小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

できること以上のことをやるのが挑戦。できることをやるのは当然。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/10/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第103回

のめり込んだら人生台無し!サイコパス男子から逃れるためには?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

先日よりご案内しているブログ読者専用メールマガジン。お待たせしておりましたが本日の午後くらいには配信するつもり。。
なので登録はお早めに以下のバナー画像をクリックで。

小川健次メール

というわけで本文へGO

できること以上のことをやるのが挑戦。できることをやるのは当然。

■やってみるとできること

誰にだって自分のできることには限度がある。それは肉体的な問題もあるだろうし性格的な問題もあるでしょう。

nekohiyoko

一方でそれが単なる思い込みにすぎない場合だってあるじゃないですか。


どんなに高く見える壁も、乗り越えなきゃいけない場面に遭遇して、いざ乗り越えてみたら、最初に思ってたより低かった。

すっごい苦手だと思っていた食材も、いざ食べてみたら思ったより美味かった。

やってみたらできた。食べてみたら食べれた。嫌いなヤツでもやって話してみたらいいヤツだった。そういう経験の一つや二つは誰にでもある。

ちなみに、牛乳が嫌いな僕がいざ牛乳を飲んでみても、苦手なものは苦手。なので無理なもんは無理。

実際にできなかったことができると世界が拡がる。視界が広がる。できることが増える。だから新しい可能性も見えてくる。

<参考過去記事>
あれこれ迷ったらまず進む。進むと見えるモノが変わる。だから行動とアイディアが生まれる。

結局のところ、これまでできていなかったことをできるようになること、踏み出せなかった領域に踏み出せるようになること。それが挑戦であり、成長であるということなのでしょう。

だってできることをやるのは当たり前ですやん。できることをやったところで誰も褒めてくれまへんわ。

■思考を止めない

とは言え、冒頭にも書いたとおり、やってみたらできること、実は驚くほど簡単だったということは誰にだって少なくない経験なんです。

だから、いきなりどう考えたって無理な壁を乗り越えろという話しじゃない。

脊髄反射で無理だと思って捨ててしまうのではなく、少しくらいは考えてみればいいということです。せめてちょっとくらいは挑戦してみればいいということです。

試してみればいいじゃないですか。やらなきゃゼロだし、やって乗り越えられなくてもゼロですよ。別にそれで失うものなんかない。わずかばかりのプライドが傷ついたって、そんなことで傷つくプライドなんてクソの足しにもなりませんわ。

できることはやって当たり前。できる範囲で挑戦なんてそもそもあり得ませんよ。失敗のリスクゼロなんて、そりゃできることやるだけだから挑戦でもなんでもない。

<参考過去記事>
無理してできない約束しても心身ともに疲れるだけ。できることを確実にやるから心身の充実感が得られる。

デカイこと言うのもいいんですけどね。それも夢があるし目標を大きく持つべきです。

でも言うだけ言ってやらないくらいなら、まずは目の前にある、ちょっと難しいと思うことに真正面から取り組むことのほうがよっぽど価値がある。それこそ挑戦ですよ。

そしてそれが失敗だったとしても、挑戦を繰り返してできるようになったとき、成長と言えるようになるのでしょう。自分のキャパシティが拡がったと言えることになるでしょう。

まあとにかく、脊髄反射で無理!できない!と思わないこと、言わないことですよ。

無理、できない。そう思えることだからこそ、それに挑戦する意味がある。そしてそれが成長へのチャンスになるってことでしょう。

まずは思考を止めず、どうすればできるかを考える習慣を身につけることでしょうな(^。^)y-.。o○

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。