小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

もう会えないとしても、言わない伝えないことに後悔はないか。今日死ぬとしたら、どんな選択をするか。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第57回

ギリギリまで働いて、不倫に堕ちる…仕事を抱え込むキャリア女子がハマる蟻地獄

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


もう会えないとしても、言わない伝えないことに後悔はないか。今日死ぬとしたら、どんな選択をするか。

今日死ぬとしたら、どんな選択をするか。

生きてりゃ誰にだって、多かれ少なかれ事情がある。皆必ず何かを背負ってる。重いもの軽いもの、大きいもの小さいもの。いろんなものを背負いつつ、背負いながらでもできることをやっている。
小川健次Blog
仕事では仕事の事情があるし、家庭には家庭の事情がある。友達や彼氏彼女との事情や、SNS上のしがらみなど。皆色んな事情があるでしょう。

他人から見れば、あの人いつも気楽で楽しそう。なんでもかんでもソツなくこなし、順風満帆で羨ましい。そんな風に思うこともありますよ。でもね、それでも当人たちにはいろいろある。他人には見えないけども、必ず何かを背負って生きている。

のんきに、小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを配信、さらにはYouTubeの動画を更新している僕でさえ、何も背負っていないかといえばそうでもない。

あなたにだって何かしらの事情がある。何かを背負ってる。あの人もこの人も皆、何かを背負ってるんです。

とはいえ、その背負ったもの重さを決めているのは自分。大きいことも小さいことも、簡単に解決できることも困難を要しそうなことも、その重さや大きさを決めてるのは他の誰でもない、あなた自身。

そもそも、その問題が重いか軽いか。ホントにできるかできないかが、決まっていることなんてない。物理法則に逆らうことでもなければ、できるできない、課題の解決が可能か不可能かなんて、あなたの主観でそう決めつけているだけ。

それがホントのホントに解決できないことなのか。重すぎて身動き取れないことなのか。冷静になって考えてみれば、よくよく見てみれば、実のところ、それほど重くも大きくもなかった。なんてことはある。

もちろん、事情の内容は人それぞれ。背負っているものの重さが、苦しくてしんどい。そういう気持ちになることもあるでしょう。つらくて投げ出して、逃げ出したくなることもあるでしょう。

でもね、それってホントのホントに、あらゆる力を尽くしても、どうにならないことなのか。何となく今はヤル気も湧かないし、それ抱えていても死ぬワケでもないし、まあ我慢しとけばいっか。くらいに考えているだけのことはないのか。





それならそれでもいい。別に解決しないと死ぬわけじゃない。苦しいし痛いかもしれないけど、我慢できることだし、我慢しとけば済むことならば、それも受け入れる。そう決めるのも、あなたの選択、あなたの決断なんだから。

でもね、逆に考えてみたらどうでしょう。この際、あなたが背負っているものを解決させてみる。しがらみだと思っているものをいっそ切って捨ててみる。そうすることによって失うこと、損すること、痛むことって何があるのか、と。

すると実際には、思っているほど失うものなんて無いことがわかるよ。痛みを伴うこともそれほどない。むしろ背負ってるものが軽くなる。しがらみだと思っていたものが消えてなくなる。損することより、得することのほうが多いはず。

勝手に無理だと思うだけでなく、もう一歩踏み出してみればいい。ただ重くて苦しい。そう言って嘆いているだけ、泣いているだけなら何も解決しない。でも、あなたが一歩踏み出してみれば、背中の重さは軽くなり、今より幸せになれるから。

<参考過去記事>
無理だと思うところから、もう一歩踏み出すと幸せになれる。チャンスは、今までの思考と行動の外にある。

ホントのホントに背負い続けなくてはいけないものなら、それは受け入れるしかない。でもね、そうじゃないこと、解決できることなら、それは解決すればいい。そのために力を注いで損することも、失うこともないでしょ。

もし今日あなたが死ぬとしたならば、それを背中に背負ったまま、死んで納得できるかどうか。背負ったものを理由に、本当に望んでいることをやらなかった自分を、褒めてやれるかどうか。そう考えてみれば、今やるべきことがわかるはず。

もう会えないとしても、言わない伝えないことに後悔はないか。

大切な相手に対して、想いを伝えたり、言いたいことを言うことで、傷つくのは嫌。自分が背負っているもの、お互いのしがらみを考えると、ここで波風立てるのは怖い。なんてときも同じこと。

もし今日あなたが死ぬとしたら、そうしている自分に納得できるのかどうか。死ぬはオーバーだとしても、今後一切会うことができないとしたならば、大切な人に思いを伝えない、言いたいことを言わない自分の選択に、後悔はないのか。

不用意な一言で、大切なあの人との関係がギクシャクしてしまった。でも謝罪をするのはプライドが許さない。周囲の目を考えても、ここで私が引くわけにはいかない。と言ってるうちに、今後もう会えなくなるあの人に、謝らないままでいることを受け入れられるのか。

あなたに事情があるように、あの人にも事情もあるでしょう。お互いに背負っているものや、それぞれの立場がある以上、言いたくても言えないと思うこと。伝えたくても伝えずらいこともある。人と人、男と女の問題はそんなに簡単じゃない。

だとしても、今日、あなたかあの人が死ぬとわかっても、黙っていることが、お互いにとって良いことなのか。それぞれが抱えている事情とやらは、二度と会えなくなるとしても、守り続けるほど重要で価値あることなのか。





あなたが背負っているもの、これまでしがらみだと思っていることを、その命、自らの人生をかけてまで守りたいか。守る価値があるかどうか。今日死んだとしも、それを心から本望だといえるかどうか。そんな基準で考えてみればいいんです。

黙っていても、いつか思いは伝わるかもしれない。いつか、あの人からこちらに近寄ってきてくれるかもしれないし、宇宙に祈ってオーダーすれば、引き寄せの法則で、いつかあの人と結ばれるかもしれない。って、もし今日死ぬとしても、それで納得すんの?

時間は過ぎる。同じ状況同じ環境、同じ出来事は二度と起こらない。今会えていても、明日会えないかもしれないあの人に、今言えない、今伝えらないなら、いつ言うのか。いつ伝えるのか。そして言えなくても、伝えられたくても納得できるのか。

人間関係にしろ、仕事にしろ、プライドめいた何かや、傷つくことへの不安。あれやこれやの大人の事情。そんなもんは、今日死ぬとしたら関係ないこと。もう会えないとなっても、抱え込んでいなきゃいけないほどの価値のないことでしょう。

つまらない目先のことに執着するから、言いたいことが言えず、伝えたい思いを伝えられない。そのくせ、相手には求めるから、LINEの返信がこない理由をあれこれ考えて不安になる。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

あの人ともう会えないとしても、あなたのその思いや考えを、言わないことや、伝えないことに後悔はないか。そんな基準で考えてみれば、あなたが言うべきこと、伝えるべきことがわかる。だからあの人との関係がもっと深まる。

そして、あなた自身が今日死ぬとしたら、どんな選択をするか。背負っているものや、抱えている事情を理由に、自分のやりたいことをやらない選択に、納得できるのか。あなたにとって重要なことを明確にしておけば、どんな選択であれ、後悔は無くなるってことですわな(^。^)y-.。o○

あなたの心の奥底にある、本当の自分を鮮明にする特別講座
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。