小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

失敗したら反省して改善すればいいだけのこと。 自分を責めても何も生まれないしセルフイメージが下がるだけ。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/09/29更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第153回

恋愛経験ゼロのアラサー女子が「趣味優先」な彼との初交際で、我慢できなかったこと。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                               
地域・開催日 内容
仙台 2021/10/30(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

失敗したら反省して改善すればいいだけのこと。自分を責めても何も生まれないしセルフイメージが下がるだけ。

■求められるのは積極的かつ建設的な思考

何かにチャレンジしようとすれば、好むと好まざるとに関わらず、失敗や挫折、逆境とは無縁ではいられないものでしょう。

morumotto

もちろん全部が全部、計画どおりにうまくいくならそれが一番。それでも現実はなかなかそうじゃないから面白い。


そりゃ不慮の事故や天変地異など、不可抗力でどうにもならない事態になることもある。それはもう失敗というより、どうにもならないことだから与えられた試練と思って乗り越えるしかない。

一方でケアレスミスというのもある。単なる甘い読みや不注意。つまりは本来だったら自分の力でどうにか対応できた、防ごうと思えば防げたはずの、言ってしまえばアホな失敗というやつ。

そりゃコトと次第によっちゃ許されない。ただそこで勘違いしてはいけないのは、許されないのは、不注意を起こしてしまった事実であって、ミスを犯した人間の人間性じゃない。

罪を憎んで人を憎まずというわけじゃありませんがね、犯したミスは許されない。でもそれはその人の人間性の否定じゃないということ。

だからミスを犯した人に求められるのは、事後の対応策と、今後の改善策を考えること。つまりはミスを帳消しにしつつ、その失敗を次に活かすための、建設的かつ積極的な思考ですよ。そのために必要なら反省だってすりゃいいんです。

そこでウダウダと落ち込んで自分を責めて、過ぎたことを悔いても百害あって一利なし。それで何か価値あることが生まれるならそうすりゃいいが、そんなこたあないでしょ。はっきり言って時間の無駄。労力の無駄。

<参考過去記事>
問題は一つずつ順序だてて取り組めば必ず解決できる

まあ落ち込んだ自分をアピールして、反省してるポーズで悲劇のヒーロー・ヒロイン気取りたいなら、それでもいいが、そんな面倒くさいやつは誰も相手にしなくなるだけ。

■自分を責めるとセルフイメージが下がる

それに自分を責めるということは、自分で自分の自尊心を傷つけてるのと同じこと。自分で自分の評価を一生懸命下げているんです。

自分はだからダメなんだ。こういうときにミスするやつなんだ。心が弱いんだ。そんな風に自分で自分の評価を下げ続ける。ひたすらそういうセルフイメージを自分自身で作ってる。しかも必死に。

するとそれが思考のクセになる。潜在意識へ書き込みが行われる。それはミスする自分、心が弱い自分でいることを認めるということ。つまりそういう自分でいい。そんなセルフイメージが形成される。

だから同じ過ちを繰り返す。その度に落ち込んで自分を責める。潜在意識への書き込みがより強化され、セルイメージがガッチりと固まっていくという、素敵すぎる負のスパイラル。

失敗をしても自分を責めないことですよ。もちろん失敗そのもの、その事象自体は責めるべきだし、責められるべき。それでも自分のパーソナリティを責めない。

どうせ過去には戻れない。ならば考えるべきは改善のための、建設的かつ積極的な方法であって、反省はそれをアウトプットするための、あくまでも思考のプロセスとしてすればいいこと。

まあ失敗をしたり逆境に陥ったときに、一番大事なこと、一番優先順位が高いことは、それをどう乗り越えるかということでしょう。精神的にも物理的にも。

優先順位を間違えて、反省という名目で自分を責めることを先にしてしまうから、あれこれと解決できる問題さえ解決できずにややこしいことになるんです。

<参考過去記事>
自分で自分を認めるから他人に認められる。自分で自分を信頼するから他人に信頼される。

自分を責めたりするのはいつでもできる。それより今解決すべき問題に積極的に取り組むことが先決ってことでしょうな(^。^)y-.。o○

7月までの予定の確定分を更新しました。来月は新潟・大阪でお会いしましょう!

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。