小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

幸福に目を向ければ幸福になり、不幸に目を向けると不幸になる。起こることの原因は常に自分の心にある。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

幸福に目を向ければ幸福になり、不幸に目を向けると不幸になる。起こることの原因は常に自分の心にある。

■事実は同じ。違うのは心。

幸福か不幸なんてのは絶対値で図ることはできないし、何が幸福で何が不幸であるかなんて価値基準そのものが人によって違うものですわ。

ushioyako

その前提にたって考えてみても、世に起こる出来事のすべてが幸福であることも、すべてが不幸であることもないでしょう。


言ってみれば半分半分程度というところでしょうか。幸福半分不幸半分。
出逢いがあれば別れもあるし、生まれるものがあれば滅びゆくものもある。諸行無常。いろいろあるしいろいろあるから面白い。

あとはそれらの出来事をどう解釈するか。どう自分への意味づけとするかという心の問題でしょう。起こりうる様々な出来事にいちいち悲観して嘆くか、その一つ一つをチャンスとして考え行動する機会とするか。

意味づけと解釈次第で、半分半分だった幸福と不幸の関係を6対4にでも9対1にでもできるはず。残念ながらゼロにはならない。究極言えば不幸がなければ幸福そのものが存在しないし。

だから無理して現実を捻じ曲げる必要はないでしょう。ホントに不幸なこともあるし、泣きたいときもあるし落ち込むことはあるんだから。それはそれでその場合の対応をすればいい。

<参考過去記事>
図解あり/泣いたり凹んだりするのも積極的な心構えには欠かせない

が、そうでもないような些細なこと、取るに足らないような小さい失敗だの、他人のネガティブな要素を、誰に頼まれたわけでもないのに見つけてきて、あーでもないこーでもないと文句言っててもしょうがない。

自分が先に進まない理由を、あっちこっちから探して見つけてきては自分を納得させてところで、得することなんて何もないでしょう。

自分が不幸である理由、不幸でいていい理由を探すのと、同じ労力、同じエネルギーを使って、自分が幸福である理由、幸福でいていい理由を探してみてはどうでしょう。

あいつがムカつく理由を探すのと同じ労力を使って、あいつの評価できるポイントや魅力的な理由を探してみてはどうでしょう。

目の前で起こっている事実は変わらない。使う労力も変わらない。視点を変える。意味づけを変える。解釈を変えるだけでいいんです。

■クセを変えれば視点が変わる

これも言ってしまえばミもフタもありませんがね。結局のところ不幸な人って不幸が好きなんですよ。今の自分が不幸な理由、もっと不幸になる方法を一生懸命探してるんです。

別に誰がそう頼んだわけでもないのに。不幸な自分って可哀想。こんな自分って愛くるしいと心のどこかで思っているんでしょう。つまりは潜在意識下で。

なぜか男運が悪い。女運が悪い。お金のトラブルがついてまわる。そりゃあんたがそれを望んでるから。自分でそうなる方法を自分で見つけて、自分で自分をナビゲートしているにしかすぎない。

だからクセなんですよ。それがいいか悪いかじゃなくて、不幸なものを見るクセ。自分がうまくいかない理由を探すことを無意識でやってるクセなんです。

クセなら矯正すればいいだけです。その方法はいくらでもある。まあその方法の一つがナポレオン・ヒルジョセフ・マーフィーの学習プログラムなんですがね。

まあプログラムもそうですが、今日からできる心のクセの矯正法としててっとり早いのがこれです。ベタすぎてなんかなあとも思いますが、これ王道。

他人をほめるんです。それが憎いあんちくしょーでも、生理的に嫌いなキモい上司でもホメるんです。その人の良いところを見つける。そしてそれを伝えるんです。本人に。

ここでポイントなのは、コミュニケーション上でその人とうまくやるのが目的じゃない。

相手の良いところ、自分が認められると思う良いところを見つけようとする、心の動きに慣れること。そしてそれを伝えたことによるフィードバックでイメージを高めることなんです。

だから別にホメたからといってその人を好きになる必要はありません。まあ変な勘違いをして危ないことにならないような注意は必要ですがね。

小さなことかもしれませんが、日常の中で価値あること、幸福であること、ポジティブに感じることを意識して見つけるよう繰り返していると、それがやがてクセになる。そしてより多くのことから幸福や、もっと幸福になる方法をみつける習慣になるんです。

まずは今日から一日3人褒めるとか、一日5つの幸福を見つけるとか何かゲーム感覚でやってみることです。今日一日が終わったときに、いつもと違う心地良さを感じることができるかもしれません(^。^)y-.。o○

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
↓ ↓
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。