小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

どうにもならないことにクヨクヨするのは百害あって一利なし

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

どうにもならないことにクヨクヨするのは百害あって一利なし

■くよくよする前に考えることあるでしょ

度合いと程度の問題ですが、適当なとこで割り切って、綺麗さっぱり切り替えることも時には必要でしょ。

どうにもならないことに

大切な相手との待ち合わせ場所まで電車で30分。
でも


電車に乗れたのは待ち合わせ時間の5分前。

こんなのはどうしたって遅刻確定ですよ。
諦めないとか言っても無駄。だってもう無理無理無理なんだから。

にも関わらず、電車の中でイライラしまくり。早く着かないかとドキドキしまくり。相手に迷惑かけたとくよくよしまくり。さらにそこで踏み切り事故で電車が止まろうものなら血管ブチ切れて卒倒する。

意味ないでしょ。そんなの全然。疲れるだけだし。
そのイライラしているエネルギーはもっと別のことに向けるべきです。

遅刻するという事実は揺るがないんだから、その分相手をどうやってフォローして穴埋めして、リカバリーするかを考えればいいんです。というよりそれしかないでしょ。

もっと言えば焦って待ち合わせ時間5分前の電車に乗るより、それに乗っても無駄だと悟って、まずは相手に一本遅れる旨の連絡入れればいいだけですよ。

どうにもこうにもならないことはあるんです。もちろん、そうならないように準備を万端にし、常に最善を尽くそうとすることは当たり前。言うのもバカバカしいくらいですわ。

一方で最善尽くそうが、どうにもならないことも必ず起こる。天変地異や不慮の事故はもちろん、小さなうっかりミスもするでしょう。人間だから。

大事なのはそのときに、どう対応するか。
どう現実と向き合い、適切な落としどころをみつけて、そこに落ち着かせることができるか。

どうにもならないことに直面したときに、自分を責めてうなだれても意味はないでしょ。
起こった出来事に右往左往して、その責任者を責めたてたところで、問題の解決にはなりませんよ。

改善のための建設的な反省は大事ですが、それは目の前の問題が落ち着くべきところに落ち着いてからあれこれ考えればいいことですよ。

起こったこと、起こりうることを、まずはあるがままに受け容れ、その中で現実的な対応を考えるほうが、イライラしたりカッカするよりも、はるかに生産的で建設的。

焦っているときほど、想定外のことが起こったときほど、ほんの数秒でいいんです。まず立ち止まって考えてみる。それは自分に対処できることなのだろうかと。対処するために最善の方法は見つけられそうだろうかと。

■粛々と現実に対応するしかない

それでも、現実的な対応がみつからないほど本当にどうにもならないこともある。力を尽くしたところで、それでも最後は自分の力の及ばないこともある。

そんときゃもう手放す。それしかない。

<参考過去記事>
信頼信用しているからこそ手放せる
https://ogawakenji.com/archives/1667442.html

何やったってできない、どうにもならないことはある。
ルーレットがまわりはじめたら、もう身を任せるしかないんです。あとは出た目に対して冷静かつ適切な対応でのぞむしかない。

伝えても伝わらない相手はいるし、関わるだけで有害なアホもいる。自分が全力を尽くしたところで、自分の力が及ばないレベルの事情で結果に結びつかないことはある。

まぁクソ真面目にいろいろ考え込んだり自分を責めたりすのも結構ですがね。
それにしたって自分じゃどうにもこうにもならないことにイライラすることほど、無意味で無価値なこともないでしょう。

そんなことして前に進むんならそれもいいのでしょうが、それって結局は思考と行動を止める原因にしかなりませんから。

だから割り切って起こりうる現実に粛々と対処するんです。
くよくよ、イライラして、それに引きずられ、起こった出来事への対応を誤るのが最悪のパターン。

もちろん、くよくよ、イライラしないでいられるためには、自分が全力を尽くしていて、やれることはやり切っているかどうかが重要ですがね。

いずれにしても、過去に戻ることはできない以上、目の前の問題に真正面からドーンとぶつかっていくだけですわ(^。^)y-.。o○

起こりうる出来事に冷静に対応できる心の状態をつくるにはこちらのセミナーで。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
新潟・神戸・大阪・東京・名古屋・札幌・沖縄
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。