それでも先に進まない、いよいよ、あなたの力じゃどうにもならないことに直面したならば、環境を変えることも選択肢として考えたっていいんです。というか、むしろ考えなきゃダメでしょ。

■その環境は力を発揮できる環境か

何でもかんでも環境のせいにして、あっちがダメならすぐこっち。自分じゃ何もしないクセに環境変われば何か良くなる。そんな甘い妄想を抱いてるだけなら、どんなに環境変わろうが同じことですよ。そもそも覚悟がなきゃどこに行っても相手にされない。

その逆に、全力を尽くしながらも、どうもうまく嚙み合わない。噛み合ってるけど、より高みを目指したい。もっともっと自分の力を活かしたい。そういう主体的かつ積極的な思考で、自ら環境を選択し、そこに覚悟を持って挑むから結果がついてくるというもの。

じゃあ、あなたにとっての最適な環境とはどんな環境なんでしょう。実はその答えはすごく簡単なこと。あなたが自分の目標を達成するために、持てる力を発揮しようとしたときに、自分の力じゃどうにもならないことに、邪魔されることが無い環境でしょう。

逆に言えば、自分の力で邪魔を排除できるのであれば、無理して環境変える必要もないでしょう。自分の力で邪魔を排除すればいいだけだから。

今あなたがいる環境は、あなたが力を尽くせば、あなたの望みのこと、あなたが求める幸福、あなたの設定した目標。それらを手に入れることができる環境でしょうか。もしそうじゃないなら、環境変えることを考えてみればいいんです。

チームでレギュラーになりたいけども、そのチームは生え抜きしか絶対レギュラーにしない。それでもレギュラーになりたいなら移籍すればいい。今の会社の事業方針では、一生自分のやりたい仕事ができない。だったら転職すればいいだけのこと。

今いる世界。今いる環境があなたの世界のすべてじゃない。あなたの上司はあなたより人間としての能力が優れているわけじゃない。あくまで「その環境の中での役割」を果たしているだけなんです。あなたが劣っているわけでもない。

もちろん、その環境の中にいるときは、その環境のルールには従わないといけない。でもそのルールが、あなたが幸福を手に入れられない、あなたの目標が達成できない。その理由になっているのなら、違う環境で勝負してみればいいじゃないですか。

<参考過去記事>
やりたいことをやれる環境をつくれば、やりたいことをやれる。集中力の邪魔になるものを捨てれば、集中力を発揮できる。

環境は変えられる。というより、どの環境にいるかも、あなたの選択。その環境がどうのこうのと言い訳しているくらいなら、その時間とエネルギーを違う環境を選択し、もっと前向きな方向にエネルギーを使うほうがよっぽど生産的。

職場だろうが家庭だろうが、それこそ友達関係、恋愛関係、あらゆる環境で同じこと。あなたがそこにいることで力を発揮できるなら、そこが幸福ならそこにいればいい。そうでないなら、環境を変えるという決断をすればいいってことですわな(^。^)y-.。o○

<小川健次本人による動画解説付き>
小川健次個別コンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

関連人気記事

本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。