小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

悲しみの感情は心の均衡を保つための安全装置。悲しいことやつらいことが、崩れそうな心のバランスを維持してくれる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

悲しみの感情は心の均衡を保つための安全装置。悲しいことやつらいことが、崩れそうな心のバランスを維持してくれる。

■悲しみの効用

そりゃ悲しいことやつらいことを喜んで体験したい人なんて、よほど特殊な性癖でも持ってる人でもなきゃそうそういない。

小川健次Blog

だからわざわざすすんで悲しいことや、つらいことを体験する必要もない。それでもその体験からでさえ得られる価値については、知っておいても損はないでしょう。


それに、生きていれば悲しいことや辛いことからは、望む望まざるとに関わらず、誰も避けることはできないもんでしょう。

それは大切な人との永遠の別れかもしれないし、仕事での重大な失敗かもしれない。積み上げてきたものが崩れ去る体験をしたときかもしれないし、缶コーヒー買おうと思って自販機のボタン押したら、ビックル買ってしまったときかもしれない。

でも、その悲しい体験が自分の心をクールダウンさせる役目を果たしてくれる。調子こいて周囲が見えなくなってしまった自分に平静さを取り戻してくれる。

力を貸してくれる人や、助けてくれる人の優しさに触れ、あらためてその人たちが、どれだけ大切かを痛感し、その人たちの存在に心からの感謝を抱くことができる。

悲しみは自分自身の心の内側を見つめさせる。そして、病気や失望のすべてを癒す素晴らしい力があることに気づかせてくれる。また、沈思と黙考の大切さも教えてくれる。沈思黙考から得られる見えない力は、ある期間あるいはある事態に必要な助力と慰めを与えてくれるのである。
■書籍 『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル著(きこ書房)より

悲しい出来事を体験すると、見えることも感じることも変わっていく。思い返してみれば、これまでも悲しい体験が自分自身の成長の糧になってきた。そう思えることの一つや二つは誰にでもあるはずでしょう。

ならばそれは一旦受け容れる。悲しいことは否定も拒否もせず、まずは受け入れて素直に悲しむ。それで泣こうが凹もうが困ったことにはなりませんよ。

<参考過去記事>
泣きたければ泣けばいい。怒りたければ怒ればいい。自分に素直になれると、心がすっと軽くなる

もちろん、その場そのときその瞬間は平静ではいられないでしょうが、その経験を振り返りながら、その体験を通じて得た学びと価値に目を向ければいいんです。

■悲しみを受け容れることで自分が大きくなる

大事なことはそれが悲しみだろうが喜びだとうが、自分の経験や体験を今と未来に活かすということ。

だから、悲しんでる私かわいそー。とか、凹んでる俺かっけー。のような自己憐憫からは何も生まれないし、何も活きない。それこそ時間の無駄だしうっとうしい。

悲しい体験を通じて感じたこと、気づいたことは今と未来に活かすんです。どんな悲しみであっても、どんな大きさであっても、その悲しみに応じて新しく感じられること、気づくことは必ずある。

そういう意味では、悲しみとは、新たな気づきや発見を得るために、大自然が僕たちに与える試練でありチャンスであるともいえるのでしょう。

なので、ときには大自然さん理不尽すぎるだろっ、と思えるほどの悲しみもあるかもしれないが、そこには必ず意味があるはずなんです。だからその意味は考えればいいだけのこと。

<参考過去記事>
しんどいことも楽しいことも、すべてのことに意味がある。どんな意味にするかは、自分の心のあり方次第。

それに、悲しみを感じることができるからこそ、喜びも感じられるってもんじゃないですか。そして悲しみを知っているからこそ、誰かに対して優しくなれるというものですよ。

言ってみれば悲しみの感情とは心の均衡を保つための安全装置。悲しいことやつらいことが、崩れそうな心のバランスを維持してくれるし、暴走しそうな感情をクールダウンしてくれる。

だから悲しみを恐れる必要はないんです。拒む必要もないんです。むしろすすんで受け容れて、その経験を通じて自分の内面にさらなる磨きをかければいいってことで。

まあそれでもさすがに、悲しみさんいらっしゃーい!とはいかないもんですがね。

ちゃんと悲しみを受け容れ、真正面から向き合えば、それいずれ必ず去るものです。そして立ち直ったときには一層強く、大きくなっている自分がいるということだけは忘れないことですな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。