小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

束縛するのもされるのも、本当は愛していないから。自分を愛せないから、他人を愛せない。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/11/17更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第107回

社長と副社長は夫婦。一方的に解雇されたキャリア女子が下した、不倫相手との決別。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

束縛するのもされるのも、本当は愛していないから。自分を愛せないから、他人を愛せない。

束縛するのもされるのも、本当は愛していないから。

愛の形は人それぞれ。その表現方法も人それぞれ。世の中には、人の数だけ愛の形や、愛の表現方法というやつがある。
小川健次Blog
それらのうち、どれが良くてどれが悪いかなんてのは、誰も決めようがない。良いも悪いも人それぞれ。みんな違ってみんないい。

とはいえ、本人がそれを愛だと言っても、その相手からみれば、おいおい、それは愛じゃねーだろ。と思うものもある。愛と言っておけば、すべてが許されるかといえばそうじゃない。

ちなみに、僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画に込められてるのも、あなたへの揺るぎのない愛。え? 単なる悪ふざけだろ? いや、まあ、確かにそれもある。

愛のように見えて、実は愛じゃないだろ。と言える代表的なものの一つは、他人を支配したり、他人に支配されたりという、いわば束縛というやつ。

しかも、そこに単純な暴力や恫喝が含まれているようならもう最悪。仮に暴力や恫喝じゃないにしても、とにかく相手を精神的にでも束縛したい、支配したいってのは、どう考えたって愛ではない。

だってそれは、
相手を自分の思い通りに他人を動かしたいという傲慢さ。相手を失うかもしれないという不安解消。相手を貶めることで、相対的に自分のポジションを上げたいという卑屈さ。

のような、自分自身を満たすことだけを一番にした、自分自身に向けたものなのだから。




口では、お前のためにとか、あなたのためにとか、綺麗なことをあれこれ言ってるが、それは嘘。全部。それ、相手のためじゃない。可愛いのは自分であって相手じゃない。愛どころか、単なる歪んだ自己承認欲求の、発露にしかすぎない。

その一方で、束縛され、支配されるほうもされるほう。

束縛されて苦しい。自由がなくてストレスになる。そう言ってるなら距離を取ればいいだけのこと。束縛されて嫌ならとっとと他のところへ行けよ。よっぽど色んな事情があって、そこから離れることができないケースを除けば、とっとと離れればいいだけのこと。

それでも離れないのは、そのほうが楽だから。一人になるのが寂しいから。今までの付き合いが切れてしまうのが、なんだかもったいない気がするから。

のような、これまた自分都合。愛しているから。その人を支えたいから。じゃなくて、自分の心を満たしたいだけ。失う不安から逃れたいだけの自己満足。それも愛とはいえないでしょ。

お互いがそれで満たされているなら、それはそれでいい。でもそれダメになるのは時間の問題。どうせダメになるのわかってる。なのに、自分で自分を縛り付ける。そこから解放されたいなら僕の潜在意識徹底活用講座にでもきて目を覚ましたほうがいい。

<参考関連リンク>
小川健次セミナー/本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用講座

本当に相手のためを思うなら、相手を支えようと思うなら、そして本当に愛しているのなら、相手のパーソナリティを、信じて尊重するもの。その上で足りない部分を、補え合える関係を維持・発展させようとするもの。

よっぽどそういう趣味を持ってる人同士の関係を除けば、愛する相手を、束縛によって支配するとか、支配されるという関係にはならないはず。なのに、そうなるということは、そこに愛がないから。

自分を愛せないから、他人を愛せない。

支配するにしろ支配されるにしろ、いずれかどちらの場合でも、自分の心に余裕がない。余裕というのは、相手を思う心の余裕もさることながら、自分に対する自信。そして確信。そして自己肯定感。

だから不安に心を支配される。束縛しておかないと不安になる。自分の支配下におくと同時に、それを常に確認できる状態でないと。いつ離れられるかわかならない。いつ逃げられるかわからない。

自分に自信が持てないから、とにかく支配する。支配することでしか、自己承認欲求が満たされない

束縛される人。支配される人。ともに同じ。主体性が無いから。自分の決断を放棄して、相手に依存。何かあれば相手のせい。自分がそうしたんじゃない。束縛されてるからしょうがない。

さらには自己肯定感が低いから、支配されることでさえ、受け入れてくれてる愛だと勘違い。

だからね。それは何度も言うように愛じゃない。それこそ馴れ合いもたれあい。傷の舐め合いの、相互自己憐憫とでもいえるものにしかすぎないでしょ。




支配するタイプか、支配されるタイプかに関わらず、まずは自分を愛することよ。自分に自信を持つことよ。自分を愛するから他人を愛せる。自分に自信を持てるから、他人を尊重する余裕ができる。失う不安に駆られて、無駄なことに執着しなくなる。

だから、目の前にいる大切な誰かのために、力を尽くしたいと思える。執着せず、見返りを期待せず、ただその人のことだけを考えられる。つまりは愛することができるということ。

その結果として、他人からも愛される。双方の愛が重なり合うことで。お互いが尊重し信頼合える関係を築くことができる。

まず自分を愛すること。そして自分に自信を持つこと。すると自己肯定感も高まるし、支配したいとも支配されたいとも思わなくなる。自立して自分を愛する者同士によって、お互いをより成長させられる、愛し愛される関係が生まれる。

<参考関連記事>
愛される条件は、あなたが〇〇すること。相手にされないのには、理由がある。

本当に愛しているなら、束縛も支配もしないはず。本当に愛しているなら、束縛や支配されることに甘んじることもないはず。束縛や支配が介在する関係に、愛はない。あるのは相互不信と、自分を満たしたいだけの欲求。

自分を愛し、自分に自信を持てるから、他人を愛せる余裕が生まれる。だから束縛や支配をすることもされることもない。お互いに愛せる力と、愛される力が高まる。そして、心から愛し、愛される関係で結ばれるってことですわな(^。^)y-.。o○

自分を愛せるようになるための、特別講座
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。