小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

【付録あり】わだかまりは記憶から消えたときに許しになる

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

というわけで5月9日(金)から11日(日)までの三日間は名古屋へ行ってきました。
毎度のごとくいろいろあった三日間。

その名古屋でのセミナー関連の模様の一部レポートを、この記事の下のほうに【付録】として掲載してますのでどうぞ。

さて、今日のテーマはこちら。

わだかまりは記憶から消えたときに許しになる

■イライラが軽減したところで許しにはならない

過去の他人とのわだかまりから生じるイライラ感というやつは、往々にして時間とともに軽減されるもの。

0add1917

もちろん、時間が過ぎてもイライラが消えないわだかまりはある。恨み骨髄。孫の代まで呪ってやりたいわだかまりもあるかもしれない。


とはいえ、時間とともにほとんどのイライラは軽減されるもんです。

しかし、イライラが軽減すればわだかまりが消えるかといえばそうでもない。
ひょんなことで思いだし、そしてまたイライラする。

最悪なのは、あのとき俺は許してやったんだ、私が妥協してやったんだから、と恩着せがましい上から目線の感情で相手に対峙してしまうこと。

おまけに、許してやった俺エライ。みたいな意味不明な勘違いまではじまるともう目も当てられない。

それじゃ、わだかまりも再燃しますわ。
もちろん大人だからそれで大きなトラブルにはならないかもしれない。でも結局またもイライラ。その相手とは永遠にうまくやれない。

相手だって人間。そんな態度はどうしたって伝わるし、そんな態度の人とうまくやろうとは思わない。

それに、俺許してもらえたから、そんな負い目を感じながら付き合うほうだってしんどいし、同じようにイライラするだけですよ。

だから、本当にわだかまりを無くして、相手を許す、もしくは許してもらいたければ、そのこと自体を記憶から消し去るのが一番です。

■イライラが軽減したところで許しにはならない

もちろん、過去のことを記憶から完全に消し去ることは不可能でしょう。

だから、ホントはそうなる前に対処すべきなんです。

<参考過去記事>
人間関係のわだかまりは早いうちに対処するから、早いうちになくなる

しかし過ぎた時間は戻らない。対処に遅れて残ってしまったわだかまりについては、それでそれで何とかしなきゃいけない。

だからその場合は一回リセット。やりなおし。
記憶からは消せなくても、記憶を書き換える。

中途半端にわだかまりを残したまま、お互いが許してやった感や、許された感を抱いたまま関係を続けていても、いずれ再燃してイライラ勃発。

男女関係であれば一度別れるくらいの開き直りでゼロベースでやりなおし。
仕事上のことであれば、わだかまりの原因になった案件について、もう一度ゼロベースで交渉し合い。

それでうまくいかなきゃ、どうせ最初からうまくいかない関係なんです。それで納得してさようなら。
ちゃんとやりなおして、記憶の書き換えができたとき、はじめてそれが許しになる。

っつーか、そもそも許すだの許されるだのと言ってるってことは、実は全然許してないってことでしょ。だって根に持ってなきゃそんなこと思うわけないんだから。

あとはどうして許せない、忘れられない、いろんな事情でさようならもできないってことなら、後は恨みパワーとこんちくしょーパワーに転換すればいいってことですな。まあそれはそれでかなりの力にもなりますし(^。^)y-.。o○

■【付録】名古屋レポート ※本文とは無関係

冒頭に書いたとおり、名古屋でのもろもろを写真付きで。

まずは愛知発祥の全国チェーンといえばCOCO壱番屋。略してココイチ。
kokoichi

そして名古屋めしの定番といえば、ヨコイのあんかけスパゲティ。パスタというよりうどんのような食感とボリュームに圧倒されまくり。
ankake

セミナー終えての懇親会では手羽先を皆さんで。
tebasaki

飲んだ後の締めの定番は、カレーうどん錦のカレーうどん。具の厚揚げが飲んだ後の胃にやさしくてホっとします。
kareudon

そうそう。名古屋といえば喫茶店の朝食。これはコメダ珈琲。コーヒー頼んだだけなのに、トーストと卵がついてきた。
komeda

さらにスガキヤも忘れてはいけませんね。420円の特製ラーメン。個人的にはちょっと苦手でしたが、地元で愛される名店のようです。sugakiya

帰る前には、新幹線のホームで味噌きしめんをいただくのが、名古屋出張者のお約束というものでしょう。
35

あ、何かグルメレポートみたいになってますが、ちゃんと仕事もしてます。
seminar

そして無事に自宅に帰着したところでお出迎え。
16

というわけで、次回は大阪。そして札幌、新潟へ。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。