小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

婚活や恋愛で、出会えない人にありがちなこと。心のシャッターを開けば、出会いもご縁も引き寄せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


婚活や恋愛で、出会えない人にありがちなこと。心のシャッターを開けば、出会いもご縁も引き寄せる。

心のシャッターを開くから、出会いのご縁を引き寄せる。

それが家族のような、身近な存在であろうと、あなたが大好きで、大切に思える人であろうと、これ以上は踏み込まれたくない。そう思う心の領域はあなたにもあるでしょう。
小川健次Blog
その話には触れないで。私のそのことについては、これ以上突っ込むようなことしないで。ここから先には入ってきてほしくない。そういう心の領域は誰にでもある。僕にだってあるにはある。

とはいえ、相手は別に、あなたを困らせようとして、そこまで突っ込んでくるワケじゃない。ただ純粋に、あなたのことを知りたいだけ。あなたのことを、理解したいだけ。

あなただって、逆の立場だったらそうでしょう。特にそれが、大切に思う相手であれば、なおさらのこと。この件あの件、あの人の考えや、あの人の思い。いろいろ聞きたい、いろいろ知りたいと思うもの。

知りたいのは、興味があるから。聞きたいのは、お互いの距離をもっと近づけたいから。あなたが、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージを読んでるのも、僕のことが好きだから。え? ふざけんな? あ、はい。

お互いが、お互いのことを知りたいと思い、お互いのことを知るから、相互の理解が深まっていく。だからお互いの心の距離が近づいていく

なのに、一方的にシャッターを閉ざして、そこから先に入れないようにしてしまう。その件は聞かないで。それは言いたくない。私は私、私のことを何で言わなきゃいけないの?

そんなことすりゃ、その時点で相手はドン引きですよ。あ、そうなんだ。こっちは、あなたのことを知りたいと思ってるのに、そうやってシャッター閉めて、入れてくれないんだ。だったらしゃあない。それまでね。お互いはこれ以上わかり合えないね。

だから人間関係が深まらない。人との距離が近づくこともないんです。恋愛も婚活もうまくいかない。だって、あなたがシャッター閉めてるんだもん。誰も入ってこれないでしょ。

自分で会いに行くこともない、シャッターを開けることもない。それで誰とも出会いない。誰とも距離が近づかないって、当然のこと。だからこそ、まずは、あなたが心のシャッターを開けて、会いたい人に会おうとすることが重要なんです。

<参考関連記事>
会いたい人に、会える方法。心のシャッターを開けば、会いたい人を引き寄せる。

自分で心のシャッターを閉ざしておいて、誰も私に興味を示してくれない、本当の私のことを理解してくれない、なんてピーピー泣いたところで、そんな面倒くさい女のことなんて、誰も知りたいとは思わない。

みんな忙しい。みんな恋愛や婚活では、自分に最適な出会い、理想のパートナーを探してる。閉まってるシャッターを、わざわざこじ開ける時間と労力がもったいない。それやってるなら、とっとと他に心のシャッターを開けてる人のところにいきますよ。

婚活や恋愛で出会えないなら、まず心のシャッタ―を開いてみよう

いつでもどこでも誰にでも、心のシャッターは空けっぴろげにする必要はない。ときと場合に応じて、閉めておいたほうがいいこともある。いつでも本音むき出しだったり、感情丸出しじゃ、それはそれで別の問題になる。

とはいえ、とにかく心のシャッターを閉めっぱなしじゃ、誰も入ってこれない。おまけに、それをこじ開けてでも、入ってきてくれる人を待ってるうちに、歳を重ねていろいろ手遅れになるだけですよ。

だったら、特別な事情や環境でない限りは、基本的には心のシャッターは空けておくこと。何を聞かれても。何を言われても、それを真正面から受け止めて、素直に正直に答えればいいんです。あなたことを、もっと知ってもらえばいいんです。

ちょっとそこの眉毛! 私は心のシャッター開けてもいい、と思える相手に出会えないの。私がいいと思える相手なら、心のシャッター開けるし、そうじゃない人は心のシャッター開けたくないの!

いや、あのね、どの相手だったら、心のシャッター開けてもいいか。なんて、相手も心のシャッター開けてくれてなきゃわからないでしょ。そして、相手にも心のシャッターを開けてもらうためには、あなた自身が、まず心のシャッターを開けることですよ。

相手が自分のことをオープンにしたら、私も自分のことをオープンにします。とか、相手に応じてシャッター開いたり閉じたりします、なんて言ってるから、いつまでも同じところの堂々巡り。だいいち、そんな器用なことできるなら、とっくの昔にうまくいってるつーの。

まずは心のシャッターを開いて、それを態度で示すんです。あなたが相手に対して、受け容れる気持ちがあることを、ちゃんと言葉と態度で伝えるんです。

それは別に、何か特別なことをするわけじゃない。ちゃんと相手と向き合い、言葉に耳を傾け、あなたの素直で正直な思いを、言葉にしてちゃんと返すこと。これは聞くな、これはイヤ、ではなく、あなたという人を正直に見せてしまえばいい。

それによって、お互いの心の距離が近づくより、遠ざかる。むしろ嫌われた。なら、ご縁がなかっただけのこと。早いうちにそれがわかって良かったじゃないですか。

つまらない駆け引きをしようとしないことですよ。そういうことしてるから、無駄にエネルギーばっかり消費して、報われることのない恋愛や婚活を、いつまでも繰り返すハメになるんです。

<参考関連記事>
恋愛の駆け引きがうまくいかない人に、共通すること。信じる力があれば、心を明け渡せる。

恋愛でも婚活でも、うまくいかせたいなら、まずは心のシャッターを開いて、自分のことを包み隠さないことです。あなたが心のシャッターを開くから、相手も開いてくれる。だからお互いがお互いをもっと知りたくなる。そうやって心の距離が近づいていく。

あなたが心のシャッターを開いてみるだけで、これまでは気づかなかった、出会いに気付くようにもなるし、想像もしていなかった、不思議なご縁が引き寄せられることもあるのだから(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻せば、心のシャッタを開くことが楽しくなる
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。