小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

会いたい人に、会える方法。心のシャッターを開けば、会いたい人を引き寄せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/02/23更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第121回

超ハイスぺ夫婦が、すれ違い続きの不幸な生活を脱出するまで。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

会いたい人に、会える方法。心のシャッターを開けば、会いたい人を引き寄せる。

会いたい人に、会える方法。

よっぽど俗世間から、隔絶された世界にでもいなければ、誰でもが皆つながっている。地面を介して、人を介して、ネットを介して、何かしらの形でつながっている。
小川健次Blog
つながっている以上は、それが誰であれ、会うことができるということ。話すことができるということ。あなたが会う気になれば。話す気になれば。

もちろん、相手によって会うための手段方法は、考えなきゃいけないこともある。近所のおっさんに会うのと、ハリウッドスターに会うのは、同じってことはない。物理的な距離やセキュリティを乗り越えるなど、かかる手間と負担が違うのだから。

ちなみに、毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画でつながっている僕とあなただって、会おうと思えば会えなくもない。窓口はどこにでもあるのだし。

時と場合、相手によっては会ったり話したりするのに、相応の負担や手間が必要になることもある。だとしてもそれが絶対不可能ってことはない。

いやまあ、確かに相手が有名人や、特殊な状況にある人であれば、そりゃ確かに相応の手段や方法が必要ではある。でも、それほどの相手に、どうしても、何がなんでも会わなきゃいけないことなんて、そうそうない。




でもね、ちょっと縁遠くなってしまった相手。ちょっといろいろあって話しずらくなってしまった相手。そういう人のことなら、話しはカンタン。

だって、あなたが会おうと思って、会いに行けば会えるんだもん。話そうと思って、声をかければ話せるでしょ。ちょっと出かけてくればいいだけ。メールかLINE送ればいいだけ。電話一本するなり、会ったときに声をかけるなりすればいいだけのこと。

なのに会えない、話せない。そりゃ、あなたが自分で心のブレーキ踏んでしまっているだけのこと。私のコトなんか。忘れられてるんじゃないか。私のコトを良く思ってないんじゃないか。声をかけてもスルーされて、相手にされないのじゃないか。

あのね、別にあの人もこの人も、あなたに対してシャッター閉じてない。閉じてるのは、あなたの心のシャッターでしょ。誰だって、声をかけてくれたり、会いにきてくれたりすれば、嬉しいと思うもの。なのに、あなたが勝手にシャッター閉じてるだけのこと。

そうやって、自分が勝手にシャッター閉めているだけなのに、それを彼に責任転嫁。だからイラついて余計なことを言う。好きな男に嫌われる。

<参考関連記事>
好きな男に言うと、嫌われる3つの言葉。彼には、言わないほうがいい言葉がある。

もちろん、まったく会ったこともなければ、縁もゆかりもない人であれば、いきなり声かけられたり、いきなり会いにこられてもドン引きされるだけ。それに、決裂したばかりの相手に、すぐ声かけても、キレられるかスルーされるかになるから要注意。

それでも必要な手順をちゃんと踏む。少し間を開けてクールダウンする。ちゃんと相手を気遣って、お互いの関係性を見極めた上での対応さえしておけば、会うことも話すこともできるはず。

心のシャッターは開けておこう

ホントによほど嫌われてる。顔も見たくないし、同じ空気も吸いたくない。というくらい避けられてるなら、そりゃもうしゃあない。諦める。でもね、そこまでじゃなければ、会うことも話すこともできるはず。あとの問題は、あなたの心のブレーキだけ。

あなただってそうでしょう。あなたのことを気にかけてくれて、連絡くれたり、会いにきてくれたりすれば、嬉しいと思うでしょう。それほど親しい仲じゃなかったとしても、少し疎遠になっていた関係だって、心満たされる想いはあるはず。

だからね、会いたいと思うなら会いに行けばいいんです。話したいと思うなら話しに行けばいいだけのこと。相手の心の扉は閉じてないから。

なのに、そこで余計なこと考える。あれこれ不安に思う。だからつまらない駆け引きを入れてみる。余計な小細工をしてみようとか考える。だから話しがややこしくなる。だから相手も警戒するし、面倒くさいと思われて扉を閉められる。




そりゃね、相手にだって事情がある。あなたが忙しいように、あの人だって忙しい。それこそ、あなたの要望に応じなきゃいけない、義理も義務もないでしょう。

そういう事情や相手も考えだって、まずはあなたが動かない限りはわからない。あなたが会おうとする、話そうとする。その意図をボールで投げなきゃ何も返ってきやしない。相手が云々言うより前に、まずはあなたの思いに従って動いてみればいい

縁遠くなってしまった人、わだかまりのある人に限った話じゃなくて、日常的にやりとりをする相手との関係だってすべて同じこと。

会いたいと思って会う。話したいと思って話す。それだけのこと。あなたがそう動き出せば、あの人もこの人も、そのあなたの想いに応えてくれる。シャッターが降りてるのは、あの人の心じゃない。あなたの心。

まずはあなたが自分の心のシャッターを開けること。これまでのご縁も、会いたい人とのご縁も、そしてまった新しい人とのご縁も、あなたの心が引き寄せる

<参考関連記事>
新しいご縁は、〇〇すると引き寄せる。出会いのご縁を拡げる方法。

自分から誰かに会おう、誰かと話そう。そう思って動いているときってのは、自然と心のシャッターが上がってるもの。だから他人もあなたに声をかけたくなる。だからあの人もあなたに会いたくなる。あなたが会いたい人を引き寄せる。

よほどの相手でもない限り、会いたい、話したいと思われて、気分が悪くなることはない。だから電話してみる。LINEしてみる。そして会いに行ってみる。するとホントにあなたが会いたい人に会える。話したい人と話せるし、そこから生まれるご縁は少なくないってことっすな(^。^)y-.。o○

会いたい人に会うための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。