小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人の想いを優先するから、お互いが心地よくなる。自分を押し付けなければ、愛と信頼が深まる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京12月 福岡01月↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次/忘年会
小川健次
12月/大阪・東京


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/11/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第2回

その「女子力」は間違ってます!ダメ男につかまりたくない、フラれたくないなら、磨くべきは……?

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

大切な人の想いを優先するから、お互いが心地よくなる。自分を押し付けなければ、愛と信頼が深まる。

本当に大切にしているか

あなたのことに関心を寄せてくれる。あなたのことを好きな人、あなたを気遣ってくれる人。よっぽどおかしな人でもなきゃ、あなたもそういう人には自然と好意を抱くでしょ。
小川健次Blog
まあ好意じゃないにしても、少なくともそれで悪い気がすることはない。むしろ、大切にされていることを嬉しく思うくらいはあるでしょ。

その逆に、あなたにまったく関心を示すことがない人、あなたにまるで気を遣おうとも思ってない態度があからさまな人、そういう人に対しては、あなただって興味を抱かないでしょ。

おまけに、ただ一方的な自己主張。あなたのことはどうでもよく、ただ自分の都合を押し付けてこられれば、何だこいつと思って終わり。その人の声に耳を貸す気もなくなるというもの。

あ、ちなみに僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージは、どちらかといえば僕の一方的な押し付け理論。うん。なのであんまクソ真面目に読まなくていいです。

まあ誰だって、こちらへの気配りや気遣いなど一切なく、ただ自分の主張だけを口にする人の話しを聞きたいとは思わない。ただ承認欲求を満たしたい、ただ自分の利益を確保したい、そんな要望に対して、応えなきゃいけない義理もなければ義務もない。

私はドトールなんか嫌よ。スタバがいいんだから、あなたもスタバにきなさいよ!

なんて言われて、スタバにのこのこ着いていく人はいないでしょ。一方的に相手の要望を否定して、自分の主張だけを伝えられたところで、それに耳を貸そうとは思わない。

眉毛イケメン
行きたきゃ一人で行きやがれ

そう返されるのがオチでしょう。だって、スタバに行かなきゃいけない理由がない。しかも自分を否定してくる相手に対して、わざわざ合わせようとは思えない。

こういう些細なやりとりの積み重ねが、お互いにとってストレスになる。別にどうってことはないやりとりなのに、それが日々積み重なると、やがて修復不能は大きな亀裂に発展する。

あの人を愛しているのに、なんであの人は、私の気持ちを汲んでくれないのかしら。なんであの人は、私に合わせようとしてくれないのかしら。
眉毛イケメン
そりゃあなたが一方的だからでしょ。あなた自身が、相手の気持ちを汲もうとしていないからでしょう。

それはつまり、あなたが相手に好意を示し、相手を気遣うこと、そして相手の気持ちを汲むことを優先できれば、相手はあなたの言葉に耳を貸してくれる、ということでもある。そもそも本当に愛しているなら、相手の気持ちを優先するもの。

<参考過去記事>
本当に愛されているなら、傷つくことはされない。本当に愛しているなら、傷つけることはしない。

相手を、あなたのの欲求の捌け口、望みをかなえてくれるお手伝いさん、としてしみてないんです。もちろん、あなたにはそのつもりはないのかもしれない。でも相手が心のどっかでそう感じてる。そりゃまあ決裂するのもごく自然で、ごく当たり前のことといえるでしょう。

相手の幸福を優先すると、あなたも幸福になる

一方的なあなたの都合と、あなたの感情を押し付けたところで、相手にはウザがられるだけ。単に自分を満足させたい。自分を発散したい認めてもらいたい。自分の望みを叶えてほしい。相手のことより自分のこと。気配りも気遣いもない。だから相手にしてみゃストレスにしかならない。

それじゃ相手も、それに応じる気にはなれない。だって応じるメリットないんだもん。仮にメリットあったとしても、それは、あなたの機嫌が悪くならないってくらいの話しでしかない。自分にとってもお互いにとっても、付加価値を生み出すことはないんだもん。

