小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手の心を変える、簡単な方法。心がうまく噛み合わないのには、理由がある

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第57回

ギリギリまで働いて、不倫に堕ちる…仕事を抱え込むキャリア女子がハマる蟻地獄

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


相手の心を変える、簡単な方法。心がうまく噛み合わないのには、理由がある

心がうまく噛み合わないのには、理由がある

あの人はあの人であなたじゃない。どんなに近い人、仮にそれが親子であろうが、夫婦であろうが、自分とは別の誰かである以上、あなたじゃないんです。
小川健次Blog
それは、昨日の記事『他人から批判されても、気にしなくていい理由。批判されても、嫌われているわけじゃない』でも言ったとおり。ましてや、その人の心をあなたが支配することなんてできやしない。

当たり前のこと。当たり前すぎて。ここで言うまでもないこと。それでも、つい期待してしまう。あの人には私と同じでいて欲しい。私と同じものを見て、同じように感じて欲しい。そして私の期待どおりのことを言って欲しいし、やって欲しい。そうじゃなきゃイヤ。

それってつまりは押し付けでしょ。あなた自身のことだけが中心で、相手の想いは一切無視。とにかくあの人を思い通りにしたい。あの人を支配したい。

いつも、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、それにYouTubeの動画あたりで言ってるように、そういう押し付けをすると、たいがいロクでもないことにしかならない。

だって相手も、それで気分がいいわけはない。そんなあなたの主張なんか、受け入れられない。それどころか、こいつ手前ぇのことばっかりじゃないか。まじウザい。返ってくるのは、あなたの期待とは真逆の結果。相手からの反発。そして嫌悪ですよ。

そして、あなたは言うんです。

『あの人に私の気持ちが届かないんです。』
『あの人は人の気持ちがわからないんです。』
『頭の固い人なんです。』
『どうすれば、あの人は私の気持ちをわかってくれるでしょうか。』

いや、それは無理よ。ちなみにね、僕の個人セッションにきて、その手の相談されても無理だから。他人の心は操れない。あの人はあの人であって、それをどうこう他人はできない。俺はエスパーじゃねえし、それ期待するなら、俺じゃなくて、霊媒師か占い師にでも相談したほうがいい。これホント。





その相手にしたって、一方的に押し付けられた挙句、あなたから『頭の固い人』『人の気持ちのわからない人』なんて、勝手なレッテル貼りをされれば、ますます頑なになるだけでしょう。あなたが押し付ければ押し付けるほど、相手は距離を取りたがる。

それじゃ、あなたとあの人のご縁は、永遠に未来永劫結ばれない。むしろお互い距離は、宇宙の端から端レベルまで遠ざかる。

何度でも言いますけどね、あなたが他人の心を支配することはできない。そうしようとすればするほど、ウザがられるし逃げられる。そしてあなたはそれでストレスになる。誰も幸せにならないでしょ。

逆の立場で考えてみればいい。とにかく要求ばかり。とにかく期待ばかり。ああして。こうして。言う通りにして。そんな押し付けがグイグイくる。でもそれをやってくる人は、それを愛だと言う。って、それをあなたは受け入れられるか、ってことですよ、

そうやって相手に押し付けるばかりだから、LINEの返信がこないくらいで、理由をあれこれ考えてストレスになる。そして、押し付けの追撃長文LINEを送って自爆テロ。救いようがなさすぎるわ。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

他人に変わることを強制すんなっつーの。その人の価値観を無理にネジ曲げさせてまで、あなたを受け入れることを求めんなって。

そんなことしても相手は苦しくなって逃げるだけ。あなたも逃げられて苦しくなるだけ。そもそも、他人の心に手を突っ込んで、ひっかきまわして変えてやろう。なんてこと自体が無理なこと。

相手の心を変える、簡単な方法。

他人の心に手を突っ込んで、そこにあるスイッチを切り替えさせようとしないこと。そんなことばっか、しようとしてるから、余計なストレス感じることになるんです。無意味にお互いを傷つけ合うようなことになるんです。

あの人どうこうは関係ない。まずは、あなた自身の心のスイッチを切り返ればいいんです。あの人が、あなたへの接し方を変えてくれることを求めるのではなく、あなた自身が、あの人への接し方を変えなさいよ。

日常のあの人への言葉の使い方、関わり方、それこそ会う時間や場所などだって、あなたの選択で変えることができるでしょ。あの人の心のスイッチは変えられなくても、あなたの思考と行動は、あなたの選択で変えられる。

そうやって、あなたの心のスイッチが切り替われば、今まで見えていなかった、あの人の違う側面が見えてくることもある。

あ、私がこういう言い方をすると、こういう顔を見せてくれるのね。こういう態度で接すると、こういうレスポンスも返してくれる。今までと違う顔、今までと違う考えが見えてくる。だったら私もこういう言い方しようかな。こういう付き合い方にしようかな。





相手の違う顔が見えるくらいの余裕が生まれると、押し付けもしなくなる。相手を支配しようともしなくなる。自分が変われば、相手が変わることがわかるから。そこでゴリ押しをしようとするより、自分が変わるほうが早いんだもん。そのほうが気楽でいられるんだもん。

あなたの余裕が相手に伝わるから。あの人もそれに応じた、接し方になってくる。だからお互いが、心地よい人間関係になるんです。心の距離がググっと近づいてくる。他人はあなたの心の鏡。

相手からの見返りへの期待に執着をしない。私はあの人にこうしてほしい。彼にはこういうことを求めてる。いや、だからそれはあなたの一方通行の想いの押し付け。彼にも考えがあるし、彼にもやりたいことがある。彼にも求めているものがある。

あの人はあの人の考え、あの人の価値観に基づいてレスポンスしているにすぎない。それ以上もそれ以下もない。ならば、あなたが投げるボールの種類を変えること。あなたが違うボールを投げられるようになることですよ。違うボールを投げれば、違う形で返ってくるから

あなたは期待も望みもしなくていい。見返りなんかクソくらえ。執着なんかどっか行け。あの人はあなたと違うしあなたの分身じゃない。その人のスイッチをあなたが切り替えることはできない。

そこで相手を変えることに執着すればするほど、ご縁が遠ざかるだけ。本当に大切な人とのご縁を結びたいのであれば、まずは相手をリスペクト。尊重することです。依存させてくれるよう変わることを求めない。変わるべきはあなたの心のスイッチ。

<参考関連記事>
ご縁が結ばれるには、条件がある。依存をやめて、支え合うと愛し合える。

相手の心は変わらないが、それでも相手の心を変える方法はある。どうも心が噛み合わない。もしあながそう感じることがあったとしても、そこで相手を責めないことです。その原因をあの人のせいにして、あの人の心を、強引に替えさせようとしないこと。

まずはあなたのスイッチを切り替えろ。すると、あなたが変わる。だからあの人も変わって、あなたを受け入れてくれる。お互いの心の距離も近づいて、お互いが心地よい関係になれる。ご縁が結ばれるってもんですわ(^。^)y-.。o○

心のスイッチを切り替えれば、心がスッと軽くなる
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加>

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。