小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

無理をしないレベルで無理をすればいい。どうせ無理だと思って取り組むことは単なる無駄。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

無理をしないレベルで無理をすればいい。どうせ無理だと思って取り組むことは無駄。

■できないと思うものにヤル気は湧かない

自分ができること以上のことをやろうとすれば、多少の無理は必要だし、ある意味ではそれも想定内のこと。

nekoh

無理のないことというのは、これまでと同じということだから。それじゃできる範囲が拡がることもない。


できる範囲を拡げる、つまり自分の可能性を伸ばすということは、自分がこれまでやっていなかったことをやろうとすること。そこに多少の無理が生じるのは道理でしょう。

そういう意味では無理は必要不可欠。

とはいえ、到底無理、最初っからできそうもないどころか、できっこあるわけないと自分自身でさえ思うようなレベルの無理をしようとするのは、はっきり言って無駄以外のなにものでもない。

誰だって最初からできないと思うものを、心底やろうとなんて思いませんよ。やってみったところで形だけ。その場の体裁を取り繕うためにやってみるだけ。そのなもんに結果が伴うわけがない。やるだけ無駄。時間の浪費。

そもそも自分自身でさえできないと思ってりゃ、モティベーションが湧くわけない。駄目になることを前提にして取り組んで、いい結果は生まれない。

もちろん挑戦はするべき。それが価値あることならば。はっきりとした確証までは得られなくとも、自分ならそれを成し遂げられる。そんな自信があるのなら、むしろ積極的に取り組むべき。

<参考過去記事>
できること以上のことをやるのが挑戦。できることをやるのは当然。

問題はそれが本当にやろう、心からやりたいと主体的に思って「挑戦」することなのか、どうせ無理と決めつけながら、何となく惰性や他人の目を気にした結果としてやろうとすることなのか。

どうせ無理と思うことならやらないほうが賢明ですよ。そのエネルギーはもっと他のことに使うべき。その時間をもっと他のことに取り組めば、生産的な時間になる可能性のほうが高いでしょう。

■自分に合ったハードルの高さを設定する

無理をしないと進めない道はある。無理をするから届く場所もある。いずれどこかでしなきゃいけない無理もある。

男なら、危険を顧みず、死ぬと分かっていても行動しなければならない時がある。負けると分かっていても戦わなければならないときがある。

とはいえ、現実の日常の中で、無理だとわかっていることに、無理矢理やる気を湧かせようとしても、音をたててカラ回り。疲弊するだけ。虚しくなるだけ。

だからまずは、無理なことでも何とかなる。これなら無理を通してでも、必ず自分ならできると確信できる。そう思えることに取り組むべきですよ。同じ無理でも現実的なレベルでのチャレンジをすればいいだけ。

もちろん無理のレベルは人それぞれ違うもの。あくまで自分のレベルにあったハードルの高さ。これまでの延長なら無理だけど、チャレンジすれば乗り越えられる。そう思う高さを設定すればいいんです。

最初からできもしないこと、ただその場のノリと気分で言ってみただけ、考えてみただけの無理レベルのことであれば、何もしないほうが、もしくは別のことにでも取り組んだほうが100倍マシ。

<参考過去記事>
無理してできない約束しても心身ともに疲れるだけ。できることを確実にやるから心身の充実感が得られる。

念のため繰り返しますがね。チャレンジは、したほうがいいなんてのは決まってる。そしてそのために、無理もしなきゃいけないことがあるのも当たり前。

あとはそのレベルなんです。そういう意味でも自分の立ち位置や、自分がどのくらいのハードルなら越えられるかを知るためにも、自分自身のことを分析して把握しておくことは重要でしょう。

無理をしないで無理をする。このバランスをうまく取れるようになると、無理による疲れも単なる精神疲労ではなく、充実感に満ちたビールが死ぬほど美味い疲れになるってことでしょうな(^。^)y-.。o○

ただしく自分を知るための講座各種。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。