でも、その逆に、上で言ったとおり、自分に対して関心を示してくれる。つまりあなたの言葉が自分を思ってくれているものであれば、応じるかどうかは別にして、とりあえず耳を傾けようという気にはなる。結果応じることがなくとも、そう言ってくれるあなたに悪い気を抱くことはないですよ。

スタバのなんちゃらフラペチーノが流行っていて、それがどんなものかを体験するのは、あなたの仕事のヒントになるかもしれないから、ちょっと見に行ってみない?
眉毛イケメン
それは面白そう。ドトールよりそっちのほうが価値ありそうだ。教えてくれてありがとう。ちょっと一緒に行ってみようか。

という具合に都合よく話しが進むかどうかは知りませんがね。でも単に一方的な要求を突きつけられるのではなく、こちらのためを思ってくれてるのがわかれば、言われたほうは悪い気はいしないでしょ。いやまあ、僕はそれでもドトール行きますが。

まずは自分のことは横に置く。そして相手のことを優先する。そしてどうすれば相手が幸福を感じるか。そんな相手を思いやる気持ちをもとに言葉を発するから、その人は耳を傾けてくれるというもの。それを受け容れるかどうかは別にして、そうすりゃ誰だってあなたに耳を貸しますよ。

心のどこかで、自分の心を満たしたい。相手がどうこうより、とにかく自分の都合を優先したい。そういう想いが存在しているから、押しつけになる。単なる要求になる。結果相手はそれを聞いてくれない。それが双方のストレスになり、最後は決裂してさようなら。

いいんです。それが別にあなたにとってどうでもいい相手なら。そりゃいちいち関わるすべての人にそうやって接することだって楽じゃない。心掛けとしては、すべての人にそう接することができればいいのでしょうが、それはちょっと難しいこともあるでしょう。

でもね、せめてあなたが本当に大切だと思っている。愛をもってその人に接しているなら、まず相手を尊重しなさいよ。単にあなたの主張のみを押しつけ、あなたの欲求を満たすことだけを考えないことです。相手の想いを否定するようなことはしないこと、言わないことですよ。

あーいるいるそういう人。前の彼や、会社の上司がそういう人で、いっつも自分のことばっかでした。
眉毛イケメン
いや、だからそれお前のことだっつーの。他人は自分の心の鏡、自分の言動がそうだから、相手もそうなるだけのこと。

まずはあなた自身の言動から。自分がどうしたいかよりも、相手がどうすれば幸福になるかを考える、でもそれは主体性の放棄による相手への依存ではなく、あくまで自分が相手のためにそうしたい、という欲求に従うもの。別に馴れ合いと惰性で、相手の言うこと聞けってことじゃない。

<参考過去記事>
馴れ合いの関係を切るから、理想のパートナーと出会える。好き嫌いだけでなく、成長を助け合えるかを基準にしよう。

どうも思いが伝わらない。どうも感情がすれ違う。いや、それどころかウザがられてさえいるようだ。そんなことを少しでも感じることがあるならば、一度自分の日頃の言動について振り返ってみればいい。あなたの言動は相手の幸福を優先しているものだろうか、と。

それに何より、大切な人が幸福になれることを考え、それが実際にそうなると、相手はもちろんあなただって幸福になれるでしょ。そうやってお互いが幸福感を感じられるから、お互いの愛と信頼が深まっていくってものですしね(^。^)y-.。o○

そうは言っても、どうやって相手の幸福を考えて言葉にすればいいのかしら。ちょっと難しいかも。
眉毛イケメン
ならば、それらを実践的に学ぶ恋愛力を高め、理想のパートナーとのご縁を結ぶ<実践>講座に参加するのがおすすめ。
それって、やっぱり顔に韓国海苔つけてないと参加できないんですか?
ブッ飛ばすぞ
なワケねーだろ! そもそも韓国海苔じゃなくて眉毛だっつーの!

■ご縁ある人と結ばれるための特別セミナー
↓ ↓
恋愛力を高め、理想のパートナーとのご縁を結ぶ<実践>講座
小川健次セミナー

■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。