小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり縁が広がる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

出逢いの縁は「場」で変わる。「場」を変えると出会いが変わり縁が広がる。

■あらかじめ用意された出逢い

それが偶然か必然か、良いか悪いかは別にして、僕たちの人との出逢いは、社会の仕組みに依存していることが少なくない。

inuneko

もちろん、主体的に自分でその場を作っていることもあるけれど、考えてみると実は自分で場を作っている人も、多くはない。


幼少時の近所の子供たちとの付き合いは、本人が望んでその場を作ったというよりも、親の都合でその地に住んだことが大きな理由。

学校に入って、たまたま同じクラスで同じ学年。社会人になってたまたま同じ部署に同じ年次入社。主体的にその人と会おうと思って生まれた関係じゃない。それでも今は学生時代の仲間と遊んで、会社の仲間と酒を飲む。みたいな。

このように、これまであなたが関わってきた人、出逢った人の多くは、あなたが生きてきた社会の仕組みがあったからこそ生まれた出逢い、生まれた関係といえるもの。

いや。それはそれでいいんです。それはそれで大事な友達大事な仲間。

とはいえ、その多くは前述のとおり、あらかじ社会の仕組みの中に存在していた出逢いの「場」に過ぎない。そして、歳を重ねるごとに今後同じように、あなたが生きる社会の仕組みの中に、新しい縁を広げられる出会いの「場」はそう多くない。

そりゃそうですよ。だって歳を重ねるほどに、社会の仕組み上では、新しい出会いの場は減っていくんだから。

ならば話しは簡単で、「場」を作るか変えるかすればいいだけのこと。

<参考過去記事>
会いたい人には会いに行こう。話したい人とは話しをしよう。その労を惜しまなければ縁は広がる。

まあ言ってしまえばミもフタもない単純な話しですが、まずは自分で人に会おうとすること。そして会いに行くことからスタートでしょう。

■場を変えてみるだけで出逢いが変わる

ビジネスでも恋愛でもじっと待ってりゃ出逢いがあるか。そりゃないですよ。だってそもそも新しい人と出逢う機会が減っているんだから。

だから「場」を変える。もしくは「場」をつくればいいだけのこと。

場とはつまり、今現在のあなたが生きてる社会そのもの。その社会の中では出逢いの機会が減っていくことが偶然に頼らない限りはっきりしている以上、それはアテにしないことですよ。

何だっていいんです。普段行かないようなセミナーや講演会に行くでもいい。学校行くでも、自分で勉強会を主催するでも、合コンやるでもいいんです。

今と違う「場」には、今と違う人が集まるもの。それが出逢いになるし刺激になる。そこで縁が拡がることだってあるでしょう。

自営業だろうが会社員だろうが主婦だろうが同じこと。結局僕たちは、放っておけば、何となくそこにあらかじめあった「場」の中での人との出逢いで、一生のほとんどを費やしてしまうもの。

繰り返しますがそれが悪いと言ってるんじゃない。それはそれで、その中に大事な出逢いも縁もある。それでいいじゃないですか。

それが偶然であっても、魂が共鳴し合える相手はいるものですよ。

<参考過去記事>
魂のふれあいを感じる相手との縁はなかなか切れない。その場で焦らずじっと関係を深めていけばいい。

その上で、自分の可能性を出逢いとともに拡げていきたいなら、場を変えるか作ればいいだけ。場が変わればそこにいる人が違う。新宿歌舞伎町にいる人と、銀座にいる人が違うように。

まあそんな肩肘張って大それたことする必要もない。ちょっと普段は行かないようなとこ行ってみる。ちょっと新しいことに挑戦してみる。

そんなところからでも、場を変えることはできるもんですわ(^。^)y-.。o○

■行動を変えて思考を現実化させる方法はこちらで(2月大阪残席わずか

小川健次セミナー
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。