小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

笑顔で心を開けば、愛される。否定や批判をすれば、愛する人にも遠ざけられる。

小川健次

<広告>
お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/03/12更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第19回

「営業のエース転落、婚活惨敗…デキる女子が負のスパイラルから抜けた方法

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

全国開催/小川健次セミナー予定

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

笑顔で心を開けば、愛される。否定や批判をすれば、愛する人にも遠ざけられる。

否定や批判は人を遠ざける

ちょっとした会話の中でも、いちいち批判めいたことを言ったり、否定するようなことを言ったりすれば、話すほうとしては、話しづらい。というより、そんな人には話したくない。
小川健次Blog
別に悪気があるワケじゃない。あの人のため、自分はそう思うから。そんなつもりで発した言葉も、相手にしてみれば否定に思うこともある。それで勝手に傷つくことはある。

あなたに悪意がなかろうと、傷つけるつもりがなかろうと、心のどこかにある否定や批判の雰囲気は、言葉や態度を通じて相手に伝わる。ちなみに、僕の小川健次メールマガジンLINEのメッセージでの悪ふざけにも、悪意はない。あるのは愛。

だから、あの人はあなたに話しかけづらい。提案しづらいし、ご飯に誘いづらい。LINEの交換をお願いしづらいんです。だって受け入れてもらえなさそうなんだもん。否定されそうだし、言何か一言二言批判めいたこと言われそうなんだもん。だったら最初から近づかないほうがいい。

空気が伝わるだけなら、まだ救いようがあるのかもしれない。でもね、あれやこれやと、人の想いを勝手に決めつたり、頭ごなしにあれこれと人格までを否定するような言動を、直接しているなら救いようがない。雑談ですら話しかけられなくなる。やがて気づいたときには独りぼっち。

当たり前すぎて、言うまでもないのかもしれませんが、人と人との関わり。その一番最初は、お互いがお互いを受け入れるということ。認め合うことでしょう。

この人は私という人間を受け入れてくれる。認めてくれる。話しができそうだ。自分のことを話しても聞いてくれそうだ。そう思えるから話しをする気になる。自分の話しをしたくなるし、あなたの話しを聞こうと思う。誘いたくもなるし、LINE交換もしたくなる。

好き嫌い以前の話しですよ。まずは受け入れてくれそうに見える、その気配を感じることができる。だから人との関わりという前提が整う。

態度や言葉、それこそ雰囲気で、批判されそうだ。否定されそうだ。受け入れてもらえない。そう思える態度や振る舞いをする人には、誰も近づこうとなんて思わない。信じて委ねて手放そうとも思えない。だって、傷つきたくないもん。

<参考関連記事>
信じて委ねて手放せば、大切な人に愛される。傷つくことより、思いが伝わらないことを恐れよう。

それがどんな相手であろうと、まずはお互いが受け入れ合わなければ、ちゃんと向き合って話しをすることなどできない。そして向き合って話しができない人には、近づかないし話しかけない。誘わない。

その一方で、自分の存在を認めてくれる。受け入れてくれる。認めてくれる。全てを肯定されることはないにしても、まずは耳を傾けてくれる。向き合って話しができる。そういう人のことは好意を抱くまではいかなくても、避けることはない。軽く声だけでもかけておこうかと思うもの。

笑顔で心を開けば、愛される。

人は承認欲求を満たしたいと思うもの。自分を認めてもらいたい。存在価値を感じたい。その相手が誰であれ、まずは自分を認めてくれる人に近づこうとするのは、人として自然な心の動き。

だから、承認欲求を満たしてくれるどころか、拒否られる、否定される。そんなリスクを感じさせる人のことは、本能的に避けるんです。やむをえず関わらなければいけないときは、最低限の関わりだけに留めておきたい。そして、心を許さず、固くガードしたまま。

逆の立場で考えてみればわかること。あなただって、あなたのことを否定したり批判する。言葉や態度でそうされなくても、そんな雰囲気を醸し出す人には、近づきたくないでしょ。

たくさんの仲間に支えられる人、皆から信頼され愛される人、もっと言えばモテる人ってのは、他人を否定しないし、批判しない。そういう雰囲気を感じない人でしょ。もちろん、好き嫌いや合う合わないってことはあるでしょうが、まずは相手をちゃんと認めて受け入れてますよ。

人を認めて受け入れる。だから人に認められ受け入れられる。人を拒否れば、人に拒否られる。心のどこかに、人を遠ざけるバリヤーがあれば、人は近づけなくなる。他人はあなたの心の鏡にすぎない。あなたが他人に接っするように、他人もあなたに接しているだけのこと。

恋愛でも仕事でも同じですよ。どうも人に信頼されている気がしない。人に声かけられない。合コン行っても、いっつも収穫なしで帰るハメになる。そう感じることがあるならば、他人がどうのこうのと言うより前に、まずはあなた自身の心の状態を見直してみることですよ。

心のどこかで、他人を否定していないか。ちょっと斜め上からモノを見て、人を批判するような考えを持っていないか。それは言葉や態度に出していなくても、その雰囲気が出ているんです。それが伝わっているんです。つまりは、話しかけづらいし、関わっていて心地よくないと思われてるってこと。

まずは認めること、受け入れることですよ。いちいち否定をしたり、人のあれこを批判的に考えない。人の意見や考えに注文つけたり、言葉の揚げ足取りしたり、相手の言葉に口を挟んで意見をかき消したりしないこと。まずは受け容れる。その人の考え、その人の世界観を認めることです。

その相手が大切な人であればなおさらのこと。あなたが受け入れる態度を示していなければ、どんな思いだって届きやしないんです。

<参考関連記事>
大切な人に、思いが届かない理由。大切な人への、思いの届け方。

認めて受け入れていることを示す。そのサインは笑顔。まずは笑顔で接することです。笑顔は、受け入れる姿勢があるという、人類共有のサインですよ。笑顔でまずは受け入れる。話を聞く。あなたが心を開くんです。だから相手もあなたに心を開く。お互いの心の距離が近づく。

今日からでもできるでしょ。まずは笑顔で接すること。真正面で話を聞くこと。これだけで、あなたの周囲には、あなたとLINEやメルアド交換したい人たちの行列ができますよ。いや、それは言い過ぎか(^。^)y-.。o○

大切な人に受け入れてもらえるようになる。
↓ ↓
恋愛力を高める、脳と心の使い方
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

 

<広告>



 

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。