小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

別れる勇気を持つと、大切な人とのご縁が結ばれる。別れるから、引き寄せる愛もある。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/10/15更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第50回

裏切り、浮気、事故…不幸の連鎖、占いにすがったキャリア女子の結論

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


別れる勇気を持つと、大切な人とのご縁が結ばれる。別れるから、引き寄せる愛もある。

別れる勇気を持つと、大切な人とのご縁が結ばれる。

力の限りをつくしても、乗り越えられない壁はある。あらゆる解決法を考えても、解決できない問題もある。
小川健次Blog
どんなに誠意を持って話し合ってみたり、少し距離開けてクールダウンしてみても、まるで改善しない関係もある。

ときに誰かの力を借りてみたり、まったく違う発想で取り組んでみたりする。それでも、問題は解決できないし、お互いの間のわだかまりか消える気配さえない。そういうときもあるでしょう。

そこで目の前のことに執着していたり、とにかく今の形、今の関係にこだわったりしているほど、事態はますます悪化する。どうにもならないことを、どうにかしようとしても、どうにもならない。

そんなときに、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージを読んだところで、気休めくらいにしかなりませんよ。むしろ、眉毛野郎の不敵な笑みを思い出し、ますますイラつくだけのこと。

すでに、今の時点で、どこでどう道を間違えたのか解らない。これまで何度間違えたのかもわからない。ならば、手近なところだけで、問題解決しようとしても、無理ですよ。だってもうボタンが掛け違っているのだから。目の前の一個を治しても、すべては治らない。

100まで進んだところから、80まで戻って問題の原因を探してみても、本当の原因や、道を誤ったポイントが20のところにあるのであれば、原因なんて見つかるわけないんです。100から85の間をぐるぐる回っているだけのこと。

だったら20まで戻る必要がある。20で原因が見つかるならまだマシで、そもそも1の時点で間違ってたこともある。そうして、あれこれ考えているだけで時間が過ぎる。ならば、一回別れて、ゼロからやり直せばいい。ゼロスタートからならうまくやれる。

もちろん、別の道があるなら、それはそれで別の道を選択すればいいこと。行き詰ったからといって、いちいちすべてをゼロからやり直しなら、それはそれで無駄ですよ。

<参考過去記事>
行き詰ったときに、考えるべきこと。恋愛も仕事も、ダメになったときにすべきこと。

いまいち関係がこじれた理由について、あれこれ考えて、その場しのぎで何かしたところで関係修復なんかできない。ならば距離を開けるまでもない。別れていいんです。それでご縁があれば、またゼロからやり直せる。そのときはうまくやれる

いなくなると寂しい、なんとなく今まで一緒にいたから。ホントはもうダメなことがわかっている、お互い気持ちも冷めている。なのに、そんな理由で、現状の関係に執着していても、誰もハッピーになりはしない。だったら一旦別れてゼロに戻れば、やり直しの可能性もある。

別れるから、引き寄せる愛もある。

その場しのぎで、手近なところだけを、ちょこちょこ改善しようとしてみたり、小手先でどうにか誤魔化そうとしてみたところで、こじれた関係を解決なんかできやしない。わだかまりが消えることだってない。

それらが、一時的に解決したように見えたところで、またすぐ同じ壁のところに戻ってくるだけですよ。同じような喧嘩や、同じようなすれ違いを繰り返して、お互いが苦しくなって疲弊するだけ。だってそもそも入口の時点でおかしい可能性が高いんだから。

ならば、もう一度ゼロに戻ってやり直し。出発点に戻ればいい。一回別れてもいいんです。それでホントに関係が切れたなら、ご縁がなかっただけのこと。むしろそれがわかって良かったね。だけども、ご縁があれば、またゼロからやり直せる。次はうまくやれる。

別れること、関係を白紙にすること、執着を手放すはことは勇気のいることでしょう。これまで積み上げた関係を、無かったことにするんだから。寂しくなって辛くてしんどくなる可能性だってあるんだから。

とはいえ、見つからない答えを探して、あーでもないこーでもない言ってる時間が無駄。お互い不必要に傷つけ合い続けるのも苦しいだけ。だったら勇気を出して最初からやり直し。結果的にそのほうがうまくいく。お互いがハッピーになれる。

何より、今モヤモヤしている関係をゼロにできれば、あなたの身も心も楽になる。明るい気持ちで未来へのイメージを描けるから、もっといい人とのご縁だって引き寄せられる。

だいいち、放っておけば、どうせ傷を負うことがわかっているならば、そりゃ浅いうちのほうがいいに決まってる。

もったいないと考えて執着しているから、結局もっと大きなものを失うことになる。今は痛い思いをしたくないと思いながら、問題を先送りにしたおかげで、もっと痛い思いをすることになる。なんだかそれこそバカバカしい。

それが不倫であればなおさらのこと。クズ男の嘘を真に受けて、どうにもならないことがわかっていながら、切れずに時間だけを使ってしまえば、残るのは後悔だけになる。

<参考関連記事>
不倫男が、あなたを縛るためにつく10の嘘。2つ以上当てはまれば、クズ男で確定。

別れる勇気を出して、関係を断つから、本当に大切な人とのご縁を引き寄せるんです。今ハッピーじゃない関係への執着を手放すから、冷静になって、あなたとあの人の関係を見直せる。あなた自身にとって本当に大切な人は誰なのかがわかってくる。

それは、今関係をゼロにする人と、ご縁があって、またやり直せることなのかもしれない。もしくは心身ともに軽くなったあなたが、新しい人とのご縁を引き寄せることなのかもしれない。いずれにしても、別れるから引き寄せる愛もあるってことですな(^。^)y-.。o○

ダメな関係への執着を手放すには
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



11月札幌
小川健次


11月大阪/12月福岡
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。