小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

言葉を重ねるほどに、愛と信頼が深まる。言っても聞いても、困ったことにはならない。

人気記事一覧



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

言葉を重ねるほどに、愛と信頼が深まる。言っても聞いても、困ったことにはならない。

■言っても困ることはない

ときと場合によっては、言葉を控えたほうがいいこともあるでしょう。相手の立場や相手の気持ちを想えば、今あえて口を開くべきじゃないタイミングってのはありますよ。
小川健次Blog
言葉ってのは発した側にそのつもりがなかったとしても、聞かされた側からしてみれば、心をえぐられる凶器になることだってあるんです。

誰だって言われてムカつくこともあるし、聞かれてイラっとすることもある。僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンで、悪気なく言ってる話しでも、あなたにとってはイラついたりムカついたりすることはあるでしょう。

そういう意味でも、言葉を発するときには、慎重さを求められることもある。不用意な発言で、お互いが傷つくだけのこともあるし、どっかの眉毛野郎のように、無駄に敵を増やすこともある。

とはいえ、あまり過剰に気を回しすぎて、言いたいことも言えなくなり、聞きたいことも聞けなくなって、コミュニケーションに障害が発生するようであれば、それも本末転倒というものでしょう。

そもそも、あなたが思っているほど、相手はあなたの言葉に思い入れなんかないでしょうし、あなたが思っているほど何かについて深く考えているわけでもない。あなたがあれこれ考えを巡らせなければいけないほど、慎重な発言を求められるシーンなんてのは、実のところそうそうない。

だいいち、ホントに話しかけちゃヤバそうなとき、ホントに声かけたりしちゃいけないとき、聞いちゃいけないコトなんてのは、そんなに深く考えなくても、普通にわかるものでしょう。そういう空気感は嫌でも伝わってくるものだし。いや、それがわからないなら、それはまた別に問題ある人ですよ。

なのに、勝手に気を回して、勝手に妄想膨らませて、言えばいいことを言えなくなる。聞けばいいのに聞けなくなる。

だから変に遠まわしな言い方になる。よくわからない不慣れな小手先テクニックを使って、ますます伝わらなくなる。んなことやってるから、お互いの溝が深まるばかりになるんです。そしてそのすれ違いのストレスが、どっかで爆発して大げんか。気づいたときにはさようなら。

深い意味のない彼の言葉にも、いちいち過剰に反応してビクビクする。それにとらわれすぎて、言いたいことも言えなくなる。それ、苦しいだけでしょ。

<参考過去記事>
彼の言葉に深い意味はないから、気にしなくても大丈夫。執着を手放して、言葉から自由になれば愛が深まる。

地雷なんかまったく埋まってないところなのに、わざわざ迂回したおかげで、ホントの地雷原に迷いこんで木っ端微塵。当事者のあなたも痛いでしょうが、周囲の人も痛々しくて見てられない気分になる。

だったら思っていること言えばいいんです。聞きたいことなら聞けばいいから。それだけのことですよ。実際にはそれで困ったことになんかならないから。ホントに困ることになりそうなときは、なんとなくわかる。そういうときは、自然とそんな空気が伝わってくるから。

■言葉の数ほど愛と信頼が深まる

言ってみれば当たり前のことですが、ちゃんと言葉で伝え合わないと、本音ベースのところは何もわかりませんしね。

逆に考えてみればいいんです。あなただって、日常会話の中で、誰かが発する言葉のいちいちを、あまり気にしちゃいないでしょ。言われたり、聞かれたりすることで、気分が悪くなった、なんてことは、それが社会常識の範囲内であれば、そうそうないでしょ。

言いたいなら言えばいいよ。別に気にしないし。聞きたいなら遠慮なく聞いてよ。答えるから。あなたが他人に対してそう思っているように、他人もあなたに対してそう思ってる。

もちろん、言い方や聞き方、そのタイミングというのは、コミニュケーションにおける重要な要素であることに間違いはない。が、それもまずは言おうとする、聞こうとする意思と行動があっての話しでしょう。

そこであれこれ気を回すばかりで臆病になり、何も言えないならそれこそ何もはじまらない。何も聞けないなら結局何もわからない。

別にそんな大そうな勇気も決断も必要ないですよ。本屋で売ってる安っぽい会話術の本に書いてありそうな、小手先テクニックなんてまったく不必要。ただ無駄に、相手のことに気を遣いすぎることをやめればいいだけのこと、余計な遠回りをやめればいいだけのことですよ。

だいたいね、何か一言声をかけた、何か聞いた、そのくらいで嫌われるなんてこともない。それで嫌われたなら、最初から嫌われてたというだけのことですよ。それがわかって良かったね。嫌わてなかったとしても、それくらいでキレるような、器の小さいヤツってことがわかって良かったじゃないですか。

何かを言えばすべてが解決するわけでもないし、何かを聞けば答えがすべてわかるわけでもない。同じように何かを言ったり聞いたりしても、それで困ることになるわけでもない。

最後の最後は、ご縁次第。ご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければさようなら。何かを言ったかどうかなんてのは関係ないんです。そこは目先の損得を気にせずに、ご縁を信じて言いたいこと、聞きたいことは言葉にすればいい。

<参考過去記事>
ご縁を信じていれば、必ず理想のパートナーと結ばれる。利害や損得を気にせず、ビビっとくる出会いに身を委ねよう。

繰り返し言いましたけどね、言っていいことと悪いことはあるし、許せる状況環境と許されない状況環境はある。そのくらいの分別は、誰に言われることもなく、あなただってつけられるでしょ。なら、そうじゃないときは、別に何を言おうとどうということはないでしょ。

お互いの信頼関係が揺らぐこと、不審感が生まれることの原因は、お互いの考えがわからないから。わからないことは言葉にすればいい。言葉の数が多ければ、愛と信頼は揺らがないし、不審感が生まれることもないということ。だからお互いの関係が深まるってもんですわな(^。^)y-.。o○

■愛されるコミュニケーションのスキルを磨くには

愛される人になるための、セルフブランディング講座
↓↓ 東京・大阪 ↓↓
小川健次セミナー

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